収益性分析とは?事例紹介:業界別に見る収益性向上のポイントと戦略 | キャリアコンサルタントドットネット

収益性分析とは?事例紹介:業界別に見る収益性向上のポイントと戦略

[記事公開日]2023/04/10
[最終更新日]2023/05/08
収益性分析とは?事例紹介:業界別に見る収益性向上のポイントと戦略

収益性分析と聞くと、難しくて面倒なイメージがありませんか?

しかし、収益性分析はビジネスの成功に欠かせないツールです。

収益性分析を使えば、自社の強みや弱みを客観的に把握できるだけでなく、競合他社との比較や市場の動向も見えてきます。

収益性分析をマスターすれば、より効果的な戦略や改善策を立てることができます。

そこで今回は、収益性分析の基本的な考え方や方法を「収益性分析とは?事例紹介:業界別に見る収益性向上のポイントと戦略」としてわかりやすく解説します。

収益性分析に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

 

Contents

収益性分析とは何か?

収益性分析とは何か?企業が稼ぐ力があるかどうかを判断するために、収益性分析を活用することができます。

収益性分析とは、様々な指標を使って企業の収益について分析することです。

収益性分析の指標は、売上高と資本の2つの視点から分析できます。

売上高をベースにした指標では、売上高総利益率や売上高営業利益率など、決算書の中の損益計算書から計算することが可能です。

これらの指標は、企業の本業における利益率や営業活動の効率性などを把握できます。

一方、資本をベースにした指標では、ROE(自己資本利益率)やROA(総資本利益率)など、決算書の中の貸借対照表から計算することが可能です。

これらの指標は、株主や銀行などから調達した資本を元に、どれくらいの利益を上げられたかを判断できます。

収益性分析の指標は、経営分析の基本となっており、自社や他社、業界平均などと比較することで、収益力の強さや弱さ、改善点や課題などを見つけることができます。

また、時系列で比較することで、収益力の推移や変化要因も把握できます。

収益性分析は、経営者だけでなく、投資家や金融機関にも重要視されています。

企業は資本を投じて売上を出しますが、単に売上を見るのではなく、より少ない資本でより大きな利益を出すことが肝心です。

そのためには、収益性分析をこまめに行って自社の経営状況をチェックすることが必要です。

 

収益性分析の基本的な手順

収益性分析の基本的な手順とツール収益性分析を行うには、以下のような基本的な手順を踏むことができます。

 

 

1. 分析の目的と対象を明確にする

収益性分析を行う目的は何か、分析の対象は自社や他社、業界全体など何かを明確にします。

また、分析の期間や範囲も決めます。

例えば、自社の収益力を向上させるために、過去3年間の自社と同業他社の収益性分析を行うという目的と対象を設定することができます。

 

2. 分析に必要なデータを収集する

分析に必要なデータは、主に決算書から取得することができます。

決算書は、企業が公表しているものや金融庁のEDINET(電子開示システム)から入手することができます。

決算書から売上高や利益、資本などの数値を抽出し、エクセルなどの表計算ソフトに入力します。

 

3. 分析に適した指標を選択する

分析に適した指標は、分析の目的や対象によって異なります。

前述したように、売上高や資本をベースにした指標がありますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。

例えば、売上高をベースにした指標は景気の影響を受けやすく、資本をベースにした指標は会計基準の違いによって比較が難しくなる場合があります。

そのため、複数の指標を併用して分析することが望ましいです。

 

4. 指標を計算し、比較分析する

指標を計算する際には、エクセルなどの表計算ソフトを活用すると便利です。

計算式を入力しておけば、データを変更したり追加したりしても自動的に計算されます。

計算した指標を比較分析する際には、自社と他社や業界平均と比較したり、時系列で比較したりして傾向や変化要因を探ります。

また、グラフやチャートなどの視覚的なツールを使って分かりやすく表示することも有効です。

 

5. 分析結果から問題点や改善策を導き出す

分析結果から問題点や改善策を導き出す際には、指標だけで判断せずに、業界特性や市場環境などの外部要因や経営戦略や組織体制などの内部要因も考慮します。

例えば、収益性が低い原因が原価率の高さにある場合は、原価削減や価格改定などの対策を検討します。

収益性が高い原因が独自の技術やブランド力にある場合は、その強みを維持・強化するための戦略を立てます。

収益性分析は、問題点や改善策を導き出すための手段であり、目的ではありません。

分析結果をもとに具体的な行動に移すことが重要です。

 

収益性分析の具体的な事例とそのポイント

収益性分析の具体的な事例とそのポイント収益性分析は、自社や他社、業界全体の収益力を評価するために有効な手法ですが、実際にどのように活用できるのでしょうか。

ここでは、収益性分析の具体的な事例とそのポイントを紹介します。

 

事例1:自社の収益力を向上させるために

自社の収益力を向上させるためには、まず自社の現状を正しく把握することが必要です。

そのためには、売上高や資本をベースにした指標を計算し、自社の強みや弱み、改善点や課題を見つけます。

例えば、売上高総利益率が低い場合は、原価率が高いことが原因かもしれません。

原価率が高い理由としては、原材料費や人件費が高いことや、在庫管理が不十分なことなどが考えられます。このように問題点を特定したら、原価削減や在庫管理の改善などの対策を実施します。

また、売上高営業利益率が低い場合は、販売費や一般管理費が高いことが原因かもしれません。

販売費や一般管理費が高い理由としては、広告宣伝費や経理費用が多いことや、無駄な経費が発生していることなどが考えられます。

このように問題点を特定したら、広告宣伝効果の検証や経理業務の効率化などの対策を実施します。

 

事例2:他社との競争力を高めるために

他社との競争力を高めるためには、自社だけでなく他社や業界全体の収益性分析も行うことが必要です。

そのためには、同じ会計基準に照らし合わせた指標を計算し、自社と他社や業界平均と比較します。

例えば、ROE(自己資本利益率)が低い場合は、自己資本に対する利益率が低いことを意味します。

ROEが低い理由としては、当期純利益率が低いことや総資本回転率が低いことなどが考えられます。

当期純利益率が低い場合は、売上高ベースの指標で問題点を特定し対策を実施します。

総資本回転率が低い場合は、資本効率が悪いことを意味します。

資本効率が悪い理由としては、売上高に対する総資本の割合が高いことや固定資産の割合が高いことなどが考えられます。

このように問題点を特定したら、資本の調達方法や投資先の見直し、固定資産の売却などの対策を実施します。

 

事例3:業界全体の動向を把握するために

業界全体の動向を把握するためには、業界平均やトップ企業の収益性分析も行うことが必要です。

そのためには、業界別の統計データやトップ企業の決算書から指標を計算し、自社と比較します。

例えば、売上高経常利益率が低い場合は、業界全体の収益性が低いことを意味します。

売上高経常利益率が低い理由としては、市場規模が縮小していることや競争が激化していることなどが考えられます。

このように問題点を特定したら、市場ニーズの変化に対応するための商品開発やマーケティング戦略、競争優位性を高めるための技術革新やコスト削減などの対策を実施します。

 

収益性分析の落とし穴と回避方法

収益性分析の落とし穴と回避方法収益性分析は、企業の収益力を評価するために有効な手法ですが、その一方で注意すべき落とし穴もあります。

ここでは、収益性分析の落とし穴とその回避方法を紹介します。

 

落とし穴1:指標だけで判断する

収益性分析の指標は、企業の収益力を数値化することで客観的に評価できるメリットがありますが、その反面、指標だけで判断すると誤った結論に導かれる可能性があります。

例えば、ROE(自己資本利益率)が高いからといって、必ずしも企業の収益力が高いとは限りません。

ROEは自己資本に対する利益率を表す指標ですが、自己資本が小さければ小さいほどROEは高くなります。

つまり、自己資本が少なくても利益が出ていればROEは高くなるのです。

しかし、自己資本が少ないということは、財務的に不安定であることや成長余地が少ないことを意味する場合もあります。

そのため、ROEだけで判断せずに、他の指標や財務状況も併せて考慮することが大切です。

 

回避方法:複数の指標や要因を併用する

収益性分析の落とし穴を回避するためには、複数の指標や要因を併用して分析することが必要です。

例えば、ROEを分析する際には、当期純利益率や総資本回転率などの他の指標もチェックします。

また、業界特性や市場環境などの外部要因や経営戦略や組織体制などの内部要因も考慮します。

これらの情報を総合的に判断することで、より正確な収益力の評価が可能になります。

 

落とし穴2:会計基準や期間の違いを無視する

収益性分析では、自社や他社、業界平均などと比較することで相対的な収益力を把握できますが、その際に注意すべき点があります。

それは、会計基準や期間の違いを無視して比較しないことです。

例えば、会計基準が異なる場合は、同じ指標でも計算方法や定義が異なる場合があります。

そのため、会計基準が異なる企業同士を比較する場合は、同じ会計基準に換算してから比較する必要があります。

また、期間が異なる場合は、季節や景気などの影響を受ける可能性があります。

そのため、期間が異なる企業同士を比較する場合は、同じ期間に揃えてから比較する必要があります。

 

回避方法:会計基準や期間を揃えて比較する

収益性分析の落とし穴を回避するためには、会計基準や期間を揃えて比較することが必要です。

例えば、会計基準を揃えるためには、財務諸表の注記や開示資料などを参照して、計算方法や定義の違いを確認します。

また、期間を揃えるためには、決算日や四半期の区切りなどを参照して、同じ期間に合わせます。

これらの作業は手間がかかる場合もありますが、正確な比較分析のためには欠かせません。

 

収益性分析の今後の展望と課題

収益性分析の今後の展望と課題収益性分析は、企業の収益力を評価するために有効な手法ですが、その一方で今後の展望と課題もあります。

ここでは、収益性分析の今後の展望と課題を紹介します。

 

展望:デジタル化による分析の高度化と効率化

デジタル化によって、収益性分析に必要なデータの収集や処理が容易になります。

例えば、クラウドやAIなどの技術を活用することで、決算書や統計データなどの情報を自動的に取得し、指標を計算し、比較分析することが可能になります。

また、ビッグデータや機械学習などの技術を活用することで、収益性に影響を与える要因やパターンを発見し、予測や最適化することも可能になります。

これらの技術によって、収益性分析は高度化と効率化が進みます。

 

課題:デジタル化に伴うリスクや倫理の問題

デジタル化に伴って、収益性分析に関するリスクや倫理の問題も増えます。

例えば、データのセキュリティやプライバシーの保護が重要になります。

データが漏洩したり、不正に利用されたりすると、企業の信用や競争力に大きな損害を与える可能性があります。

また、AIなどの技術が判断や推薦を行う場合は、その根拠や責任が明確でないと、信頼性や公平性に問題が生じる可能性があります。

これらのリスクや倫理の問題に対処するためには、適切なガイドラインや規制が必要です。

 

収益性改善に向けた戦略立案の基本

収益性改善に向けた戦略立案の基本収益性分析を行うことで、自社の収益力の強みや弱みを把握することができます。

しかし、分析だけでは収益性は向上しません。

分析結果をもとに、具体的な改善策を立てて実行することが必要です。

収益性改善に向けた戦略立案の基本は、以下の3つのステップに分けられます。

  1. 目標設定
  2. 原因分析
  3. 改善策の選択と実行

 

 1. 目標設定

収益性改善の目標設定は、現状と理想とのギャップを明確にすることが重要です。

そのためには、以下のような点に注意してください。

  • 目標は数値化して具体的にする
  • 目標は現実的で達成可能なものにする
  • 目標は期限を設定して明確にする
  • 目標は業界や競合と比較して妥当なものにする

例えば、「売上高営業利益率を3年後までに10%以上にする」という目標は、数値化されており、期限も設定されています。

しかし、現在の売上高営業利益率が2%であれば、現実的ではありませんし、業界平均が5%であれば、妥当ではありません。

このような場合は、目標を見直す必要があります。

 

2. 原因分析

目標設定ができたら、次に目標達成の障害となっている原因を分析します。

原因分析では、以下のような点に注意してください。

  • 原因は表面的なものではなく、根本的なものを探る
  • 原因は複数ある可能性があることを考慮する
  • 原因はデータや事実に基づいて判断する

例えば、「売上高営業利益率が低い」という問題があったとします。

その原因として、「販売費用が高い」という表面的なものではなく、「商品価格が競合よりも安すぎる」「販売チャネルが効率的でない」「販売スタッフの能力やモチベーションが低い」などの根本的なものを探ります。

また、これらの原因が本当に存在するかどうかをデータや事実で確認します。

 

3. 改善策の選択と実行

原因分析ができたら、次に改善策を選択して実行します。

改善策の選択と実行では、以下のような点に注意してください。

  • 改善策は原因と対応させて効果的なものを選ぶ
  • 改善策はコストやリスクを考慮して優先順位をつける
  • 改善策は具体的なアクションプランに落とし込む
  • 改善策は実行後に効果測定や評価を行う

例えば、「商品価格が競合よりも安すぎる」という原因に対して、「商品価格を見直して適正な水準にする」という改善策を考えます。

その際、価格変更による売上や利益の影響や、顧客の反応や競合の対応などのリスクを考慮して、優先順位をつけます。

また、価格変更のタイミングや方法、対象商品や顧客層などを明確にして、アクションプランを作成します。

そして、価格変更後に売上高営業利益率の変化や顧客満足度の変化などを測定して、改善策の効果や問題点を評価します。

 

収益性分析の事例紹介とその教訓

収益性分析の事例紹介とその教訓収益性分析を行うことで、自社の収益力の強みや弱みを把握することができます。

しかし、収益性分析は自社だけでなく、他社の事例も参考にすることが有効です。

他社の事例からは、収益性改善に成功した方法や失敗した原因などを学ぶことができます。

ここでは、収益性分析の事例として、「ユニクロ」「シャープ」を紹介します。

 

ユニクロ

ユニクロは、日本最大のアパレル企業であり、世界でもトップクラスの規模を誇ります。

ユニクロは、収益性分析に基づいて、以下のような戦略を実行しています。

  • SPA(製造小売)モデルによる高い利益率
  • 基本商品の品質と価格のバランスによる高い顧客満足度
  • グローバル展開による市場拡大とリスク分散
  • 環境や社会に配慮したサステナブルな経営

ユニクロは、自社で商品企画から製造・販売まで一貫して行うSPAモデルを採用しています。

これにより、中間マージンや在庫コストを削減し、高い利益率を確保しています。

また、基本商品においては、品質と価格のバランスにこだわり、顧客のニーズに応える商品を提供しています。

これにより、高い顧客満足度とリピート率を獲得しています。

さらに、ユニクロは、グローバル展開に積極的に取り組んでいます。

現在では、日本以外の海外市場が売上の約7割を占めています。

海外市場では、地域や文化に合わせた商品やサービスを展開し、市場拡大とリスク分散を図っています。

また、環境や社会に配慮したサステナブルな経営も行っており、エコ素材やリサイクル商品などを積極的に取り入れています。

これにより、社会的な信頼やブランドイメージを高めています。

ユニクロの事例からは、収益性分析をもとに自社の強みを活かし、顧客や市場の変化に対応することが重要であることがわかります。

 

PICKUPキャリコン

シャープ

シャープは、日本の電機メーカーであり、液晶テレビや太陽電池などの先進技術で知られています。

しかし、シャープはかつて経営危機に陥りました。その原因として、以下のような点が挙げられます。

  • 投資過多による負債増加
  • 価格競争による利益率低下
  • 為替変動による収益減少
  • 技術革新に対応できない開発力の低下

シャープは、液晶テレビや太陽電池などの分野で世界的なリーダーとなるために、大規模な投資を行いました。

しかし、その投資が回収できないまま、市場は価格競争に激化し、利益率は低下しました。

さらに、円高によって海外での収益が減少し、負債が膨らみました。

また、技術革新に対応できない開発力の低下も問題となりました。例えば、スマートフォンの分野では、iPhoneやSamsungなどの競合に大きく遅れをとりました。

シャープは、経営危機を脱するために、台湾の鴻海精密工業(ホンハイ)に買収されました。

その後、ホンハイの支援のもとで、以下のような改善策を実行しました。

  • コスト削減や事業再編による負債減少
  • 8KやAIoTなどの先端技術への投資拡大
  • ホンハイとの協業による海外市場への進出強化
  • シャープブランドの再生による信頼回復

これらの改善策により、シャープは黒字化を達成し、収益性を回復しました。

シャープの事例からは、収益性分析をもとに自社の弱みを改善し、市場や技術の変化に対応することが重要であることがわかります。

 

収益性分析を定期的に行うためのツールやコツ

収益性分析を定期的に行うためのツールやコツ収益性分析は、自社の収益力を高めるために有効な手法です。

しかし、収益性分析は一度きりではなく、定期的に行って状況の変化に対応することが必要です。

そのためには、収益性分析を行うためのツールやコツが役立ちます。

ここでは、収益性分析を定期的に行うためのツールやコツとして、「ダッシュボード」「PDCAサイクル」の2つを紹介します。

 

ダッシュボード

ダッシュボードとは、収益性分析に必要なデータや指標を一覧で表示するツールです。

ダッシュボードを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 収益性分析に必要なデータや指標を簡単に入手できる
  • 収益性分析の結果をグラフやチャートで視覚的に理解できる
  • 収益性分析の結果を時系列や業界別などで比較できる
  • 収益性分析の結果を共有や報告しやすくなる

ダッシュボードは、エクセルやグーグルスプレッドシートなどの表計算ソフトで作成することができます。

また、専用のダッシュボード作成ソフトやクラウドサービスもあります。

例えば、以下のようなものがあります。

  • Tableau
  • Power BI
  • Qlik Sense
  • Google Data Studio

これらのソフトやサービスは、データの取り込みや加工、可視化などを簡単に行える機能を備えています。

自社のニーズや予算に合わせて、適切なダッシュボードを作成しましょう。

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

鈴木恵枝(すずきよしえ)

個人相談は下記からも申込可能

面談相談/1時間
8,000円(税別)
 
WEB相談/1時間
7,000円(税別
 
メール相談
5,000円(税別)
※メール送信3往復
 
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

PDCAサイクル

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の4つのステップを繰り返すことで、収益性改善に向けた改善活動を効果的に行う方法です。

PDCAサイクルを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 収益性改善に向けた目標や計画を明確にする
  • 収益性改善に向けた実行や評価を定期的に行う
  • 収益性改善に向けた問題点や改善点を見つける
  • 収益性改善に向けた改善策を実施し効果測定する

PDCAサイクルは、収益性分析だけでなく、様々な業務やプロジェクトに応用できる汎用的な方法です。

収益性分析を定期的に行うためには、PDCAサイクルを自社の会計サイクルや報告サイクルなどに合わせて設定しましょう。

例えば、以下のようなPDCAサイクルを設定することができます。

  • Plan(計画):年度初めに収益性分析の目標や指標を設定する
  • Do(実行):毎月収益性分析のデータを収集し、ダッシュボードに反映する
  • Check(評価):毎月収益性分析の結果を確認し、問題点や改善点を洗い出す
  • Act(改善):毎月収益性分析の結果に基づいて改善策を立案し、実行する

以上が、収益性分析を定期的に行うためのツールやコツです。

ダッシュボードやPDCAサイクルを活用することで、収益性分析を効率的かつ効果的に行うことができます。

収益性分析は、自社の収益力を高めるために有効な手法です。

定期的に行って状況の変化に対応しましょう。

 

 

収益性分析関連書籍一覧

 

収益性分析関連サイト一覧

 

収益性分析とは?事例紹介:業界別に見る収益性向上のポイントと戦略のまとめ

まとめいかがだったでしょうか?

収益性分析とは?事例紹介:業界別に見る収益性向上のポイントと戦略でした。

ほんの少しでも、あなたのビジネス戦略のお役にたてたのならば幸いです。

 

サイトマップはこちら