プラットフォームとは何か?ビジネスで成功するための基礎知識を事例紹介で徹底解説 | キャリアコンサルタントドットネット

プラットフォームとは何か?ビジネスで成功するための基礎知識を事例紹介で徹底解説

[記事公開日]2023/04/11
[最終更新日]2023/05/08
プラットフォームとは何か?ビジネスで成功するための基礎知識を事例紹介で徹底解説

プラットフォームという言葉は、今や私たちの生活に欠かせないものとなりました。

SNSやECサイト、動画配信サービスなど、様々なプラットフォームが私たちのコミュニケーションや消費行動を支えています。

しかし、プラットフォームとは一体何なのでしょうか?

どのようにして成り立っているのでしょうか?

そして、プラットフォームが私たちにもたらすメリットやデメリットは何なのでしょうか?

このコラムでは、プラットフォームについての基礎知識から最新の事例まで、幅広く紹介していきます。プラットフォームに興味のある方はぜひお読みください。

 

プラットフォームとは何か?定義と特徴

プラットフォームとは何か?定義と特徴プラットフォームという言葉は、最近よく耳にするようになりました。

IT業界やビジネスの世界では、様々な分野でプラットフォームが重要な役割を果たしています。

しかし、プラットフォームとは一体何なのでしょうか?どんな特徴やメリットがあるのでしょうか?

 

プラットフォームの定義

プラットフォームとは、サービスやシステム、ソフトウェアを提供・カスタマイズ・運営するために必要な「共通の土台(基盤)となる標準環境」を指します。

プラットフォームは、サービスやシステムの開発者や提供者と、それを利用するユーザーや消費者をつなぐ仲介役として機能します。

例えば、パソコンやスマートフォンで使われるWindowsやiOS、Androidなどのオペレーティングシステム(OS)は、プラットフォームの代表例です。

OSは、パソコンやスマートフォンのハードウェアと、さまざまなアプリケーションソフトウェアの間にあって、互いにやりとりできるようにする土台となるソフトウェアです。

OSがあることで、アプリ開発者は様々なデバイスに対応したアプリを作ることができますし、ユーザーは自分の好きなアプリをインストールして使うことができます。

 

プラットフォームの特徴

プラットフォームには、以下のような特徴があります。

プラットフォームは、相対的な関係性を表す言葉です。

つまり、何がプラットフォームとなるかは、対象によって異なります。

例えば、アプリケーションソフトにとってはOSがプラットフォームですが、OSにとってはハードウェアや仮想化ソフトなどがプラットフォームとなります。

プラットフォームは、多様性や拡張性を持ちます。

つまり、プラットフォーム上に様々なサービスやシステムを作ることができますし、それらを組み合わせたり改良したりすることもできます。

例えば、Google PlayやApp Storeは、アプリ開発者が自分の作ったアプリを配信する場を提供するプラットフォームですが、そこから生まれたアプリは無数にありますし、それらを更新したりカスタマイズしたりすることもできます。

プラットフォームは、ネットワーク効果を生み出します。

つまり、プラットフォームに参加する人や組織が増えるほど、プラットフォームの価値や利便性が高まります。

例えば、SNSやメッセンジャーなどのプラットフォームは、自分の友人や知人が使っているからこそ、自分も使いたくなりますし、使えば使うほどコミュニケーションが楽しくなります。

以上が、プラットフォームの定義と特徴についての簡単な説明です。

プラットフォームは、IT業界やビジネスの世界でますます重要な役割を果たしています。

次章では、プラットフォームの種類と事例について見ていきましょう。

 

プラットフォームの種類と事例

プラットフォームの種類と事例前章では、プラットフォームの定義と特徴について説明しました。

この章では、プラットフォームの種類と事例について見ていきましょう。

プラットフォームは、その対象や目的によって様々な分類ができますが、ここでは代表的なソフトウェアのプラットフォームを紹介します。

 

ソフトウェアのプラットフォーム

ソフトウェアのプラットフォームとは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスで動作するソフトウェアの基盤となるものです。

主にオペレーティングシステム(OS)やミドルウェア、ライブラリ、言語処理系などがこれにあたります。

ソフトウェアのプラットフォームは、アプリケーションソフトウェアの開発や実行を容易にするだけでなく、デバイス間の互換性やセキュリティなども担っています。

ソフトウェアのプラットフォームの代表例としては、以下のようなものがあります。

  • Windows:マイクロソフト社が開発したパソコン向けのOSです。世界中で最も普及しているOSであり、多くのアプリケーションソフトウェアが対応しています。
  • iOS:アップル社が開発したiPhoneやiPad向けのOSです。高いセキュリティや使いやすさが特徴であり、App Storeから多くのアプリケーションソフトウェアをダウンロードできます。
  • Android:グーグル社が開発したスマートフォンやタブレット向けのOSです。オープンソースであるため、様々なメーカーがカスタマイズして利用しています。Google Playから多くのアプリケーションソフトウェアをダウンロードできます。
  • Java:サン・マイクロシステムズ社(現オラクル社)が開発したプログラミング言語です。Java仮想マシンという言語処理系を用いることで、様々なデバイスやOS上で同じように動作することができます。
  • .NET:マイクロソフト社が開発したプログラミング言語やミドルウェアなどからなる総合的なプラットフォームです。Windows上で動作するアプリケーションソフトウェアを効率的に開発することができます。
  • オンラインプラットフォーム
    オンラインプラットフォームとは、インターネットやWeb上においてユーザーとサービス提供者や広告主企業などを仲介するサービスです。主に検索エンジンやSNS、ショッピングサイトなどがこれにあたります。

 

プラットフォームのメリットとデメリット

プラットフォームのメリットとデメリット前章では、プラットフォームの種類と事例について説明しました。

この章では、プラットフォームのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

プラットフォームは、多くの利点を持っていますが、同時にいくつかの問題点も抱えています。

 

プラットフォームのメリット

プラットフォームには、以下のようなメリットがあります。

  • プラットフォームは、コストや時間を節約できます。プラットフォームを利用することで、サービスやシステムの開発や運営に必要な基盤を自分で作る必要がなくなります。また、プラットフォームが提供する標準化された環境や仕様に従うことで、互換性や安全性などの品質を確保できます。
  • プラットフォームは、イノベーションを促進できます。プラットフォームを利用することで、サービスやシステムの開発者や提供者は、自分の得意分野や独自性を生かした付加価値の高いものを作ることができます。また、プラットフォームが提供する多様性や拡張性によって、新しいアイデアやニーズに応えたり、既存のものを改良したりすることができます。
  • プラットフォームは、ネットワーク効果を享受できます。プラットフォームを利用することで、サービスやシステムの開発者や提供者は、プラットフォームに参加する多くのユーザーや消費者にアクセスできます。また、プラットフォームが提供する仲介役としての役割によって、信頼性や利便性を高めることができます。

 

プラットフォームのデメリット

プラットフォームには、以下のようなデメリットがあります。

  • プラットフォームは、競争力や自由度を失う可能性があります。
    プラットフォームを利用することで、サービスやシステムの開発者や提供者は、プラットフォームに依存することになります。
    また、プラットフォームが提供する標準化された環境や仕様に従わなければならないため、自分のオリジナリティや差別化を表現することが難しくなる可能性があります。
  • プラットフォームは、規制や倫理に問題を起こす可能性があります。
    プラットフォームを利用することで、サービスやシステムの開発者や提供者は、プラットフォームの影響力や支配力にさらされることになります。
    プラットフォームが不適切な情報やサービスを流通させたり、個人情報やプライバシーを侵害したり、競争相手や利用者に不利益を与えたりすることがあるかもしれません。
    また、プラットフォームが国や地域によって異なる法律や規制に従わなければならない場合もあります。

以上が、プラットフォームのメリットとデメリットについての簡単な説明です。

プラットフォームは、多くの利点を持っていますが、同時にいくつかの問題点も抱えています。次章では、プラットフォームの戦略とモデルについて見ていきましょう。

 

プラットフォームの戦略とモデル

プラットフォームの戦略とモデル前章では、プラットフォームのメリットとデメリットについて説明しました。

この章では、プラットフォームの戦略とモデルについて見ていきましょう。

プラットフォームは、単に技術的な基盤としてだけでなく、ビジネス的な視点からも重要な意味を持っています。

プラットフォームを運営する企業や組織は、どのようにしてプラットフォームを成功させるのでしょうか?

 

プラットフォームの戦略

プラットフォームの戦略とは、プラットフォームを運営する企業や組織が、プラットフォームの価値や競争力を高めるために行う計画や方針のことです。

プラットフォームの戦略には、以下のような要素があります。

  • プラットフォームの目的:プラットフォームが解決しようとする問題や満たそうとするニーズは何か?プラットフォームが提供する価値や利益は何か?
  • プラットフォームの参加者:プラットフォームに参加する人や組織は誰か?どんな役割や関係性を持っているか?どんなインセンティブやモチベーションを持っているか?
  • プラットフォームの仕組み:プラットフォームが提供するサービスやシステムはどのように構成されているか?どのように運営されているか?どのように改善されているか?
  • プラットフォームの競争環境:プラットフォームが直面する競争相手や代替品は何か?どのように差別化や優位性を確保するか?

 

プラットフォームのモデル

プラットフォームのモデルとは、プラットフォームがどのように収益を得るかというビジネスモデルのことです。

プラットフォームのモデルには、以下のような種類があります。

  • コミッションモデル:プラットフォームが仲介する取引やサービスから一定の手数料やマージンを得るモデルです。
    例えば、アマゾンや楽天などのショッピングサイトは、出店者から売上の一部をコミッションとして受け取ります。
  • 広告モデル:プラットフォームが提供するコンテンツやサービスに広告を掲載して収益を得るモデルです。
    例えば、グーグルやフェイスブックなどの検索エンジンやSNSは、広告主から広告費用を受け取ります。

 

プラットフォームの成功要因と失敗要因

プラットフォームの成功要因と失敗要因前章では、プラットフォームのメリットとデメリットについて説明しました。

この章では、プラットフォームの成功要因と失敗要因について見ていきましょう。プラットフォームは、多くの可能性を秘めていますが、同時に多くの挑戦もあります。

プラットフォームを運営する企業や組織は、どのようなことに注意すべきなのでしょうか?

 

プラットフォームの成功要因

プラットフォームの成功要因とは、プラットフォームが価値や競争力を高めるために必要な条件や要素のことです。

プラットフォームの成功要因には、以下のようなものがあります。

  • プラットフォームは、ユーザーのニーズや問題を解決することができます。
    プラットフォームが提供するサービスやシステムは、ユーザーにとって有用であるだけでなく、独自であることが重要です。
    プラットフォームは、ユーザーの声やフィードバックを聞き、常に改善や更新を行うことで、ユーザー満足度を高めることができます。
  • プラットフォームは、参加者のインセンティブやモチベーションを高めることができます。
    プラットフォームが仲介する参加者は、それぞれ自分の利益や目的を持っています。
    プラットフォームは、参加者に対して適切な報酬や評価を与えることで、参加意欲や貢献度を高めることができます。
  • プラットフォームは、ネットワーク効果を最大化することができます。
    プラットフォームは、参加者が増えるほど価値や利便性が高まるネットワーク効果を持っています。
    プラットフォームは、参加者を増やすために効果的なマーケティングや宣伝を行うことで、ネットワーク効果を最大化することができます。

 

プラットフォームの失敗要因

プラットフォームの失敗要因とは、プラットフォームが価値や競争力を失うために引き起こされる問題や障害のことです。

プラットフォームの失敗要因には、以下のようなものがあります。

  • プラットフォームは、ユーザーの変化するニーズや問題に対応できないと、ユーザーを失う可能性があります。プラットフォームは、ユーザーの声やフィードバックを無視したり、自分の都合に合わせたりすることなく、常に改善や更新を行うことが必要です。
  • プラットフォームは、参加者のインセンティブやモチベーションを低下させる可能性があります。
    プラットフォームが仲介する参加者は、それぞれ自分の利益や目的を持っています。
    プラットフォームは、参加者に対して不適切な報酬や評価を与えたり、不公平な扱いをしたりすると、参加意欲や貢献度を低下させる可能性があります。
  • プラットフォームは、ネットワーク効果を逆転させる可能性があります。
    プラットフォームは、参加者が増えるほど価値や利便性が高まるネットワーク効果を持っています。
    プラットフォームは、参加者を増やすために効果的なマーケティングや宣伝を行わないと、ネットワーク効果を逆転させる可能性があります。
    つまり、参加者が減るほど価値や利便性が低下するという状況に陥る可能性があります。

以上が、プラットフォームの成功要因と失敗要因についての簡単な説明です。

プラットフォームは、多くの可能性を秘めていますが、同時に多くの挑戦もあります。

プラットフォームを運営する企業や組織は、これらの要因に注意してプラットフォームの戦略やモデルを考えることが重要です。

次章では、プラットフォームの課題と展望について見ていきましょう。

 

プラットフォームの課題と展望

プラットフォームの課題と展望前章では、プラットフォームの成功要因と失敗要因について説明しました。

この章では、プラットフォームの課題と展望について見ていきましょう。

プラットフォームは、現在も未来も多くの可能性を秘めていますが、同時に多くの課題も抱えています。

プラットフォームは、どのようなことに対応していくべきなのでしょうか?

 

プラットフォームの課題

プラットフォームの課題とは、プラットフォームが価値や競争力を維持するために解決しなければならない問題や難題のことです。

プラットフォームの課題には、以下のようなものがあります。

  • プラットフォームは、規制や倫理に適合することが求められます
    プラットフォームが提供するサービスやシステムは、社会や法律に適合することが必要です。
    プラットフォームは、不適切な情報やサービスを流通させたり、個人情報やプライバシーを侵害したり、競争相手や利用者に不利益を与えたりすることを避けることが求められます。
    また、プラットフォームは、国や地域によって異なる法律や規制に従わなければならない場合もあります。
  • プラットフォームは、セキュリティや信頼性を確保することが求められます。
    プラットフォームが提供するサービスやシステムは、安全で信頼できることが必要です。
    プラットフォームは、サイバー攻撃やデータ漏洩などのリスクを防ぐことが求められます。また、プラットフォームは、障害やエラーなどのトラブルに対応することが求められます。
  • プラットフォームは、環境や社会貢献に配慮することが求められます。
    プラットフォームが提供するサービスやシステムは、環境や社会に良い影響を与えることが必要です。
    プラットフォームは、エネルギーや資源の消費を抑えたり、廃棄物や排出物を減らしたりすることが求められます。
    また、プラットフォームは、社会的な問題や課題に対して責任を持ったり、解決策を提供したりすることが求められます。

 

プラットフォームの展望

プラットフォームの展望とは、プラットフォームが価値や競争力を高めるために期待される可能性や方向性のことです。

プラットフォームの展望には、以下のようなものがあります。

  • プラットフォームは、技術やサービスの革新を追求します。
    プラットフォームは、常に新しい技術やサービスを開発や導入することで、ユーザーのニーズや問題を解決することを目指します。
    例えば、人工知能やブロックチェーンなどの先端技術を活用したプラットフォームが注目されています。
  • プラットフォームは、多様性や協調性を重視します。
    プラットフォームは、様々な分野や業界や国や地域などの境界を越えて、多様な参加者やパートナーと協力することで、価値や利便性を高めることを目指します。例えば、オープンイノベーションやエコシステムなどの概念が重要視されています。
  • プラットフォームは、持続可能性や社会的責任を果たします。
    プラットフォームは、環境や社会に良い影響を与えることを目指します。
    例えば、環境問題や貧困問題などの社会的な課題に対して、プラットフォームが解決策を提供したり、支援したりすることが期待されています。

 

以上が、プラットフォームの課題と展望についての簡単な説明です。

プラットフォームは、現在も未来も多くの可能性を秘めていますが、同時に多くの課題も抱えています。

プラットフォームは、これらの課題に対応しながら、展望に向かって進化していくことが重要です。

 

プラットフォームの事例紹介

プラットフォームの事例紹介前章までで、プラットフォームの定義と特徴、種類と事例、メリットとデメリット、成功要因と失敗要因、課題と展望について説明しました。

この章では、プラットフォームの事例紹介を行います。

プラットフォームは、様々な分野や業界で活用されています。

ここでは、代表的なプラットフォームの事例をいくつか紹介します。

 

アマゾン

アマゾンは、世界最大のオンラインショッピングサイトです。

アマゾンは、自社で商品を販売するだけでなく、他社の出店者や個人の出品者にも販売の場を提供するプラットフォームです。

アマゾンは、出店者や出品者に対して、商品の掲載や配送や決済などのサービスを提供し、売上の一部をコミッションとして受け取ります。

アマゾンは、ユーザーに対して、多種多様な商品や価格やレビューなどの情報を提供し、利便性や信頼性を高めます。

アマゾンは、オンラインショッピングサイトとしてだけでなく、他の多くのプラットフォームも運営しています。

例えば、アマゾンプライムは、有料会員制のサービスであり、配送料無料やビデオや音楽などのコンテンツが利用できるプラットフォームです。

アマゾンウェブサービス(AWS)は、クラウドコンピューティングサービスであり、インターネット上にあるサーバーやストレージやデータベースなどのリソースを提供するプラットフォームです。

アマゾンエコーは、音声認識機能を持つスマートスピーカーであり、アレクサという人工知能が提供する様々なサービスや情報を利用できるプラットフォームです。

 

グーグル

グーグルは、世界最大の検索エンジンです。

グーグルは、ユーザーが入力したキーワードに関連するウェブページや画像や動画などの情報を提供するプラットフォームです。

グーグルは、広告主に対して、検索結果やウェブページに広告を掲載するサービスを提供し、クリック数や表示数に応じて広告費用を受け取ります。

グーグルは、ユーザーに対して、高速で正確で多様な情報を提供し、利便性や知識を高めます。

グーグルは、検索エンジンとしてだけでなく、他の多くのプラットフォームも運営しています。

例えば、グーグルマップは、地図やナビゲーションや交通情報などのサービスを提供するプラットフォームです。

グーグルドライブは、オンライン上にあるストレージやドキュメントやスプレッドシートなどのサービスを提供するプラットフォームです。

グーグルアシスタントは、音声認識機能を持つ人工知能であり、様々なサービスや情報を利用できるプラットフォームです。

 

フェイスブック

フェイスブックは、世界最大のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)です。

フェイスブックは、ユーザーが自分のプロフィールや写真や動画やメッセージなどを投稿したり、他のユーザーと交流したりすることができるプラットフォームです。

フェイスブックは、広告主に対して、ユーザーの属性や興味に応じて広告を掲載するサービスを提供し、クリック数や表示数に応じて広告費用を受け取ります。

フェイスブックは、ユーザーに対して、友人や知人とのコミュニケーションや情報共有を促進し、楽しさやつながりを高めます。

フェイスブックは、SNSとしてだけでなく、他の多くのプラットフォームも運営しています。

例えば、インスタグラムは、写真や動画を投稿したり閲覧したりすることができるプラットフォームです。

メッセンジャーは、テキストや音声やビデオなどのメッセージを送受信したりすることができるプラットフォームです。

ワッツアップは、電話番号を利用してメッセージや通話を行うことができるプラットフォームです。

 

以上が、プラットフォームの事例紹介です。

プラットフォームは、様々な分野や業界で活用されています。

これらの事例からもわかるように、プラットフォームは多くの価値や利便性を提供していますが、同時に多くの課題も抱えています。

プラットフォームは、これらの課題に対応しながら、展望に向かって進化していくことが重要です。

 

プラットフォームのまとめ

プラットフォームのまとめ前章までで、プラットフォームの定義と特徴、種類と事例、メリットとデメリット、成功要因と失敗要因、課題と展望、事例紹介について説明しました。

この章では、プラットフォームのまとめを述べます。

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

山﨑博美(やまさきひろみ)

個人相談は下記からも申込可能

オンライン相談、電話相談
お一人一回50分/15,000円(税抜)
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

プラットフォームのまとめ

プラットフォームとは、サービスやシステムを提供・カスタマイズ・運営するために必要な共通の土台となる標準環境であり、サービスやシステムの開発者や提供者と、それを利用するユーザーや消費者をつなぐ仲介役として機能するものです。

プラットフォームには、相対的な関係性、多様性や拡張性、ネットワーク効果という特徴があります。

プラットフォームは、その対象や目的によって様々な分類ができますが、ここでは代表的なものとしてソフトウェアのプラットフォームとオンラインプラットフォームを紹介しました。

ソフトウェアのプラットフォームは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスで動作するソフトウェアの基盤となるものであり、オペレーティングシステム(OS)やミドルウェア、ライブラリ、言語処理系などがこれにあたります。

オンラインプラットフォームは、インターネットやWeb上においてユーザーとサービス提供者や広告主企業などを仲介するサービスであり、検索エンジンやSNS、ショッピングサイトなどがこれにあたります。

プラットフォームには、多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットもあります。

プラットフォームのメリットは、コストや時間の節約、イノベーションの促進、ネットワーク効果の享受です。

プラットフォームのデメリットは、競争力や自由度の喪失、規制や倫理への違反、セキュリティや信頼性の低下です。

プラットフォームを運営する企業や組織は、プラットフォームの成功要因と失敗要因に注意しなければなりません。

プラットフォームの成功要因は、ユーザーのニーズや問題の解決、参加者のインセンティブやモチベーションの高揚、ネットワーク効果の最大化です。

プラットフォームの失敗要因は、ユーザーのニーズや問題の見失い、参加者のインセンティブやモチベーションの低下、ネットワーク効果の逆転です。

プラットフォームは、現在も未来も多くの可能性を秘めていますが、同時に多くの課題も抱えています。

プラットフォームの課題は、規制や倫理への適合、セキュリティや信頼性の確保、環境や社会貢献への配慮です。

プラットフォームは、これらの課題に対応しながら、展望に向かって進化していくことが重要です。

プラットフォームの展望は、技術やサービスの革新、多様性や協調性の重視、持続可能性や社会的責任の果たし方です。

 

プラットフォームの関連書籍一覧

 

プラットフォーム関連サイト一覧

 

プラットフォームとは何か?ビジネスで成功するための基礎知識を事例紹介で徹底解説のまとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

プラットフォームとは何か?ビジネスで成功するための基礎知識を事例紹介で徹底解説でした。

ここで理解されたプラットフォームを活用し、あなたのビジネスに少しでもお役に立てたのならば幸いです。

サイトマップはこちら