フェルミ推定で脳を鍛える/ あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブック | キャリアコンサルタントドットネット

フェルミ推定で脳を鍛える/ あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブック

[記事公開日]2023/10/10
フェルミ推定で脳を鍛える/ あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブック

あなたは、どれくらいの頻度で「わからない」と感じることがありますか?

日常生活や仕事、学習などで、答えがすぐに出ない問題や疑問にぶつかることはよくあると思います。

そんなとき、あなたはどう対処しますか?

インターネットで検索しますか?

専門家に聞きますか?

それともあきらめますか?

もし、あなたがもっと自分の頭で考える力を高めたいと思うなら、このページはあなたにぴったりです。

このページでは、「フェルミ推定」という思考トレーニングの方法を紹介します。

「フェルミ推定」とは、手元にある情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出す技術です。

例えば、「東京タワーの重さはどれくらいか?」や「地球上の髪の毛の量はどれくらいか?」といった問題に挑戦することができます。

「フェルミ推定」は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士が考案したもので、原子爆弾の開発にも関わった歴史的なエピソードがあります。

その後、多くの分野で応用されてきました。

ビジネスや学習、日常生活でも、「フェルミ推定」を使うことで、論理的思考力や創造力、コミュニケーション能力を高めることができます。

このページでは、「フェルミ推定」のをわかりやすく解説します。

「フェルミ推定」は、あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックです。

あなたも「フェルミ推定」で脳を鍛えてみませんか?

 

Contents

フェルミ推定とは何か? 〜あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブック〜

フェルミ推定とは何か? 〜あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブック〜

あなたは、こんな質問に答えられますか?

  • 東京タワーの重さはどれくらいか?
  • 地球上の髪の毛の量はどれくらいか?
  • 日本で毎年食べられるカレーライスの量はどれくらいか?

これらの質問は、一見すると答えがわからないようなものです。

実際に調べることも難しいでしょう。

しかし、これらの質問に近似的な答えを出すことができる方法があります。

それが「フェルミ推定」です。

「フェルミ推定」とは、手元にある情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出す技術です。

例えば、「東京タワーの重さはどれくらいか?」という問題に対して、「東京タワーは鉄でできている」という情報と、「鉄の密度は7.8g/cm3」という一般常識を使って、次のように推定することができます。

  • 東京タワーの高さは333m、幅は80m、奥行きは80mと仮定する
  • 東京タワーの体積は333×80×80=2,128,000m3となる
  • 東京タワーの重さは体積×密度で求められるので、2,128,000×7.8×106=16,598,400,000kg=1.66×1010kgとなる

このようにして、東京タワーの重さは約16億6千万kgと推定することができます。

実際の重さは約4千万kgなので、かなり大きく外れていますが、桁数は合っていますし、全く見当違いではありません。

このように、「フェルミ推定」では、正確さよりも大まかなオーダーを求めることが目的です。

「フェルミ推定」の名前の由来は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士にちなんでいます。

フェルミ博士は、1938年に原子核分裂を発見し、ノーベル物理学賞を受賞した人物です。

 

彼はまた、第二次世界大戦中にアメリカで原子爆弾の開発に関わった人物でもあります。

1945年7月16日、ニューメキシコ州で世界初の原子爆弾実験が行われました。

その際、フェルミ博士は爆発の威力を測定するために独自の方法を用いました。

彼は、爆発の衝撃で飛ばされる紙片の落下地点を観察し、その距離から爆発のエネルギーを推定しました。

彼の推定値は約10キロトンでした。

実際の威力は約20キロトンでしたが、彼の推定はかなり正確でした。

 

このように、「フェルミ推定」は、物理学や科学の分野で有用な方法として使われてきました。

しかし、「フェルミ推定」は、物理学や科学に限らず、様々な分野で応用することができます。

ビジネスや学習、日常生活でも、「フェルミ推定」を使うことで、論理的思考力や創造力、コミュニケーション能力を高めることができます。

 

では、「フェルミ推定」はどのようにして行うのでしょうか?

次の章では、フェルミ推定の歴史と由来 〜エンリコ・フェルミ博士と原子爆弾の秘話〜を解説します。

 

フェルミ推定の歴史と由来 〜エンリコ・フェルミ博士と原子爆弾の秘話〜

フェルミ推定の歴史と由来 〜エンリコ・フェルミ博士と原子爆弾の秘話〜

ここまでは、「フェルミ推定」とは何かについて説明しました。

簡単に言えば、「フェルミ推定」とは、手元にある情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出す技術です。

この技術は、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つものです。

では、「フェルミ推定」はどこから来たのでしょうか?

その名前の由来は何なのでしょうか?

この章では、「フェルミ推定」の歴史と由来について解説します。

 

物理学者エンリコ・フェルミ博士について

その中心には、物理学者のエンリコ・フェルミ博士と原子爆弾の開発という、驚くべき物語があります。

エンリコ・フェルミ博士は、1901年9月29日にイタリアのローマで生まれました。

幼い頃から数学や科学に興味を持ち、14歳で物理学の本を読み始めました。

17歳で大学に入り、22歳で博士号を取得しました。

その後、ドイツやオランダで研究を行い、26歳でローマ大学の教授になりました。

ローマ大学では、原子核物理学の分野で画期的な研究を行いました。

1934年には、中性子を使って様々な元素を人工的に変換することに成功しました。

これは、原子核が分裂する現象(核分裂)を発見したことにもつながりました。

この業績により、1938年にノーベル物理学賞を受賞しました。

しかし、この頃イタリアはファシスト政権下にあり、反ユダヤ主義が強まっていました。

フェルミ博士はユダヤ人ではありませんでしたが、妻のラウラはユダヤ人でした。

彼らは自分たちや子供たちの安全を心配しました。

そこで、フェルミ博士はストックホルムで行われたノーベル賞授賞式に出席した後、そのままアメリカに移住することを決めました。

アメリカでは、コロンビア大学やシカゴ大学で教えながら研究を続けました。

1939年には、核分裂反応が連鎖的に起こること(核連鎖反応)を証明しました。

1942年には、世界初の原子炉を作り、制御された核分裂反応を実現しました。

これは、原子爆弾の開発に必要なプルトニウムの生産を可能にするものでした。

フェルミ博士は、第二次世界大戦中にアメリカ政府が極秘に進めていた原子爆弾開発計画(マンハッタン計画)に参加しました。

彼は、原子爆弾の理論や設計に重要な役割を果たしました。

1945年7月16日、ニューメキシコ州で世界初の原子爆弾実験が行われました。

その際、フェルミ博士は爆発の威力を測定するために独自の方法を用いました。

彼は、爆発の衝撃で飛ばされる紙片の落下地点を観察し、その距離から爆発のエネルギーを推定しました。

彼の推定値は約10キロトンでした。

実際の威力は約20キロトンでしたが、彼の推定はかなり正確でした。

このように、「フェルミ推定」は、フェルミ博士が原子爆弾の開発に関わったときに使った技術です。

彼は、限られた情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出すことができました。

彼は、この技術を他の問題にも応用しました。

例えば、「地球上のピアノの数はどれくらいか?」や「地球上の髪の毛の量はどれくらいか?」といった問題に挑戦しました。

フェルミ博士は、「フェルミ推定」を楽しみながら行っていました。

彼は、「フェルミ推定」を「ゲーム」と呼んでいました。

彼は、「フェルミ推定」を通して、自分の知識や想像力を試していました。

そんな「フェルミ推定」を教えることもありました。

そして、自分の学生や同僚に「フェルミ推定」の問題を出して、その解き方や答え合わせを楽しんでいました。

フェルミ博士は、「フェルミ推定」を使って、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つことを示しました。

「フェルミ推定」は、問題解決能力や論理的思考力や創造力やコミュニケーション能力を高めることができます。

「フェルミ推定」は、あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックなのです。

 

フェルミ推定の基本的な考え方とやり方 〜問題を分解し、情報を活用し、推論する〜

フェルミ推定の基本的な考え方とやり方 〜問題を分解し、情報を活用し、推論する〜

前章までに、「フェルミ推定」とは何かとその歴史と由来について説明しました。

「フェルミ推定」とは、手元にある情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出す技術です。

この技術は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士が原子爆弾の開発に関わったときに使ったものです。

彼は、「フェルミ推定」を楽しみながら行っていました。

では、「フェルミ推定」はどのようにして行うのでしょうか?

この章では、「フェルミ推定」の基本的な考え方とやり方を解説します。

「フェルミ推定」を行うには、大きく分けて以下の3つのステップが必要です。

  • 問題を分解する
  • 情報を活用する
  • 推論する

それぞれのステップについて詳しく見ていきましょう。

 

問題を分解する

「フェルミ推定」を行うとき、最初にすることは、問題を分解することです。

問題を分解するというのは、問題をより小さく簡単な部分問題に分けることです。

例えば、「日本で毎年食べられるカレーライスの量はどれくらいか?」という問題を分解すると、次のような部分問題になります。

  • 日本の人口はどれくらいか?
  • 日本人が1年間にカレーライスを何回食べるか?
  • 1回に食べるカレーライスの量はどれくらいか?

このようにして、問題を分解することで、問題がより具体的で扱いやすくなります。

また、部分問題に対して情報や一般常識があるかどうかも判断しやすくなります。

 

情報を活用する

次にすることは、情報を活用することです。

情報というのは、部分問題に対して既知の値やデータや事実などです。

例えば、「日本の人口はどれくらいか?」という部分問題に対して、「日本の人口は約1億2千万人」という情報があります。

このような情報は、インターネットや書籍や新聞などで調べることができます。

しかし、すべての部分問題に対して情報があるわけではありません。

例えば、「日本人が1年間にカレーライスを何回食べるか?」という部分問題に対して、「日本人が1年間にカレーライスを平均30回食べる」という情報はありません。

このような場合は、一般常識を使って推定する必要があります。

一般常識というのは、部分問題に対して合理的な仮定や推測や近似などです。

例えば、「日本人が1年間にカレーライスを何回食べるか?」という部分問題に対して、「日本人は1週間に1回カレーライスを食べる」という一般常識を使って、次のように推定することができます。

  • 1週間に1回カレーライスを食べると仮定する
  • 1年間は52週間あると近似する
  • 1週間に1回×52週間=52回と推測する

このようにして、情報や一般常識を使って、部分問題に対して値を与えることができます。

ただし、情報や一般常識は必ずしも正確ではないことに注意しなければなりません。

情報は古くなったり間違っていたりすることがあります。

一般常識は個人差や主観的なものであることがあります。

そのため、「フェルミ推定」では、情報や一般常識の信頼性や妥当性を常に検討することが重要です。

 

推論する

最後にすることは、推論することです。

推論というのは、部分問題の値を使って、元の問題の答えを求めることです。

例えば、「日本で毎年食べられるカレーライスの量はどれくらいか?」という問題に対して、以下のような値が与えられたとします。

  • 日本の人口は約1億2千万人
  • 日本人が1年間にカレーライスを平均30回食べる
  • 1回に食べるカレーライスの量は約200g

この場合、次のように推論することができます。

  • 日本で毎年食べられるカレーライスの回数は人口×年間食回数で求められるので、120,000,000×30=3,600,000,000回となる
  • 日本で毎年食べられるカレーライスの量は回数×1回分の量で求められるので、3,600,000,000×200=720,000,000,000g=7.2×10gとなる

このようにして、日本で毎年食べられるカレーライスの量は約7.2×10gと推論することができます。

これは約72万トンに相当します。

実際の値はわかりませんが、大まかなオーダーを求めることができました。

このように、「フェルミ推定」では、問題を分解し、情報を活用し、推論することで、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出すことができます。

「フェルミ推定」では、正確さよりも大まかなオーダーを求めることが目的です。

「フェルミ推定」では、自分の知識や想像力や論理的思考力を試すことができます。

「フェルミ推定」では、自分だけでなく、他の人とも意見や答えを交換することで、コミュニケーション能力を高めることができます。

「フェルミ推定」は、あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックです。

しかし、「フェルミ推定」を行うには、一般常識や基礎知識を身につけることが重要です。

次の章では、「フェルミ推定のメリットと効果 〜論理的思考力や創造力、コミュニケーション能力を高める〜」について解説します。

あなたも「フェルミ推定」で脳を鍛えてみましょう。

 

フェルミ推定のメリットと効果 〜論理的思考力や創造力、コミュニケーション能力を高める〜

フェルミ推定のメリットと効果 〜論理的思考力や創造力、コミュニケーション能力を高める〜

前章までに、「フェルミ推定」とは何かとその歴史と由来、基本的な考え方とやり方について説明しました。

「フェルミ推定」とは、手元にある情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出す技術です。

この技術は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士が原子爆弾の開発に関わったときに使ったものです。

彼は、「フェルミ推定」を楽しみながら行っていました。

では、「フェルミ推定」を行うことで、どのようなメリットや効果があるのでしょうか?

この章では、「フェルミ推定」のメリットと効果について解説します。

「フェルミ推定」を行うことで、以下のような能力を高めることができます。

  • 論理的思考力
  • 創造力
  • コミュニケーション能力

それぞれの能力について詳しく見ていきましょう。

 

論理的思考力

「フェルミ推定」を行うことで、論理的思考力を高めることができます。

論理的思考力というのは、問題や状況を分析し、原因や結果や仮説や証拠などを整理し、合理的な判断や結論を導く能力です。

この能力は、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つものです。

「フェルミ推定」では、問題を分解し、情報を活用し、推論することで、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出します。

この過程では、論理的思考力が必要になります。

問題を分解するときは、問題の本質や構造や要素を把握する必要があります。

情報を活用するときは、情報の信頼性や妥当性を検討する必要があります。

推論するときは、部分問題の値から元の問題の答えを求める必要があります。

「フェルミ推定」では、これらのステップを繰り返すことで、論理的思考力を鍛えることができます。

「フェルミ推定」では、正確さよりも大まかなオーダーを求めることが目的ですが、そのためにも論理的思考力が必要です。

正確さを求めるときは、計算や測定などの客観的な方法を使うことができますが、大まかなオーダーを求めるときは、推測や近似などの主観的な方法を使うことが多いです。

そのため、自分の思考過程や答えに対して、常に論理的な根拠や説明を持つことが重要です。

「フェルミ推定」では、論理的思考力を高めることができます。

論理的思考力は、問題解決能力や判断力や批判的思考力などにもつながります。

これらの能力は、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つものです。

 

創造力

「フェルミ推定」を行うことで、創造力を高めることができます。

創造力というのは、新しいアイデアや解決策や表現方法などを生み出す能力です。

この能力は、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つものです。

「フェルミ推定」では、問題を分解し、情報を活用し、推論することで、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出します。

この過程では、創造力が必要になります。

問題を分解するときは、問題に対して新しい視点やアプローチを考える必要があります。

情報を活用するときは、情報に対して新しい仮定や推測や近似を考える必要があります。

推論するときは、部分問題の値から元の問題の答えを求めるために新しい計算や式や関係を考える必要があります。

「フェルミ推定」では、これらのステップを繰り返すことで、創造力を鍛えることができます。

「フェルミ推定」では、正確さよりも大まかなオーダーを求めることが目的ですが、そのためにも創造力が必要です。

正確さを求めるときは、既存の知識や方法を使うことができますが、大まかなオーダーを求めるときは、既存の知識や方法に頼らずに自分で考えることが多いです。

そのため、自分の思考過程や答えに対して、常に新しいアイデアや解決策や表現方法を持つことが重要です。

「フェルミ推定」では、創造力を高めることができます。

創造力は、発想力や想像力や表現力などにもつながります。

これらの能力は、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つものです。

 

コミュニケーション能力

「フェルミ推定」を行うことで、コミュニケーション能力を高めることができます。

コミュニケーション能力というのは、自分の意見や感情や情報などを相手に伝えたり理解したりする能力です。

この能力は、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つものです。

「フェルミ推定」では、問題を分解し、情報を活用し、推論することで、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出します。

この過程では、コミュニケーション能力が必要になります。

問題を分解するときは、問題の内容や目的や条件を明確にする必要があります。

情報を活用するときは、情報の出典や根拠や信頼性を示す必要があります。

推論するときは、部分問題の値から元の問題の答えを求める過程や結果を説明する必要があります。

「フェルミ推定」では、これらのステップを繰り返すことで、コミュニケーション能力を鍛えることができます。

「フェルミ推定」では、正確さよりも大まかなオーダーを求めることが目的ですが、そのためにもコミュニケーション能力が必要です。

正確さを求めるときは、数字や図表などの客観的な方法で伝えることができますが、大まかなオーダーを求めるときは、言葉や文章などの主観的な方法で伝えることが多いです。

そのため、自分の思考過程や答えに対して、常に相手にわかりやすく伝えることが重要です。

「フェルミ推定」では、コミュニケーション能力を高めることができます。

コミュニケーション能力は、表現力や聞き取り力や理解力などにもつながります。

これらの能力は、物理学や科学だけでなく、ビジネスや学習、日常生活でも役立つものです。

 

「フェルミ推定」は、あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックです。

しかし、「フェルミ推定」を行うには、一般常識や基礎知識を身につけることが重要です。

次の章では、「フェルミ推定」の鍛え方と注意点について解説します。

 

フェルミ推定の鍛え方と注意点 〜一般常識や基礎知識を身につけることが重要〜

フェルミ推定の鍛え方と注意点 〜一般常識や基礎知識を身につけることが重要〜

「フェルミ推定」とは、手元にある情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出す技術です。

この技術は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士が原子爆弾の開発に関わったときに使ったものです。

彼は、「フェルミ推定」を楽しみながら行っていました。

では、「フェルミ推定」を行うためには、どのような準備や注意が必要なのでしょうか?

この章では、「フェルミ推定」の鍛え方と注意点について解説します。

「フェルミ推定」を行うためには、以下のようなポイントを押さえることが大切です。

  • 一般常識や基礎知識を身につける
  • 問題を分解する練習をする
  • 情報を活用する練習をする
  • 推論する練習をする
  • フィードバックを受け入れる

それぞれのポイントについて簡単に説明します。

 

一般常識や基礎知識を身につける

「フェルミ推定」では、手元にある情報や一般常識を使って、部分問題に値を当てはめます。

そのため、「フェルミ推定」を行う前に、一般常識や基礎知識を身につけることが重要です。

一般常識や基礎知識とは、日本や世界の人口や面積、平均的な数値や比率、物理学や化学や統計学などの基本的な法則や公式などです。

これらの情報は、「フェルミ推定」で問題を分解したり、推論したりする際に役立ちます。

一般常識や基礎知識は、インターネットや書籍などで調べたり、覚えたりすることができます。

しかし、すべての情報を完璧に覚える必要はありません。

大まかなオーダーや範囲さえ把握しておけば十分です。

 

問題を分解する練習をする

「フェルミ推定」では、問題を分解することで、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出します。

そのため、「フェルミ推定」を行う前に、問題を分解する練習をすることが重要です。

問題を分解するとは、問題の本質や構造や要素を把握し、部分問題に分けることです。

部分問題は、より小さくてシンプルで解きやすい問題です。

部分問題の値を求めることで、元の問題の答えに近づくことができます。

問題を分解する練習は、日常生活や学習やビジネスなどで出会うさまざまな問題に対して行うことができます。

 

情報を活用する練習をする

「フェルミ推定」では、情報を活用することで、部分問題に値を当てはめます。

そのため、「フェルミ推定」を行う前に、情報を活用する練習をすることが重要です。

情報とは、手元にある情報や一般常識や基礎知識などです。

情報は、インターネットや書籍などで調べたり、面接官から与えられたりすることもあります。

情報を活用する練習は、日常生活や学習やビジネスなどで出会うさまざまな情報に対して行うことができます。

 

推論する練習をする

「フェルミ推定」では、推論することで、問題の答えを求めます。

そのため、「フェルミ推定」を行う前に、推論する練習をすることが重要です。

推論とは、部分問題の値から元の問題の答えを求めることです。

答えは、大まかなオーダーや範囲であれば十分です。

また、答えは、単位や桁数や有効数字などに注意して表記する必要があります。

推論する練習は、日常生活や学習やビジネスなどで出会うさまざまな問題に対して行うことができます。

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

山﨑博美(やまさきひろみ)

個人相談は下記からも申込可能

オンライン相談、電話相談
お一人一回50分/15,000円(税抜)
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

フィードバックを受け入れる

「フェルミ推定」では、フィードバックを受け入れることで、自分の思考過程や答えの正確さや妥当さや合理性を検証したり、改善したりすることができます。

フィードバックとは、自分の思考過程や答えに対して、他の人から与えられる意見や評価や指摘などです。

フィードバックは、面接官や同僚や友人などから受けることができます。

また、自分で調べたり比較したりすることで、自己フィードバックを行うこともできます。

 

PICKUPキャリコン

フェルミ推定の応用例 〜ビジネスや学習、日常生活で役立つシーン〜

フェルミ推定の応用例 〜ビジネスや学習、日常生活で役立つシーン〜

フェルミ推定とは、手元にある情報や一般常識を使って、答えがわからない問題に近似的な解答を導き出す技術です。

この技術は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士が原子爆弾の開発に関わったときに使ったものです。

彼は、「フェルミ推定」を楽しみながら行っていました。

では、「フェルミ推定」はどのような場面で役立つのでしょうか?

この章では、「フェルミ推定」の応用例を紹介します。

ビジネスや学習、日常生活で「フェルミ推定」を使うことで、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

ビジネスで役立つシーン

ビジネスでは、正確なデータや情報が入手できないことも多くあります。

しかし、そのような状況でも、迅速かつ合理的に判断や提案を行う必要があります。

そこで、「フェルミ推定」を使うことで、概算や仮説を立てることができます。

例えば、以下のような問題に対して、「フェルミ推定」を用いることができます。

  • 新規事業の市場規模や競合分析
  • 既存事業の売上や利益の予測
  • 製品やサービスの需要や価格設定
  • コスト削減や効率化の提案
  • マーケティングや広告の効果測定

これらの問題では、正確な数値を求めることは難しいかもしれませんが、「フェルミ推定」を使うことで、大まかなオーダーや範囲を求めることができます。

その結果をもとに、より具体的な分析や検証を行うことができます。

「フェルミ推定」は、ビジネスで必要とされる論理的思考力や創造力、コミュニケーション能力を高めることにもつながります。

複雑な問題を分解し、情報を活用し、推論することで、自分の考えを明確にすることができます。

また、自分の考えを他者に説明することで、理解や共感を得ることができます。

 

学習で役立つシーン

学習では、「フェルミ推定」を使うことで、知識や理解度を深めることができます。

「フェルミ推定」は、物理学や化学などの自然科学だけでなく、経済学や社会学などの人文社会科学でも応用することができます。

例えば、以下のような問題に対して、「フェルミ推定」を用いることができます。

  • 地球上の髪の毛の量はどれくらいか?
  • 日本人が1年間に飲むお茶の量はどれくらいか?
  • 世界中にある全ての鉛筆の数は何本か?
  • 日本国内にある自動販売機の数はいくつか?
  • 人間の体内にある細胞の数はいくつか?

これらの問題では、正確な答えを求めることは難しいかもしれませんが、「フェルミ推定」を使うことで、大まかなオーダーや範囲を求めることができます。

その結果をもとに、より詳細な知識や情報を調べたり、考察したりすることができます。

「フェルミ推定」は、学習で必要とされる論理的思考力や創造力、興味や好奇心を高めることにもつながります。

複雑な問題を分解し、情報を活用し、推論することで、自分の知らないことや疑問に気づくことができます。

また、自分の知っていることや考えていることを他者に説明することで、理解や共感を得ることができます。

 

日常生活で役立つシーン

日常生活では、「フェルミ推定」を使うことで、生活の質や楽しさを向上させることができます。

「フェルミ推定」は、日常的に出会うさまざまな問題や疑問に対して応用することができます。

例えば、以下のような問題に対して、「フェルミ推定」を用いることができます。

  • 今日の夕飯に必要な食材の量はどれくらいか?
  • 旅行先で使うお金はどれくらいか?
  • 電車に乗っている人の数はどれくらいか?
  • 自分の家から東京タワーまで歩くとどれくらいかかるか?
  • 自分の家にある本の数はいくつか?

これらの問題では、正確な答えを求めることは難しいかもしれませんが、「フェルミ推定」を使うことで、大まかなオーダーや範囲を求めることができます。

その結果をもとに、より効率的や合理的な判断や行動を行うことができます。

「フェルミ推定」は、日常生活で必要とされる論理的思考力や創造力、楽しさや満足感を高めることにもつながります。

複雑な問題を分解し、情報を活用し、推論することで、自分の周りの世界に対する興味や関心を持つことができます。

また、自分の考えを他者に説明することで、楽しく会話することができます。

「フェルミ推定」は、あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックです。

しかし、「フェルミ推定」を行うには、一般常識や基礎知識を身につけることが重要です。

この章では、「フェルミ推定」の応用例を紹介しました。

次章では、「フェルミ推定の面白い例題とその解き方 〜琵琶湖の水の量や地球上の髪の毛の量など〜」を解説いたします。

 

フェルミ推定の面白い例題とその解き方 〜琵琶湖の水の量や地球上の髪の毛の量など〜

フェルミ推定の面白い例題とその解き方 〜東京タワーの重さや地球上の髪の毛の量など〜

フェルミ推定とは、正確な数値がわからない問題に対して、手元にある情報や一般常識を使って、近似的な解答を導き出す技術です。

この技術は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士が原子爆弾の開発に関わったときに使ったものです。

彼は、「フェルミ推定」を楽しみながら行っていました。

では、「フェルミ推定」はどのような問題に対して使うことができるのでしょうか?

この章では、「フェルミ推定」の面白い例題とその解き方を紹介します。

日常生活に関係する問題や、想像力を刺激する問題など、さまざまなジャンルの問題に挑戦してみましょう。

 

琵琶湖の水の量はどれくらいか?

日本最大の湖である琵琶湖。その水の量はどれくらいあるのでしょうか?

この問題を「フェルミ推定」で解くためには、以下のような手順を踏みます。

①解答に必要な材料を準備・確認する

  • 琵琶湖の水の量は、琵琶湖の面積と平均水深を掛け合わせることで求めることができます。
  • 琵琶湖の面積は670平方キロメートル、平均水深は4メートルという情報があります。

②要素を分解して解答方法を検討する

  • 琵琶湖の水の量 = 琵琶湖の面積 × 琵琶湖の平均水深
  • この公式に必要な数字を当てはめることで、解答を求めることができます。

③分解した要素に把握している数値を当てはめる

  • 琵琶湖の水の量 = 670 × 4 = 2680
  • 単位に注意して、最終的な答えを求めます。
  • 琵琶湖の水の量 = 2680立方キロメートル

④妥当性・現実性を検証する

  • 答えが正しいかどうかを確認するために、他の情報と比較してみます。
  • 例えば、世界最大の湖であるカスピ海の水量は約7.8万立方キロメートルです。これと比べると、琵琶湖の水量は約30分の1です。これは妥当そうです。
  • もし答えが非現実的だった場合は、計算ミスや情報の誤りがないか確認しましょう。

以上が「フェルミ推定」で「琵琶湖の水量」を求める方法です。

このように、「フェルミ推定」では、公式や数値を暗記することよりも、問題を分解し、情報を活用し、推論することが重要です。

 

地球上の髪の毛の量はどれくらいか?

人間の髪の毛は、一本あたりの重さは約0.1グラム、一人あたりの本数は約10万本と言われています。

では、地球上の全ての人間の髪の毛の量はどれくらいになるのでしょうか?

この問題を「フェルミ推定」で解くためには、以下のような手順を踏みます。

①解答に必要な材料を準備・確認する

  • 地球上の髪の毛の量は、一本あたりの重さと一人あたりの本数と地球上の人口を掛け合わせることで求めることができます。
  • 一本あたりの重さは0.1グラム、一人あたりの本数は10万本という情報があります。
  • 地球上の人口は約78億人という情報があります。

②要素を分解して解答方法を検討する

  • 地球上の髪の毛の量 = 一本あたりの重さ × 一人あたりの本数 × 地球上の人口
  • この公式に必要な数字を当てはめることで、解答を求めることができます。

③分解した要素に把握している数値を当てはめる

  • 地球上の髪の毛の量 = 0.1 × 10万 × 78億 = 7800万トン
  • 単位に注意して、最終的な答えを求めます。
  • 地球上の髪の毛の量 = 7800万トン

④妥当性・現実性を検証する

  • 答えが正しいかどうかを確認するために、他の情報と比較してみます。
  • 例えば、エベレスト山 の重量は約60億トンです。これと比べると、地球上の髪の毛の量は約130分の1です。これは妥当そうです。
  • もし答えが非現実的だった場合は、計算ミスや情報の誤りがないか確認しましょう。

以上が「フェルミ推定」で「地球上の髪の毛の量」を求める方法です。

このように、「フェルミ推定」では、公式や数値を暗記することよりも、問題を分解し、情報を活用し、推論することが重要です。

 

フェルミ推定の面白い例題とその解き方 〜琵琶湖の水の量や地球上の髪の毛の量など〜のまとめ

この章では、「フェルミ推定」で面白い例題とその解き方を紹介しました。

これらは、「フェルミ推定」でよく出題されるタイプやジャンルの問題です。

他にも、「東京タワー の重さはどれくらいか?」「日本国内にある自動販売機 の数はいくつか?」「世界中にある全ての鉛筆 の数は何本か?」など、「フェルミ推定」で解くことができる問題は無限にあります。

「フェルミ推定」では、正確な答えを求めることは目的ではありません。

大まかなオーダーや範囲を求めることが目的です。

そして、「フェルミ推定」では、問題を分解し、情報を活用し推論することが重要です。

問題を分解し、情報を活用し、推論することで、自分の思考力や創造力を鍛えることができます。

また、フィードバックを受け入れることで、自分の答えの正確さや妥当さや合理性を検証したり、改善したりすることができます。

「フェルミ推定」は、あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックです。

しかし、「フェルミ推定」を行うには、一般常識や基礎知識を身につけることが重要です。

この章では、「フェルミ推定」の歴史と由来、基本的な考え方とやり方、メリットと効果、鍛え方と注意点、応用例と面白い例題について解説しました。

 

フェルミ推定関連書籍一覧

 

フェルミ推定関連サイト一覧

 

フェルミ推定で脳を鍛える/ あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックのまとめ

フェルミ推定で脳を鍛える/ あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックのまとめ

このページでは、フェルミ推定という技術について紹介しました。

フェルミ推定とは、正確な数値がわからない問題に対して、手元にある情報や一般常識を使って、近似的な解答を導き出す技術です。

この技術は、物理学者のエンリコ・フェルミ博士が原子爆弾の開発に関わったときに使ったものです。

彼は、「フェルミ推定」を楽しみながら行っていました。

では、「フェルミ推定」はどのような場面で役立つのでしょうか?

このページでは、「フェルミ推定」の歴史と由来、基本的な考え方とやり方、メリットと効果、鍛え方と注意点、応用例と面白い例題について解説しました。

あなたも「フェルミ推定」で脳を鍛えてみませんか?

「フェルミ推定」を行うことで、以下のようなメリットがあります。

  • 論理的思考力や創造力を高めることができます。
  • コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を高めることができます。
  • ビジネスや学習、日常生活で役立つシーンが多くあります。
  • 面白く楽しく問題解決のスキルを身につけることができます。

「フェルミ推定」は、あらゆる難問に挑戦する思考トレーニングブックです。

しかし、「フェルミ推定」を行うには、一般常識や基礎知識を身につけることが重要です。

このページを読んで、「フェルミ推定」に興味を持っていただけたら幸いです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

サイトマップはこちら