アカウンティング入門/財務3表(B/S・P/L・C/F)をマスターするための一冊 | キャリアコンサルタントドットネット

アカウンティング入門/財務3表(B/S・P/L・C/F)をマスターするための一冊

[記事公開日]2023/10/10
アカウンティング入門/財務3表(B/S:P/L:C/F)をマスターするための一冊

あなたはアカウンティングという言葉を聞いたことがありますか?

アカウンティングとは、企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告することです。

アカウンティングを学ぶことで、企業の財政状態や業績を把握することができます。

また、アカウンティングはビジネスや経済に関する知識や判断力を身につけるためにも役立ちます。

では、企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告するにはどうすればいいでしょうか?

そのために必要なのが財務3表です。

財務3表とは、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書のことです。

これらの表は、企業の収入や支出、資産や負債、現金の流れなどを示す重要な資料です。

財務3表を読むことで、企業の健全性や収益性、成長性などを分析し、評価することができます。

この本では、アカウンティング入門/財務3表(B/S:P/L:C/F)をマスターするために必要な知識や技術をわかりやすく解説します。

このページを読むことで、あなたはアカウンティングの基礎を身につけることができます。

それでは早速始めましょう!

 

Contents

アカウンティングの基本的な考え方と目的 〜企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告する〜

アカウンティングの基本的な考え方と目的 〜企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告する〜

企業とは何でしょうか?

企業とは、お金や物や人などの資源を使って、商品を生産しサービスを提供し、販売する組織です。

企業は、お客様から売上を得たり、従業員に給料を払ったり、銀行から借金をしたり、株主に配当を支払ったりなど、さまざまな経済活動を行います。

では、企業はどのようにして自分の経済活動を把握するでしょうか?

そのために必要なのがアカウンティングです。

アカウンティングとは、企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告することです。

アカウンティングには大きく分けて3つの目的があります。

 

記録

企業は自分の経済活動を正確に記録する必要があります。

記録することで、企業は自分がどれだけお金を稼いだか、どれだけお金を使ったか、どれだけお金が残っているかなどを知ることができます。

また、記録することで、企業は税金や法律などに従っているかどうかも確認することができます。

記録する方法としては、仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿を使います。

仕訳帳とは、企業の経済活動を日付順に記録したものです。

総勘定元帳とは、企業の資産や負債や純資産や収益や費用などを分類して記録したものです。

 

管理

企業は自分の経済活動を効果的に管理する必要があります。

管理することで、企業は自分の目標や計画に沿っているかどうかを評価したり、問題や改善点を見つけたり、将来の予測や戦略を立てたりすることができます。

管理する方法としては、予算や原価計算や内部監査などの手法を使います。

予算とは、企業が期間ごとに設定した収入や支出や利益などの目標です。

原価計算とは、企業が商品やサービスを生産するためにかかった費用や利益率などを計算することです。

内部監査とは、企業が自分の経営や会計に関するルールや規則や制度などが適切に機能しているかどうかをチェックすることです。

 

報告

企業は自分の経済活動を外部に報告する必要があります。

報告することで、企業は自分の財政状態や業績を株主や債権者や取引先や社会などに伝えることができます。

また、報告することで、企業は自分の信用や評判や競争力などを高めることができます。

報告する方法としては、財務諸表や有価証券報告書やCSR報告書(社会的責任報告書)などの文書を作成して公開します。

財務諸表とは、企業の財政状態や業績を示す表で、損益計算書や貸借対照表やキャッシュフロー計算書などがあります。

有価証券報告書とは、企業が株式市場に上場するために提出する報告書で、財務諸表のほかに経営方針やリスク要因や内部統制などについても記載します。

CSR報告書(社会的責任報告書)とは、企業が社会に対して果たしている役割や貢献について報告する文書で、環境や人権や倫理などに関する情報も含みます。

 

以上がアカウンティングの基本的な考え方と目的です。

アカウンティングは、企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告することで、企業の経営を助ける重要なツールです。

次の章では、アカウンティングの最も重要な成果物である財務3表の概要と関係性について学びます。

 

財務3表の概要と関係性 〜企業の財政状態と業績を把握するための重要な資料〜

財務3表の概要と関係性 〜企業の財政状態と業績を把握するための重要な資料〜

前章では、アカウンティングの基本的な考え方と目的について学びました。

アカウンティングは、企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告することです。

そして、アカウンティングの最も重要な報告物が財務3表です。

財務3表とは、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書のことです。

これらの表は、企業の財政状態や業績を示す重要な資料です。

では、それぞれの表はどのような内容を表しているのでしょうか?

また、それぞれの表はどのように関係しているのでしょうか?

この章では、財務3表の概要と関係性について簡単に学びます。

詳しくは次章以降で詳しく説明いたします。

 

損益計算書

損益計算書は、企業がある期間において、収入や支出や利益を発生させたかを示す表です。

個人で説明すれば年収のことを言います。

収入から支出を引いたものが利益です。

利益が正なら黒字で、負なら赤字です。

 

貸借対照表

貸借対照表は、企業がある時点において、資産や負債や純資産を持っているかを示す表です。

個人で説明すれば、ある時(例今年の4月1日)の貯金額や自動車や家の資産価値や借金を表した表を言います。

資産とは価値のあるもので、負債とは支払う義務で、純資産とは所有する価値です。

資産は負債と純資産に分けられます。

 

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、企業がある期間において、現金が増えたり減ったりしたかを示す表です。

個人で言えば今年のうちに現金が増えたり減ったりしたことを示します。

損益計算書と貸借対照表は、マイホームや自動車購入時のローンの審査の際に作成する場合がありますが、キャッシュフロー計算書は個人で作成する人は非常に少ないのが現状です。

なぜならば、現金は企業にとって最も重要な資源です。

現金の増減は営業活動や投資活動や財務活動によって決まります。

 

さて、財務諸表3表はは互いに関係しています。

例えば、損益計算書で発生した利益は純資産に加算されます。

貸借対照表で増減した資産や負債はキャッシュフロー計算書で現金の流れとして反映されます。

キャッシュフロー計算書で発生した現金の増減は貸借対照表で現金や預金として表示されます。

財務3表は、企業の財政状態や業績を把握するための重要な資料です。

次の章では、損益計算書の読み方と作り方について学びます。

 

損益計算書の読み方と作り方 〜売上や費用、利益などを計算する方法とポイント〜

損益計算書の読み方と作り方 〜売上や費用、利益などを計算する方法とポイント〜

前章では、財務3表の概要と関係性について学びました。

財務3表とは、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書のことです。

これらの表は、企業の財政状態や業績を示す重要な資料です。

この章では、損益計算書の読み方と作り方について学びます。

損益計算書とは、企業がある期間において、収入や支出や利益を発生させたかを示す表です。

損益計算書を読むことで、企業の業績や収益性を把握することができます。

 

損益計算書の読み方

損益計算書には主に以下の項目があります。

  • 売上高:商品やサービスを販売したことによって得られた収入です。
  • 売上原価:商品やサービスを生産するためにかかった支出です。
  • 売上総利益:売上高から売上原価を引いたものです。商品やサービスを販売することで得られる利益です。
  • 販売費及び一般管理費:商品やサービスを販売するためにかかった支出や、経営するためにかかった支出です。
  • 営業利益:売上総利益から販売費及び一般管理費を引いたものです。本業である商品やサービスの生産や販売によって得られる利益です。
  • 営業外収益:本業以外で得られる収入です。例えば、投資収入や雑収入などです。
  • 営業外費用:本業以外でかかる支出です。例えば、利子費用や損失処理費用などです。
  • 経常利益:営業利益に営業外収益を足し、営業外費用を引いたものです。通常の経営活動によって得られる利益です。
  • 特別利益:特別な事情で得られる収入です。例えば、固定資産の売却益や保険金などです。
  • 特別損失:特別な事情でかかる支出です。例えば、固定資産の減損損失や災害損失などです。
  • 税引前当期純利益:経常利益に特別利益を足し、特別損失を引いたものです。その期間において発生させた利益の総額です。
  • 法人税等:税金として支払うお金です。
  • 当期純利益:税引前当期純利益から法人税等を引いたものです。その期間において手元に残った利益です。

損益計算書を読むときには、以下の点に注意しましょう。

  • 損益計算書は、ある期間における企業の収入や支出や利益の流れを示す表です。そのため、損益計算書は期間を明示する必要があります。例えば、2023年4月1日から2024年3月31日までの損益計算書というようにです。
  • 損益計算書は、売上高から順に各項目を引いていくことで、最終的に当期純利益を求める表です。そのため、損益計算書は縦型と呼ばれる形式で作成されます。縦型とは、各項目を縦に並べて表示することです。
  • 損益計算書は、企業の業績や収益性を評価するために使われる表です。そのため、損益計算書にはさまざまな指標や比率が用いられます。例えば、売上高成長率や営業利益率や当期純利益率などです。これらの指標や比率は、企業の収入や支出や利益の水準や変化や効率などを表すものです。

 

損益計算書の作り方

損益計算書を作るには、以下の手順を踏みます。

  • まず、企業がその期間において発生させた収入や支出や利益を集計します。これらのデータは、企業が日々記録している仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿から取得できます。
  • 次に、集計したデータを損益計算書の各項目に分類します。例えば、商品やサービスを販売したことによって得られた収入は売上高に、商品やサービスを生産するためにかかった支出は売上原価に、税金として支払ったお金は法人税等に入れます。
  • 最後に、各項目の金額を計算します。例えば、売上総利益は売上高から売上原価を引いたものであり、当期純利益は税引前当期純利益から法人税等を引いたものです。

以上が損益計算書の読み方と作り方です。

損益計算書を読むことで、企業の業績や収益性を把握することができます。

次の章では、貸借対照表の読み方と作り方について学びます。

 

 

>>損益計算書(PL)の読み方を解説/初心者向けの企業会計原則・財務諸表はこちら

 

 

貸借対照表の読み方と作り方 〜資産や負債、純資産などを計算する方法とポイント〜

貸借対照表の読み方と作り方 〜資産や負債、純資産などを計算する方法とポイント〜

前章では、損益計算書の読み方と作り方について学びました。

損益計算書とは、企業がある期間において、収入や支出や利益を発生させたかを示す表です。

損益計算書を読むことで、企業の業績や収益性を把握することができます。

この章では、貸借対照表の読み方と作り方について学びます。

貸借対照表とは、企業がある時点において、資産や負債や純資産を持っているかを示す表です。

貸借対照表を読むことで、企業の財政状態や健全性を把握することができます。

 

貸借対照表の読み方

貸借対照表には主に以下の項目があります。

  • 資産:企業が所有する価値のあるものです。例えば、現金や預金や売掛金や棚卸資産や土地や建物や機械や車両などです。
  • 負債:企業が支払う義務や責任です。例えば、買掛金や借入金や未払金や社債や退職給付負債などです。
  • 純資産:企業が所有する価値です。例えば、資本金や資本剰余金や利益剰余金などです。

 

貸借対照表は以下の式で表されます。

 

資産 = 負債 + 純資産

 

この式は、企業が持っている価値のあるもの(資産)は、それを誰に返さなければならないか(負債)と、それを誰が所有しているか(純資産)に分けられるということを意味します。

貸借対照表を読むときには、以下の点に注意しましょう。

  • 貸借対照表は、ある時点における企業の資産や負債や純資産の残高を示す表です。そのため、貸借対照表は時点を明示する必要があります。例えば、2024年3月31日現在の貸借対照表というようにです。
  • 貸借対照表は、左側に資産を、右側に負債と純資産を並べて表示する表です。そのため、貸借対照表は横型と呼ばれる形式で作成されます。横型とは、各項目を横に並べて表示することです。
  • 貸借対照表は、企業の財政状態や健全性を評価するために使われる表です。そのため、貸借対照表にはさまざまな指標や比率が用いられます。例えば、流動比率や自己資本比率や固定比率などです。これらの指標や比率は、企業の資産や負債や純資産の水準や構成や安全性などを表すものです。

 

貸借対照表の作り方

貸借対照表を作るには、以下の手順を踏みます。

  • まず、企業がその時点において持っている資産や負債や純資産を集計します。これらのデータは、企業が日々記録している仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿から取得できます。
  • 次に、集計したデータを貸借対照表の各項目に分類します。例えば、現金や預金は流動資産に、買掛金や借入金は流動負債に、資本金や利益剰余金は純資産に入れます。
  • 最後に、各項目の金額を計算します。例えば、流動資産は現金や預金や売掛金などを足したものであり、純資産は資本金や資本剰余金や利益剰余金などを足したものです。

 

以上が貸借対照表の読み方と作り方です。

貸借対照表を読むことで、企業の財政状態や健全性を把握することができます。

次の章では、キャッシュフロー計算書の読み方と作り方について学びます。

 

 

>>【初心者向け】貸借対照表・バランスシート(BS/balance sheet)とははこちら

 

 

キャッシュフロー計算書の読み方と作り方 〜現金の流れを分析する方法とポイント〜

⑥キャッシュフロー計算書の読み方と作り方 〜現金の流れを分析する方法とポイント〜

前章では、貸借対照表の読み方と作り方について学びました。

貸借対照表とは、企業がある時点において、資産や負債や純資産を持っているかを示す表です。

貸借対照表を読むことで、企業の財政状態や健全性を把握することができます。

この章では、キャッシュフロー計算書の読み方と作り方について学びます。

キャッシュフロー計算書とは、企業がある期間において、現金が増えたり減ったりしたかを示す表です。

キャッシュフロー計算書を読むことで、企業の資金繰りや収支バランスを把握することができます。

 

キャッシュフロー計算書の読み方

キャッシュフロー計算書には主に以下の項目があります。

  • 営業活動によるキャッシュ・フロー:企業が本業である商品やサービスの生産や販売によって得られる現金の流れです。例えば、売上金の回収や仕入れ代金の支払いなどです。
  • 投資活動によるキャッシュ・フロー:企業が将来の収益を得るために行う資産の購入や売却によって発生する現金の流れです。例えば、土地や建物や機械などの固定資産の購入や売却や、他社への出資や回収などです。
  • 財務活動によるキャッシュ・フロー:企業が資金調達や資金返済によって発生する現金の流れです。例えば、借入金や社債などの借入や返済や、株式などの発行や買い戻しや、配当や利子などの支払いなどです。
  • 現金及び現金同等物期首残高:その期間の始めに持っていた現金や現金に近いものです。例えば、現金や預金や小切手などです。
  • 現金及び現金同等物期末残高:その期間の終わりに持っている現金や現金に近いものです。
  • 現金及び現金同等物の増減額:その期間における現金及び現金同等物の増加分または減少分です。これは、営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローと財務活動によるキャッシュ・フローを合計したものです。

 

キャッシュフロー計算書を読むときには、以下の点に注意しましょう。

  • キャッシュフロー計算書は、ある期間における企業の現金の増減を示す表です。そのため、キャッシュフロー計算書は期間を明示する必要があります。例えば、2023年4月1日から2024年3月31日までのキャッシュフロー計算書というようにです。
  • キャッシュフロー計算書は、現金及び現金同等物の増減額を求めるために、営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローと財務活動によるキャッシュ・フローを計算する表です。そのため、キャッシュフロー計算書は直接法と間接法という2種類の方法で作成されます。直接法とは、各活動における現金の受け取りや支払いを直接集計する方法です。間接法とは、損益計算書や貸借対照表から現金の受け取りや支払いを間接的に推定する方法です。
  • キャッシュフロー計算書は、企業の資金繰りや収支バランスを評価するために使われる表です。そのため、キャッシュフロー計算書にはさまざまな指標や比率が用いられます。例えば、営業キャッシュ・フロー比率や自由キャッシュ・フローなどです。これらの指標や比率は、企業の現金の生成能力や余裕度や安定度などを表すものです。

 

キャッシュフロー計算書の作り方

キャッシュフロー計算書を作るには、以下の手順を踏みます。

  • まず、企業がその期間において発生させた現金の受け取りや支払いを集計します。これらのデータは、企業が日々記録している仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿から取得できます。
  • 次に、集計したデータをキャッシュフロー計算書の各項目に分類します。例えば、売上金の回収は営業活動によるキャッシュ・フローに、土地や建物などの固定資産の購入は投資活動によるキャッシュ・フローに、借入金や社債などの借入は財務活動によるキャッシュ・フローに入れます。
  • 最後に、各項目の金額を計算します。例えば、営業活動によるキャッシュ・フローは現金の受け取りから支払いを引いたものであり、現金及び現金同等物の増減額は営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローと財務活動によるキャッシュ・フローを合計したものです。

以上がキャッシュフロー計算書の読み方と作り方です。

キャッシュフロー計算書を読むことで、企業の資金繰りや収支バランスを把握することができます。

次の章では、財務3表を使った分析と評価について学びます。

財務比率や指標を用いて企業の健全性や収益性を判断する方法とポイントについて学びます。

 

 

>>キャッシュ・フロー計算書(CF)とは?/初心者向けに会計の基礎知識と管理・読み方を解説

 

 

財務3表を使った分析と評価 〜財務比率や指標を用いて企業の健全性や収益性を判断する〜

財務3表を使った分析と評価 〜財務比率や指標を用いて企業の健全性や収益性を判断する〜

前章までに、財務3表の読み方と作り方について学びました。

財務3表とは、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書のことです。

これらの表は、企業の財政状態や業績を示す重要な資料です。

この章では、財務3表を使った分析と評価について学びます。

財務比率や指標を用いて企業の健全性や収益性を判断する方法とポイントについて学びます。

 

財務比率と指標とは

財務比率とは、財務3表から得られる数値を比較したり割合にしたりしたものです。

例えば、売上高成長率や営業利益率や自己資本比率などです。

財務比率は、企業の業績や収益性や健全性などを評価するために使われます。

指標とは、財務3表から得られる数値そのものです。

例えば、売上高や営業利益や純資産などです。

指標は、企業の規模や成長力や資産価値などを評価するために使われます。

財務比率と指標は、それぞれ以下のような特徴があります。

  • 財務比率は、企業間や業界間での比較が容易です。同じ単位で表されるため、規模の違いに影響されません。
  • 指標は、企業の実態や動向が分かりやすいです。具体的な金額で表されるため、変化の大きさや方向がわかります。

 

PICKUPキャリコン

財務比率と指標の種類と計算方法

財務比率と指標は、それぞれ以下のような種類があります。

 

業績・収益性に関する財務比率と指標

企業がどれだけ利益を生み出しているかを示すものです。

例えば、売上高成長率や営業利益率や当期純利益率などです。

 

資産・効率性に関する財務比率と指標

企業がどれだけ資産を有効に活用しているかを示すものです。

例えば、総資産回転率や固定資産回転率や在庫回転率などです。

 

負債・健全性に関する財務比率と指標

企業がどれだけ借金に依存しているかを示すものです。

例えば、自己資本比率や流動比率や固定比率などです。

 

現金・資金繰りに関する財務比率と指標

企業がどれだけ現金を生み出しているかを示すものです。

例えば、営業キャッシュ・フロー比率や自由キャッシュ・フローなどです。

 

財務比率と指標の計算方法は、以下のようになります。

 

売上高成長率

(当期の売上高 – 前期の売上高) / 前期の売上高 × 100

 

営業利益率

営業利益 / 売上高 × 100

 

当期純利益率

当期純利益 / 売上高 × 100

 

総資産回転率

売上高 / 総資産

 

固定資産回転率

売上高 / 固定資産

 

在庫回転率

売上原価 / 平均在庫

 

自己資本比率

純資産 / 総資産 × 100

 

流動比率

流動資産 / 流動負債

 

固定比率

固定負債 / 純資産

 

営業キャッシュ・フロー比率

営業活動によるキャッシュ・フロー / 売上高 × 100

 

自由キャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フロー −投資活動によるキャッシュ・フロー

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

梶山優子(かじやまゆうこ)

個人相談は下記からも申込可能

【社会人】8,800円/1回(税込)
 
【社会人】24,200円/3回(税込)
 
【社会人】38,500円/5回(税込)
 
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

財務比率と指標の分析と評価の方法とポイント

財務比率と指標を分析と評価するには、以下の方法とポイントがあります。

 

時系列分析

同じ企業の過去の財務比率や指標を比較することで、その企業の変化や傾向を分析する方法です。

例えば、売上高成長率が年々上昇している場合は、その企業の市場拡大や競争力向上などを示すことができます。

 

横断分析

異なる企業や業界の財務比率や指標を比較することで、その企業の相対的な位置づけや強みや弱みを分析する方法です。

例えば、自己資本比率が同業他社よりも低い場合は、その企業の借金依存度が高く、財務的に不安定であることを示すことができます。

 

目標値分析

あらかじめ設定した目標値や基準値と財務比率や指標を比較することで、その企業の達成度や問題点を分析する方法です。

例えば、流動比率が1.5以上であることを目標値として設定した場合は、その企業の流動性が十分であるかどうかを判断することができます。

 

 

以上が財務3表を使った分析と評価についてです。

財務比率や指標を用いて企業の健全性や収益性を判断する方法とポイントについて学びました。

 

アカウンティング関連書籍一覧

アカウンティング関連サイト一覧

 

アカウンティング入門/財務3表(B/S:P/L:C/F)をマスターするための一冊のまとめ

アカウンティング入門/財務3表(B/S:P/L:C/F)をマスターするための一冊のまとめ

このページでは、アカウンティングの基本的な考え方と目的、財務3表の概要と関係性、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書の読み方と作り方、財務比率や指標を用いた分析と評価について学びました。

これらの内容を振り返り、アカウンティングの基本的な知識とスキルを確認することができます。

アカウンティングとは、企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告することです。

アカウンティングは、企業の経営者や株主や債権者や従業員や社会などに対して、企業の財政状態や業績を正確に伝えるために必要なものです。

アカウンティングは、企業の経営判断や戦略立案にも役立ちます。

財務3表とは、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書のことです。

これらの表は、企業の財政状態や業績を示す重要な資料です。

損益計算書は、企業がある期間において収入や支出や利益を発生させたかを示す表です。

貸借対照表は、企業がある時点において資産や負債や純資産を持っているかを示す表です。

キャッシュフロー計算書は、企業がある期間において現金が増えたり減ったりしたかを示す表です。

損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書の読み方と作り方は、それぞれ以下のようになります。

  • 損益計算書は、売上高から順に各項目を引いていくことで、最終的に当期純利益を求める表です。そのため、損益計算書は縦型と呼ばれる形式で作成されます。
  • 貸借対照表は、左側に資産を、右側に負債と純資産を並べて表示する表です。そのため、貸借対照表は横型と呼ばれる形式で作成されます。
  • キャッシュフロー計算書は、現金及び現金同等物の増減額を求めるために、営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローと財務活動によるキャッシュ・フローを計算する表です。そのため、キャッシュフロー計算書は直接法と間接法という2種類の方法で作成されます。

財務3表を使った分析と評価は、財務比率や指標を用いて行います。

財務比率とは、財務3表から得られる数値を比較したり割合にしたりしたものです。

指標とは、財務3表から得られる数値そのものです。財務比率と指標は、それぞれ以下のような種類があります。

  • 業績・収益性に関する財務比率と指標:企業がどれだけ利益を生み出しているかを示すものです。
  • 資産・効率性に関する財務比率と指標:企業がどれだけ資産を有効に活用しているかを示すものです。
  • 負債・健全性に関する財務比率と指標:企業がどれだけ借金に依存しているかを示すものです。
  • 現金・資金繰りに関する財務比率と指標:企業がどれだけ現金を生み出しているかを示すものです。

財務比率と指標を分析と評価するには、以下の方法とポイントがあります。

  • 時系列分析:同じ企業の過去の財務比率や指標を比較することで、その企業の変化や傾向を分析する方法です。
  • 横断分析:異なる企業や業界の財務比率や指標を比較することで、その企業の相対的な位置づけや強みや弱みを分析する方法です。
  • 目標値分析:あらかじめ設定した目標値や基準値と財務比率や指標を比較することで、その企業の達成度や問題点を分析する方法です。

以上がアカウンティング入門/財務3表(B/S:P/L:C/F)をマスターするための一冊のまとめです。

学んだ内容を振り返り、アカウンティングの基本的な知識とスキルを確認することができました。

アカウンティングは、企業の経済活動を数字で記録し、管理し、報告することです。

アカウンティングは、企業の経営者や株主や債権者や従業員や社会などに対して、企業の財政状態や業績を正確に伝えるために必要なものです。

アカウンティングは、企業の経営判断や戦略立案にも役立ちます。

このページを読んで、アカウンティングに興味を持ったり、理解を深めたりした方は、ぜひさらに学習を進めてください。

アカウンティングは、あなたのビジネススキルやキャリアに大きく貢献するでしょう。

サイトマップはこちら