高卒会社員が人気企業へ転職したい場合の面接準備ポイント

[記事公開日]2019/04/18
[最終更新日]2020/08/26
高卒会社員

「面接」という事は、基本的な採用の手順を考えれば履歴書・職務経歴書などの提出が終わり応募種類審査は終了している訳ですので、経歴についての評価は得たという事になります。その「経歴」についての評価を得たという事については、まず経歴に自信を持って面接に臨みましょう。

ただ、転職採用の応募者が多い人気企業の採用試験もあります。

応募者が多い採用試験の場合は、書類選考を通過しても、そこからさらに競争を勝ち抜かなくてはならない訳ですので、緊張感を維持したままで、決して油断しないようにすることが大切です。

書類選考を通過した事には自信を持ち自己肯定感を高め、面接対策をしっかりとと準備し面接に臨むようにしましょう。

では、具体的にどういったスタイルで面接に挑めばよいのでしょうか?

わかりやすく説明させていただきます。

一つだけでも何かが”光る”人材

hikaru転職採用の応募者が多い人気企業へ転職する時は「平凡な人材」では、多くの転職応募者の中の一人になってしまいます。

応募者が多い人気企業の場合は、企業側は面接後に当然、採用会議を行います。

採用会議で面接時に「平凡な人材」であった場合には「○○さんはどうでした?」という質問を採用会議出席者が言ったとしても、採用会議出席者の誰も「良かった」と言ってくれることはないでしょう。

つまり「平凡な人材」では、面接を勝ち残り次の面接や採用というゴールまで進むことは出来ないのです。

しっかりとした考えを持ち、何か光るものを持っている人材だと人事採用面接担当者が感じられるように、自分という商品を人事採用面接担当者にアピールすることが重要です。

その為には、自分自身のヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、テクニカルスキルを認識し、自己理解を深めてから面接に臨むようにしましょう。


個性的でありながらバランスのとれた人材

tenshokusha応募者数が多い人気企業へ応募する時は、非常に厳しい競争を勝ち抜かなくてはなりません。

その中に先ほどお伝えした通り、何かが光る人材でなければなりません。

それは、他の応募者の中に埋もれてしまわないような個性です。

しかし、この個性には注意が必要です。

「個性が強い人」は「我が強い人」という印象につながりやすい傾向にあります。

「我の強さ」は強烈なアピールにつながる反面、チームワークを乱すという印象になり、仕事においてチームワークを乱す人間となってしまうのではないかという面で、面接の際に評価されないのはお分かりいただけると思います。

転職者の場合は特に、上司や同僚、先輩、後輩など周囲と協調できるかどうかが重要となってきます。また、管理職として転職する場合は、部下を差配できる力量など「バランス感覚」が問われてきます。

個性的で光るモノを持ってはいるが、その個性を周囲と上手に融合させることが出来る応募者が、確実に面接を通り次の面接へ、そして、採用というゴールへたどり着けるのです。


面接の日までに整理しておくべき事・すべき事

転職理由を考える

tenshokuriyu転職理由はよく整理しておきましょう。面接の際にはほぼ聞かれる事柄であるので必ず考えておきましょう。

前職の愚痴や不満に意識を向けるのではなく、面接を受ける企業でやりたい事やれる事を考えるとスムーズに整理できます。つまり、過去の経験を活かして未来に向かってどのように進むかです。

自分の思いをよく整理して、じっくりとその思いに向き合うと、「志望動機」や「今後の夢」など面接で必須の質問への回答もみつかると思います。

提出書類を再チェックしましょう

履歴書に書いている志望動機と面接時に話した志望動機の内容で違っていたら、面接官に良い印象はもたれません。つまり、履歴書に書いた内容を覚えておかないと面接時に違った志望動機を面接官に伝えてしまいます。

履歴書・職務経歴書を提出する前には必ずコピーし、提出後もチェックできるようにしましょう。

よくある質問の回答の準備をしましょう

mensetujunbi面接でよく聞かれる質問はネットなどで調べて準備をしておきましょう。

また、志望動機などの必ず聞かれる質問だけではなく、聞かれるであろう質問への回答の準備もしておけば面接の時に落ち着いていられるでしょう。

企業の下調べと面接場所や企業への下見をしましょう

志望動機にも役立ち、面接の際にも企業研究のアピールにもつながりますので企業の下調べを行いましょう。転職者の中途採用の場合は、特に経営方針やどのような人材を募集しているのかどうかを把握して面接に臨むと良いでしょう。

面接までの日にちが少ない場合でも、企業のHPは必ず見ておきましょう。

企業のHPはしっかりとした情報が掲載されている場合が多くありますので、通勤の電車内などでも良いのでしっかりと読み込んでおきましょう。

また、面接当日に道に迷って遅れる事は、当然の事ながらマイナス評価に繋がります。交通機関が遅れても間に合うような時間設定をするように注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

高卒会社員が人気企業へ転職したい場合の面接準備ポイントでした。

自己理解を深めて、面接の際に何かが光る人材という事をアピールできるようになっていただければ幸いです。

 

この記事はキャリアコンサルタントドットネット運営事務局が作成

当サイトは、国家資格キャリアコンサルタントに無料でキャリア(仕事)相談ができる”みんなの相談、有料相談希望者向けやセミナー講師を探しておられる総務、人事担当者向けに、「地域」「相談方法」「セルフキャリアドック制度」等から検索できる”キャリコン・サーチ等のキャリアに役立つサービスを提供しています。

正規雇用、非正規雇用の現職労働者のみではなく、休業者や失業者の就業希望者はもちろん、就職活動やアルバイトの労働問題を抱えている学生まで、全ての”はたらく人”の問題解決をサポートしキャリコンと社会を繋ぐためのポータルサイトです。

「相談したい」キャリアコンサルタントを探す

「相談する前に」キャリコンの選び方・探し方
「無料相談」みんなのキャリア相談

お勧め記事

サイトマップはこちら