求人応募に必要な履歴書・職務経歴書・添え状の書き方【高卒者向け】 | キャリアコンサルタントドットネット

求人応募に必要な履歴書・職務経歴書・添え状の書き方【高卒者向け】

[記事公開日]2019/04/13
[最終更新日]2020/08/26
3点の書類

高校を卒業して働きだした人が転職を考えた時の悩み事は、大卒で働きだした人と違い、一般的な就職活動の仕方がわからない点ではないでしょうか?

特に企業側に提出した書類については、高校を卒業して働きだして就職活動をした人の場合、学校が間に入り先生の指示で書類を書いただけなので、詳しくはわからない人が多いのではないでしょうか?

という事で、高卒の人が転職をする際の第一ステップである応募書類である履歴書、職務経歴書、添え状を書く際に注意するべき点をわかりやすく説明させていただきます。

活躍中の国家資格キャリアコンサルタント(CC)

kokubu-chihiro-cc-S

  • 国分智優(こくぶちひろ)CC
    https://career-cc.net/profile/kokubu-chihiro/
  • プロフィール
    立教大学現代心理学部卒業。
    自らの幅広い職務経験を生かし、職種・業種を変えたい方や、悩みを軽減させ今の会社で働き続けたい方のカウンセリングを行います。
    職種では、販売職、事務職、管理部門(人事、経理、広報等)を経験。
    会社は、小売製造業の一部上場企業、特許法律事務所、コンサルタント会社を経験。
  • 相談可能地域
    埼玉県/東京都/神奈川県
  • 相談の方法
    「直接面談」
    「ウェブ・オンライン相談/電話相談」
soudan-banners

履歴書・職務経歴書・添え状の3点書類とは?

転職とは簡単に言えば、自分自身という商品を企業に売り込む営業と同じです。

その営業という転職活動をする中で、履歴書・職務経歴書・添え状の3点は非常に重要な書類です。

履歴書・職務経歴書・添え状は自分自身のパンフレットだと思ってください。

その自分自身のパンフレットである履歴書・職務経歴書・添え状を合わせて活用してこそ、転職という営業活動は成功するのです。

そして、これは一枚よりも二枚などという枚数で熱意を伝えるというようなものではありません。履歴書には履歴書の役割が、職務経歴書には職務経歴書の役割が添え状には添え状の役割がありますので、それぞれの役割を分かりやすく説明いたします。

活躍中の国家資格キャリアコンサルタント(CC)

tanaka-ryouichi-cc-s

  • 田中良一(たなかりょういち)CC
    https://career-cc.net/profile/tanaka-ryouichi/
  • プロフィール
    キャリコン歴17年、キャリアコンサルタント資格取得後、NPO法人を設立、キャリコンスキル向上と多くの皆さんにキャリア形成の相談をしてきました。
    企業では、技術者、管理、人材育成と人事・採用・面接を経験しました。現在は、職業教育に携わっています。
    企業内キャリア、転職、就職等の相談に対応します
  • 相談可能地域
    埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県
  • 相談の方法
    「直接面談」
    「セミナー/講師」
soudan-banners

履歴書

履歴書履歴書は自分自身の経歴、能力、知識、性格、希望職種など人生の総資産を、簡潔にアピールするための大切なツールとなります。

人事採用担当者は、履歴書を確認する事により履歴書に書かれているあなた自身の人材としての価値を様々な角度から総合的に判断する手掛かりとして、この履歴書を大変重要視しています。

ただ、履歴書の用紙はJISで定められておりスペースは限られています。その限られているスペースでは、あなたの財産であるキャリアを企業側の人事採用担当者に十分に伝えることはできません。

即戦力として人員を確保する事が目的とされる中途採用の場合には、あなた自身のキャリアを専門的知識・専門的技術も含めて詳しく伝えて、実績をアピールするすることが出来るスペースとして、次の職務経歴書があります。

履歴書についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご確認ください

職務経歴書

職務経歴書高卒の人が転職する際に大事とされる書類として、履歴書と同時に職務経歴書があります。

職務経歴書は基本的に自由な書式で定められたものがない為、プレゼン能力や書類作成が得意な人にとって有利な反面、苦手な人にとっては不利になる事があります。

しかし、職務経歴書の例などがありますので、参考にして作成するようにしましょう。

人事採用担当者は職務経歴書を見る事で、その人がどのような経験を積んで、どのような実績をあげてきたか、いわざその人のスキルや知識・ノウハウ、職業人としての成長過程を訴えるものですから、味方によっては履歴書以上に重い意味をもつ文書であるという事も言えます。

人事採用担当者は転職者を採用する計画の場合は、即戦力として期待をしている訳です。

その人材が企業側の採用ニーズに合っている人材であるかどうかを見定める重要な手掛かりとして、職務経歴書は欠くことができない書類とも言えます。

また、大学卒などの新卒が就職する際に提出するエントリーシートという書類がありますが、転職者の場合には職務経歴書がエントリーシートの代わりであるとも言われています。

履歴書だけではわからない、応募者であるあなたの適正を書類の段階で少しだけでも判断できるように提出するのです。

企業側の応募要項などを確認し、企業側が知りたいと思われる具体的な仕事内容や実績について詳しく説明することが重要なのです。

職務経歴書の書き方など詳しくはこちらをご確認ください

添え状

履歴書と職務経歴書については自分自身をアピールするために重要なことだという事はお分かりいただけると思いますが、添え状なしで履歴書と職務経歴書のみを封筒に入れて送付するのは事務的な印象を与えるだけでなく、失礼です。

添え状が入っているかいないかで、常識のある社会人なのか、礼儀正しい人なのかという印象を与えて、人事採用担当者に気持ちよく履歴書、職務経歴書を読んでもらうことができます。

応募書類として義務付けられているものではないのですが、添え状を一枚入れるだけでも、企業側の人事採用担当者に志望の熱意伝わります。

また、履歴書と職務経歴書に書くことが出来なかった部分をアピールする自己PRとしても活用する方法もあるので添え状は入れた方が良いでしょう。

たった一枚ですがされど一枚です。

少しでも利用価値があることは実践すべきです。

ただ、敬称のつけ方や、高飛車な態度に見えないように文章に十分注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

高卒で働きだして人にとっては多くの事が未経験もしくは、覚えていない事ばかりではないでしょうか?

そんな忘れていた人の少しでもお役に立つことができたのならば幸いです。

 

この記事はキャリアコンサルタントドットネット運営事務局が作成

当サイトは、国家資格キャリアコンサルタントに無料でキャリア(仕事)相談ができる”みんなの相談、有料相談希望者向けやセミナー講師を探しておられる総務、人事担当者向けに、「地域」「相談方法」「セルフキャリアドック制度」等から検索できる”キャリコン・サーチ等のキャリアに役立つサービスを提供しています。

正規雇用、非正規雇用の現職労働者のみではなく、休業者や失業者の就業希望者はもちろん、就職活動やアルバイトの労働問題を抱えている学生まで、全ての”はたらく人”の問題解決をサポートしキャリコンと社会を繋ぐためのポータルサイトです。

「相談したい」キャリアコンサルタントを探す

「相談する前に」キャリコンの選び方・探し方
「無料相談」みんなのキャリア相談

お勧め記事

サイトマップはこちら