カントリーアナリシスフレームワークで外部環境分析しグローバル展開を成功させる | キャリアコンサルタントドットネット

カントリーアナリシスフレームワークで外部環境分析しグローバル展開を成功させる

[記事公開日]2023/04/06
[最終更新日]2023/05/08
カントリーアナリシスフレームワークで外部環境分析しグローバル展開を成功させる

ビジネスフレームワークとは、ビジネスの現場で用いられる共通の考え方、分析ツール、思考の枠組みのことです。

ビジネスフレームワークを使うことで仕事の能率が高くなり、また他人に説明する際にも共通の言葉を使うことができます。

そんなビジネスフレームワークは多くありますが、今回はグローバル展開を成功させたいビジネスマン向けに、カントリーアナリシスフレームワークをわかり易く説明いたします。

 

カントリーアナリシスフレームワークとは?

カントリーアナリシスフレームワークとは?カントリーアナリシスフレームワークは、ある国のビジネス外部環境を分析するための考え方です。

この考え方を使うことで、ある国でビジネスを行う上でのリスクやチャンスを把握することができます。

ハーバード大学のジェームス・オースティンが唱えた枠組みです。

この考え方は、以下の4つの要素から構成されています。

  • 社会的な要因
  • 技術的な要因
  • 経済的な要因
  • 政治的な要因

それではこの4つの要因について詳しく説明いたします。

社会的な要因

社会的な要因は、その国の文化や価値観、人々の考え方などが含まれます。

技術的な要因

技術的な要因は、その国で使われている技術や、その技術がどのように発展しているかなどが含まれます。

経済的な要因

経済的な要因は、その国の経済状況や、その国でのビジネスに関する法律などが含まれます。

政治的な要因

政治的な要因は、その国の政治状況や、政府がどのようにビジネスに関与しているかなどが含まれます。

 

カントリーアナリシスフレームワークの日本での例について

カントリーアナリシスフレームワークの日本での例についてそれでは、カントリーアナリシスフレームワークの具体的な例を見ていきましょう。

繰り返しますがカントリーアナリシスフレームワークは、ある国のビジネス外部環境を分析するための考え方です。

この考え方を使うことで、ある国でビジネスを行う上でのリスクやチャンスを把握することができます。

例えば、日本でビジネスをする場合、以下のようなことが考えられます。

社会的な要因の具体例

日本では、家族や友人とのつながりが大切にされています。また、礼儀やマナーが重要視されています。

技術的な要因の具体例

日本では、高度な技術力を持っている企業が多くあります。また、ロボット技術やAI技術なども発展しています。

経済的な要因の具体例

日本は、GDPが大きく、世界有数の経済大国です。また、ビジネスに関する法律も整備されています。

政治的な要因の具体例

日本は、政治的に安定しており、政府がビジネスに関与することは少ないです。

 

カントリーアナリシスフレームワークのメリット

カントリーアナリシスフレームワークのメリットカントリーアナリシスフレームワークのメリットは、以下のようになります。

  • 外部環境を分析することで、ビジネス戦略を立てる際に必要な情報を収集することができます。
  • 他社との差別化を図るために、自社の強みや弱みを把握することができます。
  • 世界中のビジネス環境を把握することができるため、グローバル展開に必要な情報を収集することができます。
  • リスクマネジメントに役立ちます。外部環境の変化に対応するために、事前に情報を収集し、対策を考えることができます。

 

カントリーアナリシスフレームワークのデメリット

カントリーアナリシスフレームワークのデメリットカントリーアナリシスフレームワークのデメリットについては、情報収集のための時間と労力が必要であることを覚えておく必要があります。

また、外部環境の変化に対応するために、事前に情報を収集し、対策を考えることが必要であるため、時間的な制約がある場合には使用しづらいかもしれません。

しかし、どのような場合であっても時間と労力は必要で外部環境の変化に対応する必要はあります。そのため、デメリットと言えないかもしれません。

 

カントリーアナリシスフレームワークを使ったビジネス戦略について

カントリーアナリシスフレームワークを使ったビジネス戦略についてカントリーアナリシスフレームワークは、ある国のビジネス外部環境を分析する際に役立つフレームワークです。

このフレームワークを使用することで、ビジネス戦略を立てる上で必要な情報を収集することができます。

例えば、ある国の政治的・経済的・社会的・技術的な状況を分析し、その国のビジネス環境に適した戦略を考えることができます。

ただし、このフレームワークを使用する際には、情報収集のための時間と労力が必要であることを覚えておく必要があります。

 

カントリーアナリシスフレームワークを使う際の注意点

カントリーアナリシスフレームワークを使う際の注意点カントリーアナリシスフレームワークを使う際の注意点としては、ビジネス外部環境の分析に必要な情報を収集することが重要であり、そのためには、正確な情報源を使用することが必要です。

昨今では、どのような情報にも偽情報が多く出回っておりますので情報源が正確なのかどうかのチェックを必ず行うようにしましょう。

他にも以下のようなものがあります。

  • 情報源の偏りに注意すること
  • 情報源の古さに注意すること
  • 情報源の言語に注意すること

どのような情報にもバイアスが働いていることを認識しながら、可能な限り新しい情報をみつけ、外国語が日本語訳されている場合にも注意しましょう。

 

PICKUPキャリコン

カントリーアナリシスフレームワークの具体的な使い方について

カントリーアナリシスフレームワークの具体的な使い方についてそれではここでは、カントリーアナリシスフレームワークの使い方について説明します。

まず、分析したい国を選びます。

次に、パフォーマンス、戦略、コンテキストの3つの要素について、データや情報を収集します。

データや情報は、国連や世界銀行などの公的機関や、新聞や雑誌などのメディアから入手できます。

収集したデータや情報をもとに、3つの要素の特徴や傾向を分析します。

分析する際には、他の国と比較したり、時間的な変化を追ったりすることが有効です。

分析した結果をまとめて、その国のビジネス外部環境の強みや弱み、機会や脅威を把握します。

また、その国でビジネスを展開する際に留意すべき点や対策を考えます。

まとめると以下の手順に従うことが重要です。

  • 分析する国を選択する
  • 国のビジネス外部環境を分析するために必要な情報を収集する
  • 収集した情報を分類し、重要性を評価する
  • 分析結果をまとめ、ビジネス戦略に反映させる

 

カントリーアナリシスフレームワークを使用する際に必要な情報源について

カントリーアナリシスフレームワークを使用する際に必要な情報源についてそれでは、繰り返しお伝えしている情報源の正確性ですが、どのような情報源を利用すれば良いのでしょうか?

カントリーアナリシスフレームワークを使用する際に必要な情報源は、以下のようなものがあります。

  • 国内外のニュースサイト
  • 国内外の政府機関のウェブサイト
  • 国内外の統計データを提供する機関のウェブサイト
  • 国内外の企業情報を提供する機関のウェブサイト

 

他のフレームワーク(PEST分析等)との違いについて①

他のフレームワーク(PEST分析等)との違いについて①カントリーアナリシスフレームワークと他のフレームワークとの違いについて説明します。

カントリーアナリシスフレームワークは、ある国のビジネス外部環境を分析する際に役立つフレームワークですが、他にも同様の目的で使われるフレームワークがあります。

その中でも、よく知られているものがPEST分析です。

PEST分析とは、政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)という4つの要素から、自社を取り巻くマクロ環境を分析するフレームワークです。

カントリーアナリシスフレームワークとPEST分析の違いは、以下の点にあります。

  • カントリーアナリシスフレームワークは、ある国に特化した分析を行うのに適していますが、PEST分析は、国や地域を問わずに広くマクロ環境を分析するのに適しています。
  • カントリーアナリシスフレームワークは、パフォーマンス、戦略、コンテキストの3つの要素に注目しますが、PEST分析は、政治、経済、社会、技術の4つの要素に注目します。このため、カントリーアナリシスフレームワークは、その国が採用している政策や制度、価値観などの戦略的な側面や、その国の歴史や地理、文化、宗教などの背景的な側面を重視しますが、PEST分析は、その国や地域における政治的・経済的・社会的・技術的な変化や動向を重視します。
  • カントリーアナリシスフレームワークは、その国のビジネス外部環境の強みや弱み、機会や脅威を把握し、その国でビジネスを展開する際に留意すべき点や対策を考えることを目的としていますが、PEST分析は、自社に影響を与えるマクロ環境の要因を洗い出し、それらが現在もしくは将来にどのような影響を与えるかを把握・予測することを目的としています。

以上がカントリーアナリシスフレームワークとPEST分析の違いです。

どちらも外部環境を分析する際に有用なフレームワークですが、使う場面や目的に応じて使い分けることが重要です。

 

PEST分析の事例について

PEST分析の事例についてPEST分析については、以下のような事例があります。

  • アパレル業界では、新型コロナウイルスの影響で政治的に規制が強化されたり、経済的に消費が減少したりする脅威がありますが、社会的にはオンラインショッピングやリユースの流行などの機会があります。
    技術的には、AIやIoTなどの活用で顧客ニーズに応えることができます。
  • 飲食業界では、女性をターゲットにした定食屋の場合、政治的には食品安全や衛生管理などの法律や条例に注意する必要があります。
    経済的には、景気や消費動向に左右されることが多いです。社会的には、女性の働き方やライフスタイルの変化などに対応することが重要です。
    技術的には、デリバリーやテイクアウトなどのサービスを提供することで競争力を高めることができます。
  • 製造業では、オフィス機器を製造している企業の場合、政治的には環境保護や省エネなどの規制に対応する必要があります。
    経済的には、為替や原材料価格などの変動に注意する必要があります。
    社会的には、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが普及し、オフィス機器の需要が減少する脅威があります。
    技術的には、AIやIoTなどの新技術を活用してオフィス機器の機能や性能を向上させることで機会をつかむことができます。

 

他のフレームワークとの違いについて②

他のフレームワークとの違いについて②PEST分析以外にも、よく使われるフレームワークとして、以下のものが挙げられます。

 

 

5フォース分析

自社が置かれている業界の競争状況を分析するフレームワークです。

競合の脅威、新規参入の脅威、代替品の脅威、売り手の交渉力の脅威、買い手の交渉力の脅威という5つの要因から、業界の収益性や魅力度を評価します。

 

3C分析

自社が参入する市場や顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)という3つの要素を分析するフレームワークです。

自社の強みや弱み、競合との差別化要因、市場や顧客のニーズなどを把握し、事業戦略を立てる際に役立ちます。

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

梶山優子(かじやまゆうこ)

個人相談は下記からも申込可能

【社会人】8,800円/1回(税込)
 
【社会人】24,200円/3回(税込)
 
【社会人】38,500円/5回(税込)
 
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

SWOT分析

自社の内部環境から強み(Strength)と弱み(Weakness)を、外部環境から機会(Opportunity)と脅威(Threat)を分析するフレームワークです。

これら4つの要素をマトリックスにまとめて、自社の現状や将来性を評価し、戦略に活用します。

 

どれも有用なフレームワークですが、使う場面や目的に応じて使い分けることが重要です。

 

ビジネスフレームワーク(カントリーアナリシスフレームワーク等)関連書籍一覧

 

カントリーアナリシスフレームワーク関連サイト一覧

 

カントリーアナリシスフレームワークで外部環境分析しグローバル展開を成功させるのまとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

カントリーアナリシスフレームワークで外部環境分析しグローバル展開を成功させるでした。

カントリーアナリシスフレームワークが、あなたのビジネスのグローバル展開に少しでもお役に立てたならば幸いです。

サイトマップはこちら