プラットフォームサービスの特徴とは?/リアルなサービス例で理解しやすい | キャリアコンサルタントドットネット

プラットフォームサービスの特徴とは?/リアルなサービス例で理解しやすい

[記事公開日]2023/04/07
[最終更新日]2023/05/08
プラットフォームサービスの特徴とは?/リアルなサービス例で理解しやすい

最近では当たり前のように聞かれるようになった言葉「プラットフォーム」ですが、鉄道会社でも「プラットフォーム」がありますので、勘違いされている方も多いはずです。

鉄道のプラットフォームとは、鉄道駅において、旅客の列車への乗降、または貨物の積み下ろしを行うために線路に接して設けられた台であり、英語で「Platform」と呼ばれています。日本語では「プラットホーム」または「乗降場」とも呼ばれます。

プラットホームは、駅の構造物の一部であり、駅員や乗客が安全に乗降できるように設計されています。

しかし、最近よく聞く「プラットフォーム」はこの鉄道用語のプラットフォームとは違い、IT用語で利用されている「プラットフォームサービス」のことです。

今回はこのIT用語の「プラットフォームサービス」をわかりやすく説明いたします。

 

プラットフォームとは何か

プラットフォームとは何かプラットフォームとは、他の企業や個人が自分たちのビジネスを展開するために利用する基盤となるシステムやサービスのことを指します。

例えば、アプリケーションストア、SNS、ECサイトなどが挙げられます。

プラットフォームは、多くの場合、自社で提供するサービスとは異なり、第三者が提供するサービスを受け入れることで成り立っています。

プラットフォームは、多くの場合、ユーザーにとって便利である一方で、プラットフォームを提供する企業にとっては、競合他社からの攻撃や規制当局からの監視などのリスクが伴います。

 

プラットフォームの種類

プラットフォームの種類プラットフォームには、コンピュータにおけるプラットフォームや、ビジネスにおけるプラットフォームなど、様々な種類があります。

ここでは、ビジネスにおけるプラットフォームの種類について説明します。

ビジネスにおけるプラットフォームの種類は、以下のように分類されます。

 

マッチングプラットフォーム

マッチングプラットフォームマッチングプラットフォーム マッチングプラットフォームは、需要と供給をマッチングすることで、新しい市場を創造するビジネスモデルです。

代表的な例としては、UberやAirbnbが挙げられます。

Uberは、ドライバーと乗客をマッチングすることで、新しい市場を創造しました。

Airbnbは、宿泊施設の提供者と利用者をマッチングすることで、新しい市場を創造しました。

 

トランザクションプラットフォーム

トランザクションプラットフォームトランザクションプラットフォーム トランザクションプラットフォームは、取引を仲介することで、市場を形成するビジネスモデルです。

代表的な例としては、Amazonや楽天市場が挙げられます。

Amazonは、商品の販売者と購入者をマッチングすることで、新しい市場を創造しました。

楽天市場も同様に、商品の販売者と購入者をマッチングすることで、新しい市場を創造しました。

 

インテグレーションプラットフォーム

インテグレーションプラットフォーム

インテグレーションプラットフォーム インテグレーションプラットフォームは、複数のサービスを統合することで新しい価値を提供するビジネスモデルです。

代表的な例としては、LINEが挙げられます。

LINEは、メッセージアプリや決済サービスなど複数のサービスを提供しており、それらを統合することで新しい価値を提供しています。

 

イノベーションプラットフォーム

イノベーションプラットフォーム

イノベーションプラットフォーム イノベーションプラットフォームは、新しい技術やアイデアを提供することで、新しい市場を創造するビジネスモデルです。

代表的な例としては、Appleが挙げられます。Appleは、iPhoneやiPadなどの製品によって新しい市場を創造しました。

 

データプラットフォーム

データプラットフォーム

データプラットフォームは、膨大なデータを収集・分析し、新しい価値を生み出すビジネスモデルです。

代表的な例としては、GoogleやFacebookが挙げられます。

 

コミュニティプラットフォーム

コミュニティプラットフォーム

コミュニティプラットフォームは、共通の趣味や関心事を持つ人々が集まり、情報交換や交流を行うビジネスモデルです。

代表的な例としては、TwitterやFacebookグループが挙げられます。

 

サプライチェーンプラットフォーム

サプライチェーンプラットフォームサプライチェーンプラットフォームは、複数の企業が参加し、物流や情報の共有を行うビジネスモデルです。

代表的な例としては、Amazonや楽天市場が挙げられます。

 

オープンイノベーションプラットフォーム

オープンイノベーションプラットフォームオープンイノベーションプラットフォームは、企業内部だけでなく、外部のパートナーとも協力して新しい技術やアイデアを生み出すビジネスモデルです。

代表的な例としては、IBMが挙げられます。

 

 

プラットフォームの歴史

プラットフォームの歴史プラットフォームとは、主にIT企業が展開するインターネットサービスのことで、個人や企業などのプレイヤーが参加することではじめて価値を持ち、また参加者が増えれば増えるほど価値が増幅するものです。

プラットフォームビジネスは何世紀も前から存在しており、現代のプラットフォーム設計者は、歴史の中で培われた知見を活かしています。

また、コンピュータにおけるプラットフォームとは、主にオペレーティングシステム(OS)やハードウェアといった基礎部分を指すものです。

 

プラットフォームのビジネスモデル

プラットフォームのビジネスモデルプラットフォームビジネスは、複数のグループのニーズを仲介することによってグループ間の相互作用を喚起し、その市場経済圏を作る産業基盤型のビジネスモデルです。

例えば、UberやAirbnbなどがプラットフォームビジネスの代表的な例です。

プラットフォームビジネスは、自社で提供するサービスとは異なり、第三者が提供するサービスを受け入れることで成り立っています。

プラットフォームビジネスには、以下のようなビジネスモデルがあります。

 

手数料課金モデル

手数料課金モデルは、プラットフォーム上で取引が行われた場合に手数料を取る方法です。

 

広告収入課金モデル

広告収入課金モデルは、プラットフォーム上で広告を掲載して収益を得る方法です。

 

フリーミアム課金モデル

フリーミアム課金モデルは、基本的な機能は無料で提供し、追加機能については有料で提供する方法です。

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

山﨑博美(やまさきひろみ)

個人相談は下記からも申込可能

オンライン相談、電話相談
お一人一回50分/15,000円(税抜)
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

サブスクリプション課金モデル

サブスクリプション課金モデルは、定期的に利用料金を支払ってもらう方法です。

 

プラットフォームの成功事例

プラットフォームの成功事例プラットフォームビジネスの成功事例としては、以下のようなものがあります。

  • Microsoftが開発したOS「Windows」
  • LINE
  • Uber
  • Airbnb
  • Amazon

それぞれの成功事例には、独自のビジネスモデルや戦略があります。

例えば、Uberは、自社で車を保有することなく、ドライバーをマッチングすることで、タクシー業界を変革しました。

また、Airbnbは、個人が所有する宿泊施設を提供することで、ホテル業界に対抗しました。

これらの成功事例から学ぶことは多いです。

ただし、プラットフォームビジネスは競争が激しく、成功するためには独自性や差別化が必要です。

 

プラットフォームの失敗事例

プラットフォームの失敗事例プラットフォームの失敗事例には、以下のようなものがあります。

  • プラットフォームのビジネスモデルが不明確である
  • ユーザー数が増えず、プラットフォームが成立しない
  • ユーザー数が増えすぎて、プラットフォームが混乱する
  • ユーザーの信頼性が低く、プラットフォームに悪影響を与える

例えば、日本のECサイト「楽天市場」は、プラットフォームとしては成功していますが、その一方で「楽天オークション」は失敗に終わりました。

その理由としては、ユーザー数が少なかったことや、競合他社と比較して機能が劣っていたことなどが挙げられます。

プラットフォームビジネスは競争が激しく、成功するためには独自性や差別化が必要です。

そのためには、顧客ニーズを把握しやすくするためのデータ活用や、独自のサービスや技術の提供が必要です。

 

プラットフォームの未来

プラットフォームの未来プラットフォームの未来については、以下のようなものが考えられます。

  • AI技術の進化により、プラットフォームがより顧客ニーズを把握しやすくなる
  • ブロックチェーン技術の進化により、プラットフォームがより安全で信頼性の高いものになる
  • プラットフォームが提供するサービスが多様化し、顧客ニーズに合わせたサービスが提供されるようになる

例えば、AI技術を活用したプラットフォームとしては、Amazon Goが挙げられます。

Amazon Goは、AI技術を活用して、顧客が商品を取り出したことを自動的に検知し、自動的に決済することができます。

また、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォームとしては、ビットコインが挙げられます。

ビットコインは、ブロックチェーン技術を活用して、取引履歴を公開することで、取引の透明性を高めています。

プラットフォームビジネスは競争が激しく、成功するためには独自性や差別化が必要です。

そのためには、顧客ニーズを把握しやすくするためのデータ活用や、独自のサービスや技術の提供が必要です。

今後もAI技術やブロックチェーン技術などの進化に注目し、プラットフォームビジネスの発展に貢献していきたいです。

 

プラットフォームビジネスの独自性や差別化

プラットフォームビジネスの独自性や差別化プラットフォームビジネスの独自性や差別化については、以下のようなものがあります。

  • 顧客との接点を増やすことで、顧客ニーズを把握しやすくする
  • データを活用して、新しいビジネスモデルを創出する
  • 独自のサービスや技術を提供することで、競合他社と差別化する

プラットフォームビジネスは競争が激しく、成功するためには独自性や差別化が必要です。

そのためには、顧客ニーズを把握しやすくするためのデータ活用や、独自のサービスや技術の提供が必要です。

 

PICKUPキャリコン

プラットフォームとプライバシー

プラットフォームとプライバシープラットフォームとプライバシーには、現代社会において非常に重要な問題です。

デジタルプラットフォームビジネスにおけるプライバシー関連規制及び通信の秘密に関する論点があります。

オンライン行動の分析アプローチの変化と、それを受けたアナリティクスの指標と機能の変化についても考える必要があります。

情報・通信システム事業関連部門には「パーソナルデータ責任者」と「プライバシー保護諮問委員会」を配置し、プライバシー保護方針や規則、具体的なルールのもとで体系的にプライバシー保護対策に取り組んでいます。

 

プラットフォームとセキュリティ

プラットフォームとセキュリティプラットフォームとセキュリティについては、現代社会において非常に重要な問題です。

情報がデジタル化されICTが普及した現代においては、セキュリティへの意識はより一層大切なものになりました。

Microsoft プラットフォーム上の重要なリソースとデータを保護するのに役立つ組み込みの Microsoft のセキュリティ機能についても詳しく見ることができます。

クラウドセキュリティを正しく理解し、リスク対策をしっかり講じた上でクラウドサービスを利用できるようになりましょう。

 

プラットフォームと規制

プラットフォームと規制特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律が成立し、大規模なプラットフォームを運営するIT企業など、いわゆるプラットフォーマーを規制する法律が施行されました。

金融ビジネスのプラットフォーム化は不可避の流れであり、事業者は当然のことながら規制当局にも時代に即した実効性の高い新たな規制の実行が求められています。

 

 

プラットフォームの関連書籍一覧

 

プラットフォームの関連サイト一覧

 

プラットフォームサービスの特徴とは?/リアルなサービス例で理解しやすいのまとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

プラットフォームサービスの特徴とは?/リアルなサービス例で理解しやすいでした。

最近ではGAFAMと呼ばれるプラットフォーマーの成長も鈍化していると言われています。

今だからこそ新しいビジネス展開のチャンスかも知れません。

あなたのビジネスに少しでもお役に立てたのならば幸いです。

サイトマップはこちら