新卒就職からはじめての転職準備の前~アラフォー世代編~ | キャリアコンサルタントドットネット

新卒就職からはじめての転職準備の前~アラフォー世代編~

[記事公開日]2019/04/14
[最終更新日]2020/08/26
アラフォーの転職準備の前

新卒で就職してから働いているアラフォー世代で

  • 新卒で就職をして長いこと働いてきた。そろそろアラフォーだし「今」転職しないと年齢的にも難しくなってくるなんて事を聞いた事がある。そろそろ自分の人生を一回落ち着いて考えてみるか。」
  • 新卒で就職した会社で15年~25年くらい長い間ずっと働いてきて、すでにアラフォーだ。しかし、よく考えれば、自分はこんな仕事をしたかった訳じゃない。
  • 管理職になってから、ストレスばかりで耐えられない!もう無理だ!転職しようかな?
  • 残りの仕事人生半分か!このままの仕事でいいのかな?
  • したい仕事が見つかった!
  • 夢を叶えたい!

と、考えて人生の転機に差し掛かったいる方も多いのではないでしょうか?

ただ、現代の日本は戦後の「年功序列」「企業別労働組合」も崩れつつあり、「終身雇用」も同じです。

同時に人口減少や人手不足も起こっており求人募集は決して少ないわけではありません。それは、アラフォー世代であっても同じです。

ただ、新卒とアラフォー世代の転職を考える場合の違いは、家族がいる、親の介護をしなければならないなど自分以外の方の生活を支えなければならない点ではないでしょうか?

だからこそ、しっかりとして転職活動(転職するかしないではなく転職をしようかと考える行為を含む)をしないと人生を後悔する事になってしまうかもしれません。

そんな、新卒で就職以来、始めて転職をしたいと考えているアラフォー世代のあなたにも出来る、転職の準備をわかりやすくご説明いたします。

※新卒就職からはじめての転職準備~アラフォー世代編~はこちら

40才前後に考えなければならないこと

40才前後とは様々なことで変化が起こります。体力の低下や食生活の変化などなど仕事以外でも変化は多く起こります。

そんな40才前後の変化をユングは、「人生の正午」という言葉で説明しています。ユングは臨床心理学の分野で広く認知されているスイスの心理療法家です。

ユングは、人の一生を前半と後半に分けて考えました。

その前半と後半を分ける正午を年齢で言えば40才くらいだとしたのです。

いまのアラフォー世代の年齢あたりの事を言います。つまり、アラフォー世代のあなたは人生の前半から後半への折り返し地点に差し掛かろうとしているのです。

活躍中の国家資格キャリアコンサルタント(CC)

kokubu-chihiro-cc-S

  • 国分智優(こくぶちひろ)CC
    https://career-cc.net/profile/kokubu-chihiro/
  • プロフィール
    立教大学現代心理学部卒業。
    自らの幅広い職務経験を生かし、職種・業種を変えたい方や、悩みを軽減させ今の会社で働き続けたい方のカウンセリングを行います。
    職種では、販売職、事務職、管理部門(人事、経理、広報等)を経験。
    会社は、小売製造業の一部上場企業、特許法律事務所、コンサルタント会社を経験。
soudan-banners

午前と午後の違いとは

正午を境目に人生の前半と後半はユングは違うと説明しています。

活躍中の国家資格キャリアコンサルタント(CC)

suzuki-yoshie-cc

  • 鈴木恵枝(すずきよしえ)CC
    https://career-cc.net/profile/suzuki-yoshie/
  • プロフィール
    経済産業省に長年勤務し、多様な産業界のカルチャーを知り、その知識を基盤に「ヒト」に頂点を当てたコンサルタントとして起業し、株式会社マルション・アンサンブル(共に歩む)の代表となる。
    働く人の面談を通じ、それぞれが持つ課題・お悩みに寄り添い、イキイキとした自分らしい人生の創出のお手伝いしております。
soudan-banners

人生の午前

ライフステージ2「人生の前半」は主に対外的なことに力を注ぐと考えています。

それが「学ぶこと」「愛すこと」「働くこと」です。

学生時代に勉強をして、就職をしてからも先輩たちから教えてもらい一生懸命働き、恋を経験し愛する人を見つけて結婚して子どもを育てて家庭を持っていくなどです。

この対外的なことが「前半」のすべきことなのです。

これは、アラフォー世代で、自分の人生を思い出してもらえればわかるのではないでしょうか?

 

人生の午後

そして、これからの人生の後半は、自分らしくあることを実現していく時期だと言っています。

そして、この自分らしくあることを実現してく過程が「個性化」です。

人生前半でやり残したこと、心の片隅へおいやっていたことに自己洞察を深めて、かけがえのない自分になっていく事なのです。

一般的に人生の正午を迎えたアラフォー世代の方は、さまざまな衰えや残り時間の少なさを実感して不安を感じてきます。これまで積み重ねてきたもの、育んできたものを収穫し、より意識的に自己実現に向けて具体的なライフキャリア形成を考慮するという特徴があります。

 

人生の午後に実現すべき「個性化」とは?

ライフステージ人生が前半から後半にさしかかり、人生の転機が訪れていくアラフォー世代が自分の人生の後半に実現したい「個性化」とはどのような事でしょうか?

  • 家族と過ごす時間をもっと作りたい
  • 仕事でとにかく出世したい
  • 趣味のゴルフが上手になりたい
  • 世の中の為に自分の経験を伝えたい

などで、これは当然ですが人それぞれ違います。

それは、人生の前半の課題「対外的なことに力を注いだ時」の「学ぶこと」「愛すこと」「働くこと」で経験した事で価値観がそれぞれ違うからです。

ひとそれぞれ違うので、どれが正解という事はありません。そして、自分以外の人と比較したり否定・批判したりする事でもありません。

人それぞれが違うので「あの人がこれだから自分もそうなんだろう」ではなく、「自分の人生の前半をゆっくりしっかりと振り返ってみて考えてみるべきこと」であり自分でしかわからないことなのです。

人生の午後に実現すべき「個性化」がわかり定める事が出来れば、アラフォー世代の転職も怖いことはありません。

まとめ

アラフォー世代で転職を考えたというだけでも、人生で大きな転機を迎えているのだと思います。

人生を有意義なものにする為に、仕事があるのではないでしょうか?そんな人生を有意義にする為には賃金や待遇など上辺だけで転職を考えるよりも、人生の午後の課題を考えて転職活動をしてみてはいかがでしょうか?

しっかり準備をして、あなたの人生にプラスになるような転職を目指してみてください。

 

この記事はキャリアコンサルタントドットネット運営事務局が作成

当サイトは、国家資格キャリアコンサルタントに無料でキャリア(仕事)相談ができる”みんなの相談、有料相談希望者向けやセミナー講師を探しておられる総務、人事担当者向けに、「地域」「相談方法」「セルフキャリアドック制度」等から検索できる”キャリコン・サーチ等のキャリアに役立つサービスを提供しています。

正規雇用、非正規雇用の現職労働者のみではなく、休業者や失業者の就業希望者はもちろん、就職活動やアルバイトの労働問題を抱えている学生まで、全ての”はたらく人”の問題解決をサポートしキャリコンと社会を繋ぐためのポータルサイトです。

「相談したい」キャリアコンサルタントを探す

「相談する前に」キャリコンの選び方・探し方
「無料相談」みんなのキャリア相談

お勧め記事

サイトマップはこちら