心療内科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧め | キャリアコンサルタントドットネット

心療内科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧め

[記事公開日]2021/09/29
[最終更新日]2021/10/03
no-psychosomatic-medicine

疲れているあなたはこんなことが多くなっていませんか?

  • 「何だか最近疲れていない?」そんなことを周りから言われるようになった。
  • 「少し様子がおかしいよ。病院の心療内科に行った方が良いんじゃないか?」と言われる。
  • 仕事が忙しく食事も取れないし、何もする気が起きない。
  • 寝つきが悪い。眠れない。寝る時間が少ない。
  • 死ぬことを考えることがある。

このような方はきっとメンタル(心)が疲れています。

メンタルヘルスは非常に重要なことなのですが、社会一般的にはまだ認識されていないのが実情です。

また、病院や精神科には抵抗がある方も多いはず。そんな方の為に精神科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧めをわかりやすく説明致します。

 

心療内科について

心療内科について心療内科は、医療機関の診療科の一つです。

心療内科は、「心の病」「メンタルヘルス」などを診療とする専門医です。

心療内科の医師は、内科医です。

心療内科と同様の対象としている診療科は他にも、「精神科」「精神神経科」「神経科」「神経内科」など多くあります。

それでは、「精神科」「精神神経科」「神経科」「神経内科」はどのような診療科なのかを見ていきます。

 

精神科・精神神経科・神経科

治療対象:精神疾患全般

医師:精神科医

神経内科

治療対象:ALS、筋ジストロフィーなどの難治性の神経の病気

医師:神経を専門とする内科医

 

心療内科について

心療内科が身近に感じることが出来る理由残念ながら現代の日本において、「心の病」などに関する偏見はないという事は出来ません。

また、随分と昔の話ですが、日本医師会の会長だった武見太郎氏が日本の精神病院経営者のことを「牧畜業者と同じだ」と批判したことがあるように、精神科医療関係の印象が良いとは言えないのが現状です。この事から精神科や神経科など昔からある科の受診には抵抗がある人が多いのが実情です。

そんな中で心療内科が誕生しました。

心療”内科”とある通り、心療内科が対象としている本来の病気は内科の病気です。

例えば、ストレスが原因の過敏性腸症候群などです。

もう少しわかりやすく説明しますと、「心が受けた変化(ストレス)が原因の体の不調」が治療対象です。

心が受けた変化(ストレス)とは、感情として「嫌なこと(マイナス)」だけではありません。個々人それぞれの心理社会的ストレス全てが含まれます。

例えば、生活習慣、行動様式、性格、考え方の特徴、進学、就職、結婚、離婚、出産、昇進、転職、死別、引っ越し、転勤、環境変化などのライフイベントも含まれます。

結婚は「幸せな事(プラス)」です。自分を愛してくれている配偶者と同じ屋根の下で暮らし帰宅すれば愛しい妻や夫が待っていて「お帰りなさい」と言ってくれる。

このような幸せな光景であっても、今までの生活と”変化する”のは同じです。この”変化する”という部分だけで考えれば「幸せな事(プラス)」も「嫌なこと(マイナス)」も何ら変わりはありません。

昇進し課長になったり、転勤を伴う引っ越しなどは人によって捉え方は「嫌なこと(マイナス)」「幸せなこと(プラス)」それぞれ違います。しかし、”変化する”という面では同じです。

つまり、「嫌なこと(マイナス)」「幸せなこと(プラス)」であっても心は、”変化”にストレスを感じ、それが原因となる体の不調を治療するのが診療内科です。

だからこそ、心療内科は「心の病」「心の不調」などを抱える人にとって身近に感じることが出来る診療科なのです。

 

だけど、心療内科は敷板が高く行きたくない方におすすめ

だけど、心療内科は敷板が高く行きたくない方におすすめ「神経科」「精神科」よりは身近な存在の「心療内科」ですが、まだまだ敷居が高いのが現実ではないでしょうか?

自分が弱ってきているのは理解出来ているけど、病院には行きたくない、このようにもがいている人もたくさんいらっしゃいます。しかし、どうして病院に行きたくないのでしょうか?

  • まだ病院の心療内科を受診するほどではないから
  • 病院の心療内科を受診したら、自分が情けなくなるや人生が終わったと思うように感じるから
  • 病院の心療内科はイメージが怪しいし良い噂を聞かないから
  • 病院の心療内科は、受診してしまうと薬を飲まされて薬漬けにされるから
  • 医者になんか自分の弱みを見せたくないから
  • 医者のようなエリートに私の気持ちがわかるはずがないから
  • 医者に話なんか聞いてもらっても何も解決しないから

つまり、根本的に病院、医者は信用できずに怪しいという考えがあり、そんな病院を受診するのに抵抗があるという結論です。

「今の自分の状態は、今までの自分とは何かが違う。だから、どうにかしたいだけど病気ではないと思いたい。」そんな気持ちの方も多いはずです。

 

「悩み」の相談はキャリアコンサルタントへがお勧めの理由

「悩み」の相談はキャリアコンサルタントへがお勧めの理由そんな方にお勧めなのがキャリアコンサルタントへの相談です。

キャリアコンサルタントは国家資格でキャリアに関する相談を専門にしています。

ひとりひとり違う「はたらく力」をサポートすることをお約束し、悩みは一緒に解決、キャリア形成は全力で支援いたします。

ただ、相談内容は働くことだけという訳ではありません。

例えば、働いていれば給料面が気になります。給料は生活環境に直結します。生活とは子育て、介護など生活すべてが含まれます。

つまり、キャリアコンサルタントは働く人だけではなく、生活しているすべての方のすべての相談を承っているのです。

 

キャリアコンサルタントの選び方

キャリアコンサルタントの選び方では、キャリアコンサルタントをどのように選べばよいのでしょうか?

医師や弁護士にも専門分野あるようにキャリアコンサルタントにも専門分野があります。また、専門ではなくても得意分野などもあります。また、相談内容によっては、性別でキャリアコンサルタントを選ばれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時に活躍するのが「キャリコン・サーチ」です。

キャリコン・サーチでは下記のような要件で検索することが可能です。

  • フリー検索
  • 対応可能エリア
  • 性別
  • 対応可能領域
  • 個別相談方法
  • 対応可能業務
  • 取り扱い分野・得意分野
  • その他の条件

新型コロナウイルスの広がりによりweb・オンラインが一般的となりました。これに対応する形で、web・オンライン相談可能な登録キャリアコンサルタントが増加しております。その為、今までよりも増して相談できるキャリコンが増加しています。

この機会に一度キャリアコンサルタントを検索して相談してみてはいかがでしょうか?

キャリコン・サーチ(キャリアコンサルタント検索)

 

心療内科関連の書籍一覧

 

心療内科関連サイト一覧

 

心療内科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧めのまとめ

いかがだったでしょうか?

心療内科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧めでした。

心療内科に行こうかと考えている方のお役に立てれば幸いです。

サイトマップはこちら