神経科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧め | キャリアコンサルタントドットネット

神経科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧め

[記事公開日]2021/03/03
[最終更新日]2021/10/03
no-neurology

疲れているあなたはこんなことが多くなっていませんか?

  • 「何だか最近疲れていない?」そんなことを周りから言われるようになった。
  • 「少し様子がおかしいよ。病院の神経科に行った方が良いんじゃないか?」と言われる。
  • 仕事が忙しく食事も取れないし、何もする気が起きない。
  • 寝つきが悪い。眠れない。寝る時間が少ない。
  • 死ぬことを考えることがある。

このような方はきっとメンタル(心)が疲れています。

メンタルヘルスは非常に重要なことなのですが、社会一般的にはまだ認識されていないのが実情です。

また、病院や神経科には抵抗がある方も多いはず。そんな方の為に神経科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧めをわかりやすく説明致します。

 

神経科について

心療内科について神経科は、医療機関の診療科の一つです。

化学的な話をすれば「神経科」と「精神科」とは違うものですが、社会一般的には同様であると解されているのが実情ではないでしょうか?

神経科の医師は精神科医で、精神疾患全般を治療対象としています。

神経科と同様の対象としている診療科は他にも、「精神神経科」「精神科」「神経内科」「心療内科」など多くあります。

また、大型の病院では小児領域専用の「小児神経科」などもあったり近年では細分化され専門分野ごとにわかれてます。

ただし、その反面、開業医では「心療内科・精神科・神経科」などと複数の診療科目を対象にしている医師も多くなっています。その為に、心の悩みをどの科に相談すればよいのかが理解しにくくなっているのが実情です。

他の関連診療科については以下の通りです。

 

精神科・精神神経科

治療対象:精神疾患全般

医師:精神科医

神経内科

治療対象:ALS、筋ジストロフィーなどの難治性の神経の病気

医師:神経を専門とする内科医

心療内科

治療対象:心身症などを中心とした心に起因する内科疾患

医師:内科医

 

神経科について

心療内科が身近に感じることが出来る理由残念ながら現代の日本において、「心の病」などに関する偏見はないという事は出来ません。

また、随分と昔の話ですが、日本医師会の会長だった武見太郎氏が日本の精神病院経営者のことを「牧畜業者と同じだ」と批判したことがあるように、精神科医療関係の印象が良いとは言えないのが現状です。この事から精神科や神経科など昔からある科の受診には抵抗がある人が多いのが実情です。

ただ、昨今ではメンタルヘルス関連の問題が多くなっており「神経科」はもちろん、精神科や心療内科など心の病に関する病気の診療にはひと昔前よりも抵抗が少なくなっています。

 

だけど、神経科は敷板が高く行きたくない方におすすめ

だけど、心療内科は敷板が高く行きたくない方におすすめそんな「神経科」ですが、そんなことは言ってもまだまだ敷居が高く抵抗がある方もいらっしゃるとは思います。

自分がなんだか弱っているのは理解出来ているけど、病院には行きたくない、このようにもがいている人もたくさんいらっしゃいます。

しかし、どうして病院に行きたくないのでしょうか?

  • まだ病院の神経科を受診するほどではないから
  • 病院の神経科を受診したら、自分が情けなくなるや人生が終わったと思うように感じるから
  • 病院の神経科はイメージが怪しいし良い噂を聞かないから
  • 病院の神経科は、受診してしまうと薬を飲まされて薬漬けにされるから
  • 神経科の医者になんか自分の弱みを見せたくないから
  • 神経科の医者のようなエリートに私の気持ちがわかるはずがないから
  • 神経科の医者に話なんか聞いてもらっても何も解決しないから

つまり、根本的に病院(神経科)、医者は信用できずに怪しいという考えがあり、そんな病院(神経科でsがを受診するのに抵抗があるという結論です。

「今の自分の状態は、今までの自分とは何かが違う。だから、どうにかしたいだけど病気ではないと思いたい。」そんな気持ちの方も多いはずです。

 

「悩み」の相談はキャリアコンサルタントへがお勧めの理由

「悩み」の相談はキャリアコンサルタントへがお勧めの理由そんな方にお勧めなのがキャリアコンサルタントへの相談です。

キャリアコンサルタントは国家資格でキャリアに関する相談を専門にしています。

ひとりひとり違う「はたらく力」をサポートすることをお約束し、悩みは一緒に解決、キャリア形成は全力で支援いたします。

ただ、相談内容は働くことだけという訳ではありません。

例えば、働いていれば給料面が気になります。給料は生活環境に直結します。生活とは子育て、介護など生活すべてが含まれます。

つまり、キャリアコンサルタントは働く人だけではなく、生活しているすべての方のすべての相談を承っているのです。

 

キャリアコンサルタントの選び方

キャリアコンサルタントの選び方では、キャリアコンサルタントをどのように選べばよいのでしょうか?

医師や弁護士にも専門分野あるようにキャリアコンサルタントにも専門分野があります。また、専門ではなくても得意分野などもあります。また、相談内容によっては、性別でキャリアコンサルタントを選ばれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時に活躍するのが「キャリコン・サーチ」です。

キャリコン・サーチでは下記のような要件で検索することが可能です。

  • フリー検索
  • 対応可能エリア
  • 性別
  • 対応可能領域
  • 個別相談方法
  • 対応可能業務
  • 取り扱い分野・得意分野
  • その他の条件

新型コロナウイルスの広がりによりweb・オンラインが一般的となりました。これに対応する形で、web・オンライン相談可能な登録キャリアコンサルタントが増加しております。その為、今までよりも増して相談できるキャリコンが増加しています。

この機会に一度キャリアコンサルタントを検索して相談してみてはいかがでしょうか?

キャリコン・サーチ(キャリアコンサルタント検索)

 

神経科関連の書籍一覧

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

古田文子(ふるたふみこ)

個人相談は下記からも申込可能

個人面談/2時間
4,400円(税込)
※打合せ、お見積もり無料
 
メール相談/1カ月
6,600円(税込)
※送信数制限なし
 
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

神経科関連サイト一覧

 

神経科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧めのまとめ

いかがだったでしょうか?

神経科に相談行きたくない・抵抗がある方はキャリアコンサルタントへの相談がお勧めでした。

神経科に行こうかと考えている方のお役に立てれば幸いです。

サイトマップはこちら