《30代後半/女性・母子家庭》コミュニケーション問題があるが昇給し生活を経済的にも楽にしたい | キャリアコンサルタントドットネット

《30代後半/女性・母子家庭》コミュニケーション問題があるが昇給し生活を経済的にも楽にしたい

[相談日]2021/09/22

相談者

ニックネーム:皐月

性別:女性

年齢:30代後半

 

相談内容

コミュニケーションに他の人との違いを感じており、他の人の当たり前や、他の人が納得する事も、意味や理由を知らないと納得できなかったり、相手に、私が意図した事とは違う様に伝わってしまいプライベートで悔しい思いをしたり、仕事に支障がでています。

解決しないと昇給は厳しいらしく、母子家庭で生活していくには、昇給していき生活を経済的にも楽にしたいです。仕事内容は、好きで働きがいがあります。

【困り事】

  • 私が伝えたい事と違う様に相手に伝わってしまい、相手を不愉快にさせたり、私が望まない結果になり、私に取って、マイナスに事柄が進み、相手にとっては都合よく進み、違うと言ったら揉める事がある。(意見の食い違いで最初の子どもを最終的には諦めさせられた事もある。)
  • 相手が、求めた答えを伝えると、そこまで深くは聞いていないと言われる事が度々ある。
  • 心の相談室に無理やり連れて行かれ症状(人間不振等の)が悪化した事がある。
  • 人間関係や、リスカ等をしていて追い詰められていた時に、行った病院で、あなたは自己完結できているから大丈夫。どうしても知りたいなら専門医を紹介すると言われた事があるが、まだ、社会人になる前で、保険証を使うことも躊躇う必要があった為のと、問題解明できないんだという落胆と、当時は保険証に記録を残せない為、全額負担は厳しく経済的理由でそれ一度きりで、そこには通えない。
  • 子どもを妊娠した時に、親戚に公表していない時に、職場情報で私の妊娠を知ったいとこに公表され収束が大変だったのに、私の結婚や妊娠には人格を否定したり、家の人間ではないといった義おばが、自分の子どもには甘く、情報漏えいでは、なんの処罰もなく、その仕事は辞めて今は全く違う県にいる。私は、公的機関に対する信頼をまだとりもどせずにいるのに。私にだけ人と違うからと言う理由で義おばは、祖父が亡くなった後から、祖母が亡くなるまで周りの人が見ていない所で、祖母を罵倒し、偶然私がいるのに気づかずに罵倒している所では、私を散々人と、違うからと祖母に罵倒していた。祖母がなくなると私を守る存在がへり、おば夫婦の私へのあたりが厳しくなった。
  • 人間不振からか、心を許した人以外がプライベートな空間に入るのを拒絶反応出る程嫌う。また、心を許した人と会えない期間が続くと、体調が著しく悪化する。アレルギー反応が出やすくなったり、集団の中にいる時に体調不良になりやすくなったり、トラウマな事を思い出させる事があると真っ青になりガタガタ震えだす事もある。
  • 子どもと一緒に生活し、子どもがいるからがんばって生きている。今のコミュニケーション問題による昇給できない問題を解決して子どもが希望する大学や専門学校進学等、子どもが夢を諦めなくていいようにしたい。

相談に対する回答を、こちらよりお願いたします。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
url欄は定められたurl以外は表示されません。登録キャリコン以外は入力しないでください。

内容に問題なければ、下記の「回答を送信する」ボタンを押してください。

キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談