新型コロナウイルスの就職活動や経済への影響について | キャリアコンサルタントドットネット

新型コロナウイルスの就職活動や経済への影響について

[相談日]2020/04/09

相談者

ニックネーム:ゆかちん

性別:女性

年齢:19

職業:大学生

 

相談内容

コロナ不況はどうなりますか?

大企業に入ろうと思って頑張ってきたのですが、コロナ不況は大企業であっても、もうダメだと感じています。

あれだけ多くの飛行機を持っている全日空(ANA)でさえ危ないと言われていますし、中小企業などはこれからどんどんコロナ倒産していくのだろうと思っています。

じゃあ、どんな企業に入れば安心して働くことが出来るのでしょうか?

 

ちなみに私は地方出身で地方大学に在学中です。

都市でも就職が難しくなってくると思っていますので、地方だと増してだと思うのです。

 

不安しかありません。

人生これからなのに・・・

どうすれば良いでしょうか?

1 件の回答

  • ゆかちんさん、はじめまして。
    キャリアコンサルタントの三原宏一です。

    これから就職を控えている状況で、このコロナ不況。先行きがとても不安になるのは、お気持ちよくわかります。

    ただ、今回の不況でも負けずに頑張っている企業はたくさんありますし、逆に業績を伸ばしている企業もあります。
    例えば、家なか需要が上昇していることによって、任天堂さんの株価はうなぎ登りですよね。

    もう全部ダメだ~ とひとくくりに考えずに、ゆかちんさんの興味のある業種の個別の企業を見てみるようにしてみてはいかがでしょうか。

    あまり悲観的になりすぎないようにすることをお勧めします。

    また、「どんな企業に入れば安心して働くことが出来るのでしょうか?」
    とのお悩みですが、今、新卒で企業に入り、一生その企業で働くというシステム自体が変わりつつあります。

    経団連の中西会長がこう発言していらっしゃいます。

    「終身雇用を前提に企業運営、事業活動を考えることには限界がきている。外部環境の変化に伴い、就職した時点と同じ事業がずっと継続するとは考えにくい。働き手がこれまで従事していた仕事がなくなるという現実に直面している。」

    どんな企業に入っても、絶対安心という保証がなくなりつつあるのだと思います。

    そこで、まずはゆかちんさんの希望する企業に入社して、その企業に万が一のことがあってもいいように、スキルを磨くことを心がけることをお勧めします。

    具体的なスキルとしては、「ポータブルスキル」がよいと言われています。

    「ポータブルスキル」とは、特定の業種・職種などにとらわれない能力のことです。たとえば、決断力や判断力、場に沿った行動が取れる柔軟性などがそれにあたります。

    今後、各企業では特定の業種にこだわらず幅広く活躍できる人材を求めるため、「ポータブルスキル」を重要視した採用活動取り入れるケースが増加していくと考えられます。

    「ポータブルスキル」を持つ社員の場合、能力を発揮できる仕事に制限がなく、どのような分野でも活躍ができる可能性が高いため、就職でも転職でも有利になります。

    ゆかちんさんが不安になるお気持ちはとてもよくわかります。
    不安だけにとらわれず、前を向いて考えられるようになることを願っております。

三原宏一キャリアコンサルタント へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「回答を送信する」ボタンを押してください。

「相談したい」キャリアコンサルタントを探す
「相談する前に」キャリコンの選び方・探し方
「無料相談」みんなのキャリア相談