障碍者雇用と健常者アルバイトのバランスの取り方並びにサービスとのバランスについて | キャリアコンサルタントドットネット

障碍者雇用と健常者アルバイトのバランスの取り方並びにサービスとのバランスについて

[相談日]2019/09/14

相談者

ニックネーム:店長

年齢:44才

性別:男性

職業:公共スポーツ施設指定管理会社の会社員

 

相談内容

公共スポーツ施設の指定管理会社(一般の株式会社)で現場でトップをしています。

指定管理の条件等があり、障碍者雇用枠で1名採用しており4つの部署のようなものがあるのですが受付を担当させています。ただ、受付ですので本人はとても一生懸命仕事をしているのはわかるのですが、苦情などが相次いでおりサービスの低下で悩んでいます。ただ、人件費の関係もあり人数を増やすことは難しいのが現状です。

また、スポーツ施設ですので、利用者の体調不良など万が一のことを考えると他の監視業務は不可能との事で受付業務のみとの本人との面談で決定しました。

また、指定管理の条件として一定時間経過しないと労働者雇用にカウントされない為に、シフトも優先しています。すると、他のスタッフからは「仕事が出来ないのに優先されるなどずるい」「シフトに入れない」と不満が続出しており非常に悩んでおります。

なにか良い対策はありませんでしょうか?

相談に対する回答を、こちらよりお願いたします。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「回答を送信する」ボタンを押してください。

「相談したい」キャリアコンサルタントを探す
「相談する前に」キャリコンの選び方・探し方
「無料相談」みんなのキャリア相談