《33才/女性・自営業》自営業を続けるか再就職するか? | キャリアコンサルタントドットネット

《33才/女性・自営業》自営業を続けるか再就職するか?

[相談日]2021/07/14

相談者

ニックネーム:ももじろう

性別:女性

年齢:33才

 

相談内容

初めてご相談させて頂きます。

33歳、女性、5人家族、子供3人(6歳4歳0歳)

現在、自営業(不動産業、宅建業)をしております。

個人事業主。

トータル4年程の不動産会社勤務後、出産、育児、夫の転勤の為、退職。

在職中に宅建士、FP技能士2級、日商簿記2級の資格を取得。

現在、自営業6年目になります。

自営業を続けるか、再就職をするか、迷っております。

再就職をする事にした場合に備え、資格、経験、知識などを増やしたがいいのではないかと考えております。

小さなことでも良いので、なにかアドバイスを頂きたく、ご相談させて頂きました。

よろしくお願い致します。

1 件の回答

  • ももじろう 様

    はじめまして。キャリアコンサルタントの二森と申します。
    よろしくお願いいたします。

    現在、不動産関連事業を自営されている中で、自営を続けるか就職するかで迷っているというご相談に対して、お答えさせていただきます。今回、就職が選択肢に加わった理由がわからないので何とも言い難いのですが、できうる限りお答えさせていただきます。自営継続か再就職を目指すかについての検討の枠組みをご提供できればと考えています。

    ここまで自営を6年続けてこられたことは相当の評価を受けていいと思います。かなりのご苦労はあったとは思いますが、特にコロナ禍においても自営を継続できる見込みというのはなかなかなものではないでしょうか。その上で、今回再就職をするにあたってのメリットとデメリットをよく把握する必要があると思います。現在3人のお子様もあり、再就職でつまずくと家計に影響を及ぼすことは想像にかたくありません。しかし、そのメリットも当然あります。今回どのような理由で自営から再就職を検討されているのかはわかりまりませんが、一般論から言えば、就職することによって収入が安定することが考えられます。しかしながら、コロナ禍においてはどのような不測の事態が起こるかはわかりません。そういう意味では単純にメリット・デメリットと線を引くのは難しいように思います。しかし、ある程度の両面について把握しておくことは無駄ではないと思います。

    もうひとつ、考えておく必要があります。それは、仮に再就職をする場合、社会的情勢を把握しておくことが必要です。どういうことかというと、就職をしようとしている職種・業種についてどのような社会から、どういうニーズがあるのかです。この社会からというのは業界とも言えます。就職しようとしている仕事について、その業界のニーズや目下の懸案事項など、ある程度の知識を有しておくことが重要なように思います。その業界は全般的に右肩上がりなのか右肩さがりなのか、また、環境的政治的影響を色濃く受けているのかどうかなど、ある程度の情報収集をしておくことは決して無駄ではないと思います。その上で、自分が目指すべき道筋が見えてきたら、今の自分にスキルを身につけるとしたらどのようなものかを考えます。

    このスキルや資格は手段です。そのような手段を行使してどのような目的を果たすのかが重要です。すなわち、主たる目的があって手段があります。その目的をどのように捉えるのかを考えなければなりません。今回再就職を検討されているのはどのような目的からなのかを今一度よく考えてみてください。その目的を達成させるためにはさまざまな手段を複合的に行使していきます。そのひとつが資格やスキルです。現在、いくつかの資格を取得されていますが、就転職界隈で必要とされている専門技能は、業界やその職種によってさまざまです。その企業がおかれている立ち位置によってまったく違ってきます。近年、SDGs(持続可能な開発目標)などの社会的環境的福祉的な視点でさまざまな要請を企業は受けています。また、近年企業経営において従業員に対する労務管理や福利厚生など、社会からの要請は目まぐるしく変化しています。そのようなことを十分に理解したうえで、新しい資格やスキル取得を目指されるのが望ましいと思います。ご自身がどのような方針で今後活動されるのかによって、これらは当然変わってきます。

    ここまでのことを理解していただいたうえで、自営継続と再就職のメリット・デメリット、再就職するうえでのリスクとその回避手段など、十分な検討をすることが賢明なように思われます。現在、自営である程度の収入は確保されているとは思いますので、もし経済的に困窮していないのであれば、上記のようなことを十分にご主人やご家族の方などとも相談をされた上でご決断されても決して遅くはないはずです。資格も知識もただ漫然と増やせばいいというものでもありません。資格や知識、スキルという手段をどのように使うのが重要です。すなわち、そのような武器を身につけたら、今度はその武器を自分はどのように扱うのかを考える必要があります。多くの面接で欠けているのはここの部分です。「私は○○の資格をもっています」では不十分で「この資格を○○のように使いたい」という視点が重要です。そんなことすでに考えているよ、ということでしたら言うまでもないことですが。

    いずれにせよ、ご自身の今後のキャリアについて十分に検討されて無駄ではないと思います。当然、ご家族ともよく話し合われることと思います。それでも、また疑問に思うようなことがありましたら遠慮なく、ご質問ください。ぜひ頑張ってくださいね。

相談に対する回答を、こちらよりお願いたします。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「回答を送信する」ボタンを押してください。

「相談したい」キャリアコンサルタントを探す
「相談する前に」キャリコンの選び方・探し方
「無料相談」みんなのキャリア相談