《34才・既婚女性》社内異動で営業へ/心身ともに疲弊している転職した方が良いのだろうか?

[相談日]2020/10/12

相談者

ニックネーム:もちこ

性別:34才

年齢:女性

 

お勧め記事

相談内容

転職か今のまま会社に残るか悩んでいます。

新卒で人材派遣会社に入社して勤続12年が経ちました。今年の春までは、都内の本社で総務や法務、経営企画等の部署で内勤として働いてきましたが、夫の転勤の都合で関西地域に社内異動を行い、初めての営業職に就きました。

営業の仕事は、取引先や派遣スタッフの間に挟まれることが多く、予想外のトラブルやクレームがあり、心身ともに疲弊してきました。

転職をすべきか、それとも状況に耐えて会社に残るべきかアドバイスを頂きたいと思います。

 

仕事に対するネガティブな気持ち

  • OJTのようなものは無く、いきなり一人で仕事を任されたため、営業の仕事のやり方がそもそも分からない。
  • 取引先や派遣スタッフとのコミュニケーションの取り方が分からない。上司からは正解はない仕事だから、失敗を何度も重ねて、経験を積むしかないと言われている。
  • これまでの会社の対応、前任者の言動などにより、私自身が知り得ない過去のことを取引先や派遣スタッフからきつく責められる。即答出来ず、一旦、預かりたいと言っても、のらりくらりかわしているようで、不誠実と言われる。
  • 業務時間外に派遣スタッフと面談をしたり、会議が入ることが多く、定時で仕事が終わらない。異動前は、残業がほぼ無かった。
  • 社用スマホを貸与されており、休日や業務時間外でも上司や同僚等からメールが入って気が休まらない。

転職を悩む点

  • 社内異動を口利きしていただいた、元上司への恩。
  • 妊娠出産を考えており、年齢的に今から転職をしても育休が取れるまで、他社で1年以上勤務する時間は無いと考えている。

補足

  • 異動前に、関西エリアの上長と面談をした際、営業以外の仕事は無いと言われた。ずっと内勤の仕事しかしたことがなく、営業職が不安と伝えたが30代ならまだチャレンジ出来ると説得され、受け入れた。
  • 家では疲れたり暗い表情をしているようで、夫からは無理して今の仕事をする必要は無いと言われている。また、残業が多く帰りが遅いため、平日はほとんど家事が出来ず、帰宅時間が早い夫に負担が掛かっている。


1 件の回答

  • もちこ 様

    はじめまして。
    まず、現在の営業の仕事をすることになった経緯については、ご主人の転勤による異動ということで、実際にはご自身の意図せぬ形であることは仕方がないのかなと思いました。ただ、もともとは未経験の営業職であってもご自身の中ではなんとかやってみようという前向きな気持ちがあったのではないかと思います。しかしそれが、実際にやってみると思ってたよりも困難な仕事で、今の自分に務まるのかという不安が増大してきたという状況のように見受けられました。そのような状況では、いくら人から頑張れと言われても何をどう頑張ればいいのかわからず、余計に不安などの気持ちが増してくることが予想されます。まずは、ご自身の気持ちの面で、不安な気持ちなどを理解してくれる人に話を聴いてもらうことが重要なように思います。人に話すことでネガティブな気持ちが軽減され、心身の健康の回復がなされるということもありますから、まずはその点は抑えておいたほうがいいでしょうね。

    次に、具体的に現職にとどまるか転職をするかですが、相談内容にも書かれているように、異動の口利きをしてもらったということですが、それはご主人の転勤のためにご自分も転職しなくて済むように社内異動を希望されたということですよね。ところがその職種については営業職しかないと告げられ、ご自分の中で希望する内勤業務を優先するなら転職、社内異動を優先するなら未経験の営業職という選択があったのではないでしょうか。それでご自身では後者を選択された、しかし実際に営業の業務をやってみると思ってたよりも激務で自分につとまるのか不安になってきたということですよね。

    内勤業務と営業とはまったく違う仕事だと思います。特に人材派遣の営業はコーディネーターともいわれているように、派遣先企業と派遣労働者との橋渡しのような仕事であるため、双方の生の声を聴かなくてはならない仕事です。このような仕事はできそうでなかなか難しい仕事です。その人の個人的特性も影響します。ご自分の性格的特性が社交的で機転の利くような感じならなんとかできるかもしれませんが、そうでなければなかなか難しいでしょうね。「ネガティブな気持ち」欄に書かれているようなことは、ある意味そういう職種だと言わざるを得ない面があります。別の見方をすれば、上司から正解がないと言われているように、自分の思うように仕事ができると言えます。それだけ自由度の高い形で裁量を任せられている仕事だとも思えます。そういう仕事がご自分では荷が重いというのなら転職を考えたほうがいいかもしれませんね。

    ただし、「転職を悩む点」にも記載されているように、異動の口利きをしてくれた上司への気持ちも十分に理解できます。せっかく上司の協力をえられたおかげで異動がかなったのにすぐに転職をしてしまうのは、上司に顔向けができないという気持ちも理解できます。それでも、実際にやってみてなんとか自分なりに努力しても無理だと思ったら仕方がないとも私は思います。おそらく上司も、できるだけのことをやってそれでもやっぱり自分には無理だったと誠意をもって話せば、たぶん理解してくれるのではないでしょうか。ただ、妊娠・出産を考えているということですのでそこのところが気がかりです。より具体的な状況をお聞きしたいところですね。

    あくまで一般的にいえば、年齢がいくつになってもチャレンジはできるしキャリアチェンジは可能です。しかし、そこには一人ひとりの個人的特性や環境的背景などが必ず介在してきます。そのような意味で転職もなかなか一筋縄ではいかないということです。できることをしてそれでも無理なら転職もしかたがない。しかし転職そのものが可能なのかどうかという点も重要です。ご主人もいってくれているようにそこまで無理しなくてもいいのではないでしょうか。転職をするとなったらそれはそれでまた精神的負担が増大します。転職できる可能性が高いのであれば別ですが。ご自身の健康が一番です。そのためにもご主人や上司としっかりと相談することが重要です。妊娠・出産を間近に控えているのであれば、何とか努力を続けてできるとこまでやってみる、それでも無理ならご主人も言ってくれているようにそこまで無理しなくてもいいと思います。ご自身の心身の健康が一番大事です。ご自身の健康面に十分注意しながら検討してみてください。

    最後に、個人的見解ですが、転職するか現職に留まるかの選択では、その選択が一番初めにくるのではなく、いつでも転職できるように準備しておくことが最優先であるということです。今のこの時代、何があるかわかりません。どのような会社であってもつぶれてしまう時代です。自分の仕事や会社が安泰という保証はどこにもありません。そのために、そのような事態がいつきてもいいようにしっかりと準備して対策をとっておくことが重要です。仮に、定職についていて、今まったく転職をする意思がなくても、スキルを身に付けるなどの準備をしておくことは今のこの時代では鉄則です。直接的な助言ができずに申し訳ないのですが、まずはご自身の健康第一です。参考になればと思い回答させていただきました。

相談に対する回答を、こちらよりお願いたします。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「回答を送信する」ボタンを押してください。



「相談したい」キャリアコンサルタントを探す
「相談する前に」キャリコンの選び方・探し方
「無料相談」みんなのキャリア相談