3C分析でマーケティング戦略を強化しよう!市場・顧客・競合・自社の状況を把握 | キャリアコンサルタントドットネット

3C分析でマーケティング戦略を強化しよう!市場・顧客・競合・自社の状況を把握

[記事公開日]2023/04/13
[最終更新日]2023/05/10
3C分析でマーケティング戦略を強化しよう!市場・顧客・競合・自社の状況を把握

ビジネスにおいて、市場や顧客、競合、自社の状況を把握し、自社の優位性を構築するために必要なフレームワークがあります。

それが3C分析です。

3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素から分析を行うことで、事業が成功できるか否か、成功要因がどこにあるかを探り出すことのできる分析法です。

3C分析は、マーケティング戦略を立てる際に重要な役割を果たします。

しかし、3C分析は一見簡単そうに見えても、実際には様々なポイントや注意点があります。

また、3C分析だけでは不十分な場合もあります。

3C分析を効果的に活用するためには、どのような方法や工夫が必要なのでしょうか?

3C分析を定期的に行うことで得られるメリットと改善点を振り返り、より効果的に活用するためのポイントをお伝えします。

3C分析に興味のある方はぜひお読みください。

 

Contents

3C分析とは何か? ~基本的な概念とメリットを解説~

3C分析とは何か? ~基本的な概念とメリットを解説~ビジネスにおいて、自社の事業や製品・サービスが市場で成功するためには、どのような戦略を立てるべきでしょうか?

そのためには、自社の状況や市場の動向、競合他社の状況などを正しく把握し、自社の強みや弱み、機会や脅威を明確にする必要があります。

そのような分析を行うための有効なフレームワークのひとつが「3C分析」です。

3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素から分析を行い、自社の優位性を構築するために必要な市場環境を把握する際に役立つフレームワークです。

このフレームワークは、経営コンサルタントの大前研一氏が自著「ストラテジック・マインド」で提唱したもので、広く知られるようになりました。

3C分析の目的は、自社が市場で成功するために必要となる条件や要因を見つけることです。

これらの条件や要因はKSF(Key Success Factors)と呼ばれます。

KSFは競合他社との競争に勝ち、自社の利益追求を成功させるために必須となるものです。

3C分析を行うことによって、市場や顧客のニーズや動向、競合他社の戦略やリソース、自社の保有する資源や強み・弱みなどを詳細に知ることができ、同時に自社が事業成功に導くヒントを得られるのです。

3C分析のメリットは、以下のようなものが挙げられます。

  • 市場や顧客に対する理解を深めることができる
  • 競合他社と比較して自社の強みや差別化ポイントを明確にすることができる
  • 自社が目指すべき方向性や戦略を明確化することができる
  • マーケティング施策や新規事業開発などに活用することができる

以上が3C分析とは何か、その基本的な概念とメリットを解説した内容です。

次章では、3C分析の具体的な方法について紹介します。

 

3C分析の具体的な方法 ~顧客・競合・自社の分析ポイントとツールを紹介~

3C分析の具体的な方法 ~顧客・競合・自社の分析ポイントとツールを紹介~3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの視点からビジネス環境を分析する手法です。

3C分析を行うことで、自社の強みや弱み、競合との差別化ポイント、顧客のニーズや行動などを把握し、効果的なマーケティング戦略を立案することができます。

しかし、3C分析を実践するには、どのようなポイントに注意すべきでしょうか?

また、どのようなツールを使えば効率的に情報収集や分析ができるでしょうか?

ここでは、3C分析の具体的な方法とおすすめのツールを紹介します。

 

市場・顧客(Customer)の分析

市場・顧客(Customer)の分析では、自社がターゲットとする市場や顧客について調査します。

市場や顧客の動向は常に変化しているため、定期的に最新の情報を収集することが重要です。

市場・顧客(Customer)の分析で把握すべき項目は以下の通りです。

  • 市場規模や成長性
  • 顧客層や属性
  • 顧客ニーズや課題
  • 顧客行動や購買プロセス
  • 顧客満足度やロイヤルティ

これらの項目を調査するためには、以下のようなツールが役立ちます。

 

キーワードプランナー

Google AdWords の無料ツールで、検索されているキーワードやその検索ボリュームを調べることができます。

キーワードから市場規模やニーズを推測することができます。

 

 Google アナリティクス

Webサイトのアクセス解析ツールで、サイト訪問者の属性や行動パターンを把握することができます。

サイト訪問者がどんな人たちなのか、どんなページに興味があるか、どんな流れで購入に至るかなどを分析することができます。

 

アンケート調査

既存顧客や見込み顧客に直接質問することで、ニーズや課題、満足度などを聞くことができます。

Google フォームやSurveyMonkey などの無料ツールを使って簡単にアンケートを作成・配信・集計することができます。

 

競合(Competitor)の分析

競合(Competitor)の分析では、自社と同じ市場で競争している他社について調査します。

競合の強みや弱み、戦略や動向を把握することで、自社の差別化ポイントや改善点を見つけることができます 。

競合(Competitor)の分析で把握すべき項目は以下の通りです。

  • 競合企業の数や規模
  • 競合製品やサービスの特徴や価格
  • 競合企業のシェアや成長率
  • 競合企業の強みや弱み
  • 競合企業の戦略や目標
  • 競合企業の新規参入や撤退の可能性

これらの項目を調査するためには、以下のようなツールが役立ちます。

 

WebサイトやSNS

競合企業の公式サイトやSNSアカウントをチェックすることで、製品やサービスの情報や顧客の声、最新のニュースなどを収集することができます。

 

SimilarWe

Webサイトのトラフィック解析ツールで、競合サイトのアクセス数や流入元、滞在時間などを調べることができます。

競合サイトの人気度や集客力を比較することができます。

 

Alexa

Webサイトのランキングツールで、競合サイトの世界ランキングや国別ランキング、関連キーワードなどを調べることができます。

競合サイトの影響力やターゲット層を分析することができます。

 

自社(Company)の分析

自社(Company)の分析では、自社の製品やサービス、組織や人材、財務や業績などについて調査します。

自社の強みや弱み、機会や脅威を把握することで、市場や競合に対する自社の立ち位置や優位性を評価することができます。

自社(Company)の分析で把握すべき項目は以下の通りです。

  • 製品やサービスの特徴や価値
  • 組織や人材の質や能力
  • 財務や業績の状況や動向
  • 自社の強みや弱み
  • 自社の機会や脅威

これらの項目を調査するためには、以下のようなツールが役立ちます。

 

swot分析

自社の強み(strengths)、弱み(weaknesses)、機会(opportunities)、脅威(threats)を四つの要素に分けて分析するツールです。

自社の内部要因と外部要因を整理し、戦略的な判断を下すことができます。

 

バランススコアカード

財務、顧客、内部プロセス、学習と成長の四つの視点から自社の業績を評価するツールです。

目標と実績を数値化し、バランスよく管理することができます。

 

マーケティングミックス

製品(product)、価格(price)、販売促進(promotion)、流通(place)の四つの要素に分けて自社のマーケティング戦略を分析するツールです。

製品やサービスの特徴や価値、顧客への訴求方法、販売チャネルなどを最適化することができます。

 

以上が3c分析の具体的な方法とおすすめのツールです。

3c分析はマーケティング戦略立案に欠かせない基本的な手法ですが、それぞれの項目について深く掘り下げることが重要です。

また、3c分析は一度行ったら終わりではなく、定期的に見直しや更新を行うことが必要です。

市場や競合、自社の状況は常に変化しているからです。

3c分析を有効に活用して、ビジネス環境に応じたマーケティング戦略を立案しましょう。

 

3C分析の事例紹介 ~成功した企業やプロジェクトの3C分析を参考に~

3C分析の事例紹介 ~成功した企業やプロジェクトの3C分析を参考に~3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握し、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。

3C分析は、マーケティング戦略や事業計画を策定する際に有効なツールですが、実際にどのように活用されているのでしょうか。

ここでは、成功した企業やプロジェクトの3C分析の事例を紹介します。

 

星野リゾート/事例1

星野リゾートは、日本を代表するリゾートホテル運営会社です。

星野リゾートが3C分析を用いて成功した事例として、廃墟となっていた蔵王温泉スキー場を再生させた「星野リゾート 蔵王」が挙げられます。

 

市場・顧客(Customer)

星野リゾートは、蔵王温泉スキー場のターゲット顧客として、「都市部に住む若いカップルやファミリー」を設定しました。

彼らは、「自然と触れ合える」「非日常的な体験ができる」「地域文化に触れられる」などのニーズを持っていました。

 

自社(Company)

星野リゾートは、自社の強みとして、「地域に根ざしたリゾート開発」「オリジナルのサービスやプログラム」「高いブランド力と集客力」などを挙げました。

一方、弱みとして、「蔵王温泉スキー場の知名度が低い」「スキー場施設が老朽化している」「地元住民との関係が希薄」などを認識しました。

 

競合(Competitor)

星野リゾートは、蔵王温泉スキー場の競合として、「他の有名なスキー場や温泉地」「海外や南国のリゾート地」「都市部で楽しめるエンターテイメント施設」などを想定しました。

競合の強みとして、「アクセスやインフラが整っている」「多様な選択肢がある」「価格が安い」などがありました。

一方、弱みとして、「自然環境が損なわれている」「地域文化が希薄になっている」「差別化が困難」などがありました。

 

以上の3C分析から、星野リゾートは以下のような戦略を立てました。

  • 蔵王温泉スキー場の歴史や文化を復活させる
  • 自然と調和したデザインや設備にする
  • 自然と触れ合えるプログラムや体験を提供する
  • 地元住民と協力して地域活性化に貢献する

このように、星野リゾートは、3C分析を通じて、自社の強みを活かしつつ、顧客のニーズに応え、競合との差別化を図ることができました。その結果、星野リゾート 蔵王は、廃墟から人気のリゾートホテルに生まれ変わりました。

 

無印良品/事例2

無印良品は、日本を代表するライフスタイルブランドです。

無印良品が3C分析を用いて成功した事例として、「MUJI HOTEL」の展開が挙げられます。

 

市場・顧客(Customer)

無印良品は、MUJI HOTELのターゲット顧客として、「無印良品の商品やコンセプトに共感する人」「シンプルで機能的な空間で過ごしたい人」「旅行先でも日常的な暮らしを楽しみたい人」を設定しました。

彼らは、「無駄のないデザイン」「高品質でリーズナブルな価格」「地域とのつながり」などのニーズを持っていました。

 

自社(Company)

無印良品は、自社の強みとして、「シンプルで美しいデザイン」「機能的で耐久性の高い商品」「環境や社会に配慮した姿勢」などを挙げました。

一方、弱みとして、「ホテル運営の経験が少ない」「ブランドイメージが固定化されている」「市場競争が激しい」などを認識しました。

 

競合(Competitor)

無印良品は、MUJI HOTELの競合として、「他のライフスタイルブランドが展開するホテル」「シンプルでミニマルなデザインのホテル」「地域色や文化を取り入れたホテル」などを想定しました。競合の強みとして、「ホテル運営のノウハウが豊富」「デザインやサービスに特徴がある」「地元住民や観光客との関係が深い」などがありました。

一方、弱みとして、「価格が高い」「デザインやサービスが統一されていない」「地域との調和が取れていない」などがありました。

 

以上の3C分析から、無印良品は以下のような戦略を立てました。

  • 無印良品の商品や素材を使ったシンプルで快適な空間を提供する
  • 無印良品の価値観や哲学を伝えるコンテンツやイベントを開催する
  • 地域の歴史や文化に敬意を払い、地元住民や事業者と連携する

このように、無印良品は、3C分析を通じて、自社のブランド力を活かしつつ、顧客のニーズに応え、競合との差別化を図ることができました。

その結果、MUJI HOTELは、中国や日本で人気のホテルとなりました。

 

楽天/事例3

楽天は、日本を代表するインターネットサービス企業です。

楽天が3C分析を用いて成功した事例として、「楽天市場」の展開が挙げられます。

 

市場・顧客(Customer)

楽天は、楽天市場のターゲット顧客として、「インターネットで商品やサービスを購入したい人」「多様な選択肢や価格帯から選びたい人」「ポイントやクーポンなどの特典を得たい人」を設定しました。

彼らは、「利便性」「価格競争力」「付加価値」などのニーズを持っていました。

 

自社(Company)

楽天は、自社の強みとして、「多数の出店者や商品を集めたプラットフォーム」「独自のポイント制度や会員制度」「他の楽天グループサービスとの連携」などを挙げました。

一方、弱みとして、「出店者や商品の品質管理が難しい」「顧客満足度やリピート率が低い」「海外展開が遅れている」などを認識しました。

 

競合(Competitor)

楽天は、楽天市場の競合として、「AmazonやYahoo!ショッピングなどの大手ECサイト」「メルカリやラクマなどのフリマアプリ」「ZOZOTOWNやユニクロなどの専門ECサイト」などを想定しました。

競合の強みとして、「配送スピードや品質が高い」「利用者数や知名度が高い」「特定のジャンルに強い」などがありました。

一方、弱みとして、「選択肢や価格帯が限られる」「ポイントや特典が少ない」「他のサービスとの連携が弱い」などがありました。

 

以上の3C分析から、楽天は以下のような戦略を立てました。

  • 出店者や商品の多様性や魅力を高める
  • ポイント制度や会員制度を充実させる
  • 楽天グループサービスとのシナジー効果を強化する

このように、楽天は、3C分析を通じて、自社のプラットフォーム力や付加価値力を活かしつつ、顧客のニーズに応え、競合との差別化を図ることができました。

その結果、楽天市場は、日本最大級のECサイトとなりました。

 

3C分析の応用例 ~新規事業やマーケティング戦略に3C分析を活用する方法~

3C分析の応用例 ~新規事業やマーケティング戦略に3C分析を活用する方法~3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握し、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。

3C分析は、既存事業の現状分析や改善策の検討に有効なツールですが、それだけではありません。

3C分析は、新規事業やマーケティング戦略にも活用することができます。

ここでは、新規事業やマーケティング戦略に3C分析を活用する方法を紹介します。

 

新規事業に3C分析を活用する方法

新規事業を立ち上げる際には、市場や顧客のニーズが不明確な場合が多いです。

そのため、3C分析を行うことで、市場や顧客のニーズを探求し、自社の強みや競合の弱みを見つけることができます。

新規事業に3C分析を活用する方法としては、以下のようなステップがあります。

1. 新規事業のアイデアを出す
2. 新規事業のアイデアごとに3C分析を行う
3. 3C分析の結果から、最も有望なアイデアを選ぶ
4. 選んだアイデアに基づいて、ビジネスモデルやビジョンを策定する

例えば、ある飲料メーカーが新規事業として「健康飲料」を考えたとします。

その場合、以下のような3C分析ができるでしょう。

 

市場・顧客(Customer)

健康飲料のターゲット顧客として、「健康に気を使っている人」「美容に興味がある人」「疲労回復や免疫力向上が必要な人」などが考えられます。

彼らは、「自然由来の成分」「機能性や効果」「味や香り」などのニーズを持っています。

 

自社(Company)

飲料メーカーとしての強みとして、「飲料製造技術」「流通網」「ブランド力」などが挙げられます。

一方、弱みとして、「健康飲料市場への参入経験が少ない」「健康飲料に関する知識や信頼性が低い」「開発費や広告費が高い」などが挙げられます。

 

競合(Competitor)

健康飲料市場には、「ファンケルやDHCなどの健康食品メーカー」「コカ・コーラやサントリーなどの大手飲料メーカー」「伊藤園やキリンなどの日本茶メーカー」などが参入しています。

競合の強みとして、「健康飲料に関する知識や信頼性が高い」「機能性や効果に特化した商品が多い」「価格や品質が安定している」などがあります。

一方、弱みとして、「自然由来の成分にこだわっていない」「味や香りに工夫がない」「顧客のニーズに応える柔軟性がない」などがあります。

 

以上の3C分析から、飲料メーカーは以下のような戦略を立てることができます。

  • 自然由来の成分を使った健康飲料を開発する
  • 味や香りに工夫を凝らした健康飲料を開発する
  • 既存の流通網やブランド力を活用して健康飲料を販売する

このように、3C分析を行うことで、新規事業のアイデアを具体化し、市場や顧客のニーズに応え、競合との差別化を図ることができます。

 

マーケティング戦略に3C分析を活用する方法

マーケティング戦略とは、自社の商品やサービスを顧客に知ってもらい、購入してもらうための計画です。

マーケティング戦略を策定する際には、3C分析を行うことで、自社の商品やサービスの特徴や価値、市場や顧客のニーズや動向、競合の商品やサービスの特徴や価値などを把握し、自社の商品やサービスを売り込むための方法を考えることができます。

 

マーケティング戦略に3C分析を活用する方法としては、以下のようなステップがあります。

  1. 自社の商品やサービスごとに3C分析を行う
  2. 3C分析の結果から、自社の商品やサービスのポジショニングを決める
  3. ポジショニングに基づいて、4P(Product・Price・Place・Promotion)を策定する

例えば、あるコスメブランドが新製品として「オーガニックリップクリーム」を発売したとします。

 

その場合、以下のような3C分析ができるでしょう。

  • 市場・顧客(Customer)
    オーガニックリップクリームのターゲット顧客として、「口紅やグロスよりもナチュラルな仕上がりが好きな人」「唇の乾燥や荒れが気になる人」「オーガニックや天然由来の成分にこだわる人」などが考えられます。彼らは、「保湿力」「安全性」「色味や香り」などのニーズを持っています。
  • 自社(Company)
    コスメブランドとしての強みとして、「オーガニックや天然由来の成分にこだわった商品ラインナップ」「美容効果や機能性に優れた商品ラインナップ」「若い女性層から支持されているブランドイメージ」などが挙げられます。
    一方、弱みとして、「オーガニックリップクリーム市場への参入経験が少ない」「オーガニックリップクリームに関する知識や信頼性が低い」「価格が高い」などが挙げられます。
  • 競合(Competitor)
    オーガニックリップクリーム市場には、「ヴァセリンやニベアなどの大手スキンケアブランド」「ルルルンやキュレルなどのドラッグストアコスメブランド」「ジュリークやロクシタンなどのナチュラルコスメブランド」などが参入しています。
    競合の強みとして、「保湿力や安全性が高い」「価格や品質が安定している」「オーガニックや天然由来の成分にこだわっている」などがあります。
    一方、弱みとして、「色味や香りに工夫がない」「機能性や美容効果に特化していない」「ブランドイメージが古くさい」などがあります。

 

以上の3C分析から、コスメブランドは以下のような戦略を立てることができます。

  • オーガニックや天然由来の成分を使った保湿力の高いリップクリームを開発する
  • 色味や香りに工夫を凝らしたリップクリームを開発する
  • 美容効果や機能性に優れたリップクリームを開発する
  • 若い女性層に向けて、オーガニックリップクリームの魅力や効果を伝えるプロモーションを行う

このように、3C分析を行うことで、マーケティング戦略の策定に必要な要素を把握し、自社の商品やサービスのポジショニングや4Pを決めることができます。

 

まとめ

3C分析は、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握し、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。

3C分析は、既存事業だけでなく、新規事業やマーケティング戦略にも活用することができます。

3C分析を行うことで、自社の商品やサービスを顧客に知ってもらい、購入してもらうための方法を考えることができます。

3C分析は、ビジネスにおける基本的なツールですが、それだけに重要性も高いです。

ぜひ3C分析を活用して、自社の戦略を立ててみてください。

 

3C分析の落とし穴 ~注意すべき誤解や失敗例を防ぐために~

3C分析の落とし穴 ~注意すべき誤解や失敗例を防ぐために~3C分析は、ビジネスにおける基本的なツールですが、それだけに正しく使うことが重要です。

3C分析を行う際には、以下のような誤解や失敗例に注意する必要があります。

  • 3C分析は一度で終わりではない
  • 3C分析は定性的なものではない
  • 3C分析は自社中心的なものではない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

3C分析は一度で終わりではない

3C分析は、一度行ったら終わりというものではありません。

市場や顧客のニーズや動向、競合の戦略や動きなどは、常に変化しています。

そのため、3C分析も定期的に更新する必要があります。

また、3C分析は、自社の戦略を立てるための手段であり、目的ではありません。

3C分析を行ったら、その結果をもとに具体的な行動計画や実行方法を考える必要があります。

3C分析だけで満足してしまうと、戦略が形骸化してしまいます。

例えば、あるアパレルブランドが3C分析を行ったとします。その結果、以下のような戦略を立てました。

  • ターゲット顧客は20代~30代の女性である
  • 自社の強みはトレンド感の高いデザインとリーズナブルな価格である
  •  競合の弱みはデザインや価格が一定化していることである

しかし、この戦略は時代に合わせて見直す必要があります。

例えば、コロナ禍によって顧客のニーズや動向が変化した場合、トレンド感や価格よりも機能性や安全性が重視されるかもしれません。

また、競合も自社に対抗してデザインや価格を変更するかもしれません。

そのため、3C分析を定期的に更新し、自社の戦略も柔軟に変える必要があります。

 

3C分析は定性的なものではない

3C分析は、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握することができます。

しかし、これらの要素を分析する際には、定性的なものだけではなく、定量的なものも必要です。

定性的なものとは、「感想」「意見」「印象」などの主観的なものです。

定量的なものとは、「数字」「データ」「統計」などの客観的なものです。定性的なものだけでは、3C分析の結果が曖昧になったり、バイアスがかかったりする恐れがあります。

定量的なものを使うことで、3C分析の結果を具体的にし、客観的に検証することができます。

例えば、あるレストランが3C分析を行ったとします。

 

その結果、以下のような戦略を立てました。

  • ターゲット顧客は家族連れやカップルである
  • 自社の強みは美味しい料理と居心地の良い雰囲気である
  • 競合の弱みは料理やサービスがイマイチであることである

しかし、この戦略は定性的なものだけで分析しているため、不十分です。

 

例えば、以下のような定量的なものを使って分析する必要があります。

  • ターゲット顧客は家族連れやカップルであるという根拠は何か?(例:来店客数やアンケート結果など)
  • 美味しい料理と居心地の良い雰囲気とは具体的にどういうものか?(例:メニュー内容や評価点数など)
  • 競合の料理やサービスがイマイチとはどういう意味か?(例:口コミや評判など)

このように、定量的なものを使うことで、3C分析の結果を明確にし、自社の戦略を裏付けることができます。

 

3C分析は自社中心的なものではない

3C分析は、自社の強みや弱みを把握することができますが、それだけでは不十分です。

3C分析は、市場・顧客(Customer)や競合(Competitor)の視点も重要です。

自社中心的に3C分析を行うと、自社の商品やサービスに過信したり、顧客や競合の変化に気づかなかったりする恐れがあります。

顧客や競合の視点を取り入れることで、自社の商品やサービスに対するニーズや評価を正しく把握し、自社の戦略を修正することができます。

 

例えば、あるゲーム会社が3C分析を行ったとします。

その結果、以下のような戦略を立てました。

  • ターゲット顧客は10代~20代の男性である
  • 自社の強みは高品質なグラフィックとサウンドである
  • 競合の弱みは低品質なグラフィックとサウンドであることである

しかし、この戦略は自社中心的に3C分析を行っているため、問題があります。

 

例えば、以下のような顧客や競合の視点を考慮する必要があります。

  • 10代~20代の男性以外にもゲームに興味がある顧客層はいないか?(例:女性や子供など)
  • 高品質なグラフィックとサウンドだけがゲームの魅力ではないか?(例:ストーリーやキャラクターなど)
  • 競合は低品質なグラフィックとサウンド以外にも強みがないか?(例:価格や操作性など)

このように、顧客や競合の視点を取り入れることで、3C分析の結果を客観的にし、自社の戦略を改善することができます。

 

まとめ

3C分析は、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握し、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。

3C分析を行う際には、以下のような落とし穴に注意する必要があります。

  • 3C分析は一度で終わりではない
  • 3C分析は定性的なものではない
  • 3C分析は自社中心的なものではない

これらの落とし穴を避けることで、3C分析を正しく使うことができます。

3C分析は、ビジネスにおける基本的なツールですが、それだけに使い方に気を付けることが重要です。

ぜひ3C分析を活用して、自社の戦略を立ててみてください。

 

3C分析のチェックリスト ~3C分析を効果的に行うためのポイントをまとめておく~

3C分析のチェックリスト ~3C分析を効果的に行うためのポイントをまとめておく~3C分析は、ビジネスにおける基本的なツールですが、それだけに正しく使うことが重要です。

3C分析を効果的に行うためには、以下のようなポイントをチェックする必要があります。

  • 3C分析は定期的に更新する
  • 3C分析は定量的なものも使う
  • 3C分析は顧客や競合の視点も取り入れる
  • 3C分析は自社の戦略を立てるための手段である

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

3C分析は定期的に更新する

3C分析は、一度行ったら終わりというものではありません。

市場や顧客のニーズや動向、競合の戦略や動きなどは、常に変化しています。

そのため、3C分析も定期的に更新する必要があります。

また、3C分析は、自社の戦略を立てるための手段であり、目的ではありません。

3C分析を行ったら、その結果をもとに具体的な行動計画や実行方法を考える必要があります。

3C分析だけで満足してしまうと、戦略が形骸化してしまいます。

例えば、ある飲料メーカーが新規事業として「健康飲料」を考えたとします。

その場合、以下のようなチェックリストが作れるでしょう。

  • 市場や顧客のニーズや動向は定期的に調査する
  • 競合の戦略や動きは定期的に分析する
  • 自社の強みや弱みは定期的に評価する
  • 自社の戦略は定期的に見直す
  • 自社の戦略に基づいて具体的な行動計画や実行方法を考える

このように、チェックリストを作っておくことで、3C分析を定期的に更新し、自社の戦略を柔軟に変えることができます。

 

3C分析は定量的なものも使う

3C分析は、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握することができます。

しかし、これらの要素を分析する際には、定性的なものだけではなく、定量的なものも必要です。

定性的なものとは、「感想」「意見」「印象」などの主観的なものです。

定量的なものとは、「数字」「データ」「統計」などの客観的なものです。

定性的なものだけでは、3C分析の結果が曖昧になったり、バイアスがかかったりする恐れがあります。

定量的なものを使うことで、3C分析の結果を具体的にし、客観的に検証することができます。

 

例えば、あるレストランが3C分析を行ったとします。

その場合、以下のようなチェックリストが作れるでしょう。

  • ターゲット顧客はどのくらいの人数や割合であるか?
  • 自社の料理やサービスはどのくらいの評価点数や満足度であるか?
  • 競合の料理やサービスはどのくらいの評価点数や満足度であるか?
  • 自社と競合の料理やサービスはどのくらいの価格差があるか?

このように、チェックリストを作っておくことで、3C分析を定量的に行い、自社の戦略を裏付けることができます。

 

3C分析は顧客や競合の視点も取り入れる

3C分析は、自社の強みや弱みを把握することができますが、それだけでは不十分です。

3C分析は、市場・顧客(Customer)や競合(Competitor)の視点も重要です。

自社中心的に3C分析を行うと、自社の商品やサービスに過信したり、顧客や競合の変化に気づかなかったりする恐れがあります。

顧客や競合の視点を取り入れることで、自社の商品やサービスに対するニーズや評価を正しく把握し、自社の戦略を修正することができます。

 

例えば、あるゲーム会社が3C分析を行ったとします。

その場合、以下のようなチェックリストが作れるでしょう。

  • 顧客は自社のゲームに何を求めているか?
  • 顧客は自社のゲームにどんな感想や評価を持っているか?
  • 競合は自社のゲームとどう違うか?
  • 競合は自社のゲームにどんな対抗策を取っているか?

このように、チェックリストを作っておくことで、3C分析を顧客や競合の視点から行い、自社の戦略を改善することができます。

 

3C分析は自社の戦略を立てるための手段である

3C分析は、自社の戦略を立てるために必要な要素を把握することができますが、それだけでは不十分です。

3C分析は、自社の戦略を立てるための手段であり、目的ではありません。

3C分析を行ったら、その結果をもとに自社の戦略を明確に定義し、具体的な行動計画や実行方法を考える必要があります。

3C分析だけで戦略が決まったと思ってしまうと、戦略が曖昧になったり、実行できなかったりする恐れがあります。

 

例えば、あるコスメブランドが3C分析を行ったとします。

その結果、以下のような戦略を立てました。

  • ターゲット顧客は20代~30代の女性である
  • 自社の強みはオーガニックや天然由来の成分にこだわった商品である
  • 競合の弱みはオーガニックや天然由来の成分にこだわっていないことである

しかし、この戦略は3C分析の結果だけで決めているため、不十分です。

 

例えば、以下のような戦略の定義や実行方法を考える必要があります。

  • ターゲット顧客は20代~30代の女性であるということは、どういう商品やサービスを提供することを意味するか?
  • 自社の強みはオーガニックや天然由来の成分にこだわった商品であるということは、どういう価格や品質やデザインを設定することを意味するか?
  • 競合の弱みはオーガニックや天然由来の成分にこだわっていないことであるということは、どういうプロモーションや販売方法を取ることを意味するか?

このように、戦略の定義や実行方法を考えることで、3C分析を自社の戦略に落とし込むことができます。

 

まとめ

3C分析は、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握し、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。

 

3C分析を効果的に行うためには、以下のようなポイントをチェックする必要があります。

  • 3C分析は定期的に更新する
  • 3C分析は定量的なものも使う
  • 3C分析は顧客や競合の視点も取り入れる
  • 3C分析は自社の戦略を立てるための手段である

これらのポイントをチェックすることで、3C分析を正しく使うことができます。

3C分析は、ビジネスにおける基本的なツールですが、それだけに使い方に気を付けることが重要です。

ぜひ3C分析を活用して、自社の戦略を立ててみてください。

 

3C分析の練習問題 ~自分のビジネスに3C分析を適用してみるための問題と解答例~

3C分析の練習問題 ~自分のビジネスに3C分析を適用してみるための問題と解答例~3C分析は、ビジネスにおける基本的なツールですが、それだけに理解するだけではなく、実践することが重要です。

3C分析を実践することで、自分のビジネスに対する理解を深め、自分のビジネスに適した戦略を考えることができます。

ここでは、自分のビジネスに3C分析を適用してみるための練習問題と解答例を紹介します。

 

練習問題は、以下のようなものです。

  • 自分が経営している仮想的なビジネスを考える
  • 自分のビジネスに対して3C分析を行う
  • 3C分析の結果から自分のビジネスの戦略を立てる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

自分が経営している仮想的なビジネスを考える

まず、自分が経営している仮想的なビジネスを考えます。

これは、実際に存在するビジネスでも、自分がやってみたいと思うビジネスでも構いません。

 

ただし、以下のような点に注意してください。

  • ビジネスは具体的に定義する
  • ビジネスは現実的に可能なものにする
  • ビジネスは自分が興味や関心があるものにする

 

例えば、以下のようなビジネスを考えることができます。

  • 自分はオンライン英会話サービスを提供する会社を経営している
  • 自分はオーガニック野菜を栽培・販売する農家を経営している
  • 自分は手作りアクセサリーを制作・販売するクリエイターを経営している

 

自分のビジネスに対して3C分析を行う

次に、自分が考えたビジネスに対して3C分析を行います。

3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析することで、自社の強みや弱み、市場のニーズや動向、競合の戦略や動きなどを把握し、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。

3C分析を行う際には、以下のような点に注意してください。

  • 3C分析は定期的に更新する
  • 3C分析は定量的なものも使う
  • 3C分析は顧客や競合の視点も取り入れる
  • 3C分析は自社の戦略を立てるための手段である

例えば、自分はオンライン英会話サービスを提供する会社を経営しているとします。

 

その場合、以下のような3C分析ができるでしょう。

  • 市場・顧客(Customer)
    オンライン英会話サービスのターゲット顧客として、「英語を学びたい人」「英語を話せるようになりたい人」「英語を使う機会がある人」などが考えられます。
    彼らは、「質の高い講師」「安い料金」「便利な予約システム」などのニーズを持っています。
  • 自社(Company)
    オンライン英会話サービスとしての強みとして、「ネイティブスピーカーの講師が多い」「料金が他社よりも安い」「予約システムが簡単で柔軟」などが挙げられます。
    一方、弱みとして、「講師の質や教材の統一性が低い」「サービスの知名度や信頼性が低い」「サポート体制が不十分」などが挙げられます。
  • 競合(Competitor)
    オンライン英会話サービス市場には、「DMM英会話やレアジョブなどの大手オンライン英会話サービス」「ネイティブキャンプやベストティーチャーなどの中堅オンライン英会話サービス」「カフェトークやラングリッチなどの個人レッスン型オンライン英会話サービス」などが参入しています。
    競合の強みとして、「サービスの知名度や信頼性が高い」「講師の質や教材の統一性が高い」「サポート体制が充実している」などがあります。
    一方、弱みとして、「料金が高い」「予約システムが複雑で固定的」「講師や教材の多様性が低い」などがあります。

 

以上の3C分析から、オンライン英会話サービスは以下のような戦略を立てることができます。

  • ネイティブスピーカーの講師を増やし、質の高いレッスンを提供する
  • 料金を他社よりも安く設定し、価格競争力を高める
  • 予約システムを簡単で柔軟にし、利便性を高める
  • サービスの知名度や信頼性を高めるために、広告や口コミを活用する
  • サポート体制を強化し、顧客満足度を高める

 

このように、3C分析を行うことで、自分のビジネスに対する理解を深め、自分のビジネスに適した戦略を考えることができます。

 

3C分析のまとめと今後の展望 ~3C分析を定期的に行うことで得られるメリットと改善点を振り返る~

3C分析のまとめと今後の展望 ~3C分析を定期的に行うことで得られるメリットと改善点を振り返る~それでは、3C分析のまとめと今後の展望についてお話しします。

3C分析を定期的に行うことで得られるメリットと改善点を振り返り、より効果的に活用するためのポイントをお伝えします。

 

3C分析を定期的に行うことで得られるメリット

3C分析は、一度やって終わりではなく、定期的に行うことが望ましいです。

市場や顧客、競合、自社の状況は常に変化しており、過去の分析結果がそのまま当てはまるとは限りません。

定期的に3C分析を行うことで得られるメリットは以下の通りです。

 

 市場や顧客の変化に対応できる

市場や顧客のニーズや行動は時代やトレンドによって変わっていきます。

例えば、コロナ禍でオンライン化が進んだことで、多くの業界や企業がデジタル変革に取り組むようになりました。

このような変化に気づき、対応するためには、市場や顧客の動向を常に把握しておく必要があります。

3C分析を定期的に行うことで、市場や顧客の変化に敏感になり、自社の製品やサービスを適切に改善したり、新しいニーズに応えたりすることができます。

 

競合との差別化を図れる

競合も同じように市場や顧客の変化に対応しています。

自社だけが停滞していれば、競合に取り残されてしまいます。

また、新規参入者や代替品なども脅威となり得ます。

競合との差別化を図るためには、競合の戦略や強み・弱みを把握し、自社の強みを活かしたり、弱みを補ったりすることが必要です。

 

自社の強みや弱みを客観的に評価できる

自社の状況を分析する際には、市場や顧客、競合との比較が欠かせません。

自社だけを見ていても、自社の強みや弱みを正しく認識することは難しいです。

3C分析を定期的に行うことで、自社の状況を客観的に評価し、自社の優位性や改善点を明確にすることができます。

また、自社のビジョンや目標に沿っているかどうかも確認することができます。

 

3C分析の改善点

3C分析は、市場や顧客、競合、自社の状況を網羅的に分析することができる有効なフレームワークですが、それだけでは十分ではありません。

3C分析には以下のような改善点があります。

 

分析結果を戦略に落とし込む方法が明確でない

3C分析は、現状把握や問題発見に役立つフレームワークですが、そのままでは戦略に落とし込む方法が明確でないです。

3C分析の結果からどのような戦略を立てるべきか、どのような施策を実施するべきかは別途考える必要があります。

そのため、3C分析だけではなく、他のフレームワークと組み合わせて使うことが望ましいです。

 

情報収集や分析に時間やコストがかかる

3C分析は、市場や顧客、競合、自社の4つの要素について詳細に分析する必要があります。

そのため、情報収集や分析に時間やコストがかかります。

特に市場や顧客、競合の情報は常に変化しており、最新の情報を入手することが重要です。

しかし、最新の情報を入手するためには調査会社などに依頼する必要があり、それだけでも費用がかさみます。

また、情報収集や分析に関わる人数も多くなります。

 

主観的な判断やバイアスが入りやすい

3C分析は、市場や顧客、競合、自社の情報をもとに分析しますが、その情報の解釈や評価は主観的な判断やバイアスが入りやすいです。

例えば、自社の製品やサービスに対して過度に肯定的だったり否定的だったりすることで、自社の強みや弱みを正しく把握できないことがあります。

また、競合の製品やサービスに対して軽視したり過大評価したりすることで、競合との差別化ポイントを見失うこともあります。

 

コラム関連で活躍中の国家資格キャリアコンサルタント

梶山優子(かじやまゆうこ)

個人相談は下記からも申込可能

【社会人】8,800円/1回(税込)
 
【社会人】24,200円/3回(税込)
 
【社会人】38,500円/5回(税込)
 
キャリコンサーチ
みんなのキャリア相談

今後の展望

3C分析はビジネスにおける基本的なフレームワークですが、それだけでは不十分な場合もあります。

3C分析の改善点を補うためには、他のフレームワークと組み合わせて使うことが効果的です。

 

例えば、以下のようなフレームワークがあります。

  • SWOT分析
    自社の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を分析し、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。
    3C分析で得た情報をSWOT分析に落とし込むことで、自社の戦略を明確化することができます。
  • STP分析
    市場をセグメント(Segmentation)、ターゲット(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の3つのステップで分析し、自社の製品やサービスを提供する対象や位置づけを決めるためのフレームワークです。
    3C分析で得た市場や顧客の情報をSTP分析に活用することで、自社の製品やサービスに適した市場や顧客を見つけることができます。
  • 4P分析
    自社の製品やサービスに関する4つの要素である製品(Product)、価格(Price)、販売経路(Place)、販促(Promotion)を分析し、自社のマーケティングミックスを決めるためのフレームワークです。
    3C分析で得た自社や競合の情報を4P分析に反映することで、自社の製品やサービスに最適なマーケティング施策を考えることができます。

以上が3C分析のまとめと今後の展望です。

 

3C分析はビジネスにおける基本的なフレームワークであり、定期的に行うことで市場や顧客、競合、自社の状況を把握し、自社の優位性や改善点を明確にすることができます。

しかし、3C分析だけでは戦略に落とし込む方法が明確でないため、他のフレームワークと組み合わせて使うことが効果的です。3C分析を活用して、ビジネスにおける成功要因を見つけていきましょう。

 

3C分析関連書籍一覧

 

3C分析関連サイト一覧

 

3C分析でマーケティング戦略を強化しよう!市場・顧客・競合・自社の状況を把握のまとめ

まとめいかがだったでしょうか?

3C分析でマーケティング戦略を強化しよう!市場・顧客・競合・自社の状況を把握でした。

3C分析の目的ややり方、具体例や注意点などを詳しく解説してきました。

3C分析は、市場や顧客、競合、自社の状況を把握し、自社の優位性を構築するために必要なフレームワークです。

3C分析を定期的に行うことで、市場や顧客の変化に対応できる、競合との差別化を図れる、自社の強みや弱みを客観的に評価できるというメリットがあります。

しかし、3C分析にも改善点があります。

分析結果を戦略に落とし込む方法が明確でない、情報収集や分析に時間やコストがかかる、主観的な判断やバイアスが入りやすいという問題点があります。

これらの問題点を補うためには、他のフレームワークと組み合わせて使うことが効果的です。

例えば、SWOT分析、STP分析、4P分析などがあります。

3C分析はビジネスにおける基本的なフレームワークであり、マーケティング戦略を立てる際に重要な役割を果たします。

しかし、3C分析だけでは不十分な場合もあります。

3C分析を活用して、ビジネスにおける成功要因を見つけるとともに、他のフレームワークと組み合わせて使うことで、より効果的な戦略を立てていきましょう。

サイトマップはこちら